1. TOP
  2. 英文法
  3. 太ったかも…から学ぶ「might」の使い方

太ったかも…から学ぶ「might」の使い方

 2018/02/17 英文法 英会話フレーズ
 
LINEで送る
Pocket

テレビ番組でも雑誌でも
頻繁にダイエット企画
紹介されていますね。

ダイエット企画を
目にすると、

いつもは
気にしていなくても

なんとなく
「ん~大丈夫かな・・・」
不安になってしまいませんか?

自分にちょっとでも
心当たりがある場合、

つい

「太ったかも」
「太っちゃったかも」

と何気なく
つぶやいてしまいますよね。

ちょっと心苦しいですが、
自分を見つめ直すためにも、

「太ったかも」
「太っちゃったかも」の
英語表現
を紹介します。

言いたくないけど「太っちゃったかも」

「太ったかも」や
「太っちゃったかも」

英語で表現すると、

I might have gained some weight.
太っちゃったかも

といいます。

gain:
(速度、力、重さなど)増す

“gained”は
“gain”
の過去形、
過去分詞形です。

何が増加するのかと言うと

“weight”=「体重」
体重が増加する

という意味になります。

I might have put on some weight.
太っちゃったかも

と表現することもできます。

put on weight:
体重が増加する

“put on”
「着る」や「くっつける」
と言う意味があり、

そこに
“weight”=「体重」を
つけています。

つまり
「体重を着る」=「太った」
となります。

しかし
“gained weight”や
“put on weight”
だけでは

「体重が増えた」
意味にしかなりません。

「太ったかもしれない」の時制と

「…かも」という
ニュアンスを含む表現に
着目してみましょう!

過去の結果を含んだ「…かも」のニュアンス

「かもしれない」というと

“might”や“may”
思い浮かべる人が多いでしょう。

ですが、
“I might gained weight”や
“I may gained weight”
言ってしまうと、

「太るかも知れない」
という
意味になってしまいます。

主語 + may + 動詞の原形
主語 + might + 動詞の原形

:(今後)…かもしれない

今回表現したいのは
「太ったかもしれない」
なので、

「過去に
太っちゃったかもしれない」

という意味を
含めなければいけません。

「何か食べたことによって
今後太るかもしれない」ではなく

「何かをした結果太ったかも、
過去に太ったかもしれない」

ということです。

過去の
出来事を含む言い方なので

“might”や“may”

過去を示す表現にする
必要があります。

過去を示す表現=現在完了形にするには?

“might”や“may”の後に
“have”を入れて、

“might have”や
“may have”にします。

そしてその後ろに
過去分詞を続けることで、

文頭で紹介した
フレーズになるのです。

主語 + may have + 動詞の過去分詞形
主語 + might have + 動詞の過去分詞形

:…だったかもしれない

I might have gained some weight.

I might have put on some weight.

これで

「太ったかも、
過去に太ったちゃったかもしれない」

というニュアンスを
出すことができます。

ネイティブの“might”と“may”使い分け

“might”と“may”について
同義語として
説明してきましたが、

この2つの単語、
ネイティブはどのように
とらえているのでしょうか?

「…かもしれない」
という可能性を示したい場合、

日常会話ではあまり
“may”は使いません。

論文などでは
“may”がよく使われていますが、

特にアメリカでは
“may”
堅苦しい印象があります。

文法上では、

“may”は“might”より
話し手の確信の度合が高い、
とされていますが、

しかし実際には、
日常使われるのは

“might”の方が
圧倒的に多いです。

太ったかも…から学ぶ「might」の使い方まとめ

「太っちゃったかも」は、
「…かも」という
ニュアンスを含むと同時に、

過去の出来事であることも
表現するフレーズでしたね。

「…だったかもしれない」
という

「…かも」+過去形を
表現したい場合、

“might”や“may”
そのまま使うのではなく、

後ろに+動詞の過去分詞
入れます。

“might”や“may”
単語を
過去形に変えるのではなく、

“have”をくつけることで
過去形になると覚えましょう。

同じ形を使えば、
動詞の過去分詞形の部分を
替えるだけで、

他の
「…したかもしれない」
という文章を
簡単に作ることができます。

ただ、
ネイティブは
“may”より“might”の方を
よく使うので、

可能性を伝えたい時は
“might”
表現するようにしましょう!

動画でおさらい

「太ったかも…から学ぶ
「might」の使い方」を、

もう一度、
動画でおさらいしてみましょう。

こちらの記事も読まれています!

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。