1. TOP
  2. 「I like study」は間違いです。動名詞を使った英文法解説
Sponsored Link

「I like study」は間違いです。動名詞を使った英文法解説

 2016/12/15 英文法
  2,347 Views
LINEで送る
Pocket

日本人の方々の中には中学・高校で学習した「動名詞」を苦手だと考える人が少なくないのではないでしょうか。

動名詞を習得するために覚えないといけないルールは何なのでしょうか。

Sponsored Link

動詞の原型は2つ一緒に使えない

早速ですが本題にはいっていきたいと思います。

皆さんから頂いた質問というのは、「動名詞があまりよくわからないので説明をしてください」というものでした。

私は一般的に日本語における英語の文法の名称はすごく難しいと感じます。

「動名詞」ですとか「現在完了」、「過去完了」、「不定詞」とといったものは、日本語の名称があまりにも難しいために、

その名称を聞いただけではイメージが湧かないというのが、英語の文法を難しいと日本人に錯覚させている原因ではないかとすら思います。

今から説明を行っていきますがこの「動名詞」という文法は、英文法としてはさほど難しいものではありません。

例となる文章をいくつか書きましたので、それを通して説明していきたいと思います。

まず初めに英語という言語では、動詞の原型を連続して2つ並べることができないというルールがあります。

例えば、“I like”と言いたいとします。”like”は動詞の原型ですので、1つ目の動詞の原型が来たことになります。

その次に、勉強するという言葉を置きたいとします。

I like”でその次に勉強するという意味の”study”を置きます。

これは2つ目の動詞の原型です。

ただ先ほど説明しましたように、この場所には”study”という動詞の原型を置くことはできません。

私は英語の勉強が好き、という文章を作りたいので”like study”でも良いのではと思われるかもしれないのですが、文法上はNGとなってしまいます。

英文法はこちらの記事も参考になります
⇒文法のルールは考えなくて大丈夫!

ingを付ければOK!

では、どのように文章を構成すれば、英文法上問題がなくなるのでしょうか。

それは実はとても簡単で“I like”の後に「ing」を付けた動詞を置くだけで文法上、正しいものとなるのです。

つまり「私は英語の勉強が好きです。」と言いたい際には“I like studying English.”とするのです。

「雨が降り始めた」という文章を作る際には”It started”の後に“rain”という動詞の原型をつけるのではなく、

こちらも上の例と同様に考えて、動詞“started”の後の動詞“rain”に「ing」を付け加えて“It started raining”とすると、意味が通じかつ文法上も正しい英語の文章とすることができるのです。

動詞の原型が2つ連続して並べること、すなわち1つの文章の中に動詞が2つになることがいけないということなのです。

ingを使用した動名詞について、こちらの記事も参考になります
⇒とっても大事!「studying English」=「to study English」2つのニュアンスの違い

2つ目の動詞

もう一つ例を挙げます。

I don’t mind~”という文章の始まり方をするものに関してです。”mind”というのは「気にする」ということを表す動詞ですので、“I don’t mind”だけですと「私は気にしない」ということを意味します。

補足になりますが、「ドンマイ」という言葉が日常生活の中でも一般的ですが、実はそのドンマイは、この”don’t mind”に由来しています。

本題に戻りますと“I don’t mind tell him.「彼に伝えることを私は気にしないです」と言いたい場合を考えてみしょう。

mind”も動詞の原型ですし”tell”も同様に動詞の原型ですので、2つ目の動詞には「ing」をつける必要性があります。

そのようにして完成した文章、“I don’t mind telling him.”は「彼に言う事を私は全然気にしてないからいいよ」というニュアンスを持った文章となります。

そして最後になりますが”Did you”のような疑問形の場合にはどのようになるのかを考えてみます。

Did you”の意味それ自体は「過去にあなたは~?」というものです。”Did you finish”ですと「あなたは終わりましたか?」になり、

そこに”talk”を付け足し「話し終わりましたか?」という文章を作りたいとします。

finish”も動詞でかつ”talk「話す」も動詞ですので、2つ目の動詞に「ing」をつけるという作業を行います。

そのようにしてできた文章は”Did you finish talking?”となり「もう話し終わったの?」ということを意味する、正しいセンテンスとなるのです。

「動名詞」という名称が難しいために、英文法上でも同様に難しいのではと連想させてしまいますが、

動詞を2つ並べたいときに2つ目の動詞に「ing」をつけることで正しい文法にすることができると覚えて頂ければ難しさもあまり感じなくなるのではないでしょうか。

ingを使用した英文について、こちらの記事も参考になります
⇒好きなことを英語で聞いてみよう!

ルールさえ覚えれば!

この「動名詞」という英文法は、日本語の名称ゆえに難しそうな文法に聞こえます。

ただし、ルールさえ覚えてしまうと難しくない文法ですので使いやすいです。

英語学習者の中では“I like study English.”や”It started rain.”と動詞を2つ連続で使用しているケースが散見されます。

そのため、英語を使う際には動詞を2つ並べることは出来ず、2つ目の動詞には「ing」をつけるというルールを意識しましょう。

 

まとめ

動名詞という名称は難しそうですが英文法の作業としては2つ目の動詞にingをつけるだけという簡単さです。

日本語の名称に惑わされず、きちんと覚えていきましょう。

 

動画でおさらい

「I like study」は間違いです。動名詞を使った英文法解説を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。

この人が書いた記事  記事一覧

  • あなたは聞き取れる?オーストラリア英語のリスニング攻略!

  • 1千万円請求された私の体験!アメリカ留学1年間の費用の目安

  • TOEICリスニングでハイスコアを取る3つのコツ!

  • せっかくの留学やワーホリを充実させるための3つのポイント

関連記事

  • 英文法の現在進行形は、基本の3パターンを覚えるだけ!

  • 英会話に最低限必要な英文法!パニックにならないために

  • 自分が主役が脳に良い!英文暗記法3つのポイント

  • 「studying English」=「to study English」2つのニュアンスの違い

  • 英文法「過去形」の使い方は6パターン!?使い方をマスターしよう

  • 日本人の英語のスキルが低いのにはわけがある!