英語で「久しぶり」は「Long time no see」だけじゃダメ?!ネイティブらしい英会話表現は?

LINEで送る
Pocket

久しぶりに誰かに会ったときに、英語でどういう会話をすればいいか知っていますか?

久しぶりに会った時の一言目で定番の「Long time no see!」

(久しぶり!)と習った人も多いのではないでしょうか?

日本語でもそうですが、「久しぶり!」と挨拶しただけで会話が終わることはありません。
たいていの場合、「久しぶり、元気だった?」などコミュニケーションを続けようとします。

英語も一緒なので、自然にコミュニケーションが進むような流れとフレーズを覚えるようにしましょう。

「久しぶり」は「Long time no see.」だけじゃない!

まずは、「久しぶり!」というフレーズです。
皆さんが良く知っているのは「Long time no see.」でしょう。

しかし、ネイティブがよく使う「久しぶり」という表現は他にもあります。「Long time no see.」は覚えているから、他のものは覚えなくていいというわけではありません。

どのようなフレーズか知っておかないと、他の表現で「久しぶり」と言われた時に何を言ったのかわからず返答に困るからです。

ネイティブがよく使う「久しぶり」の表現として、「It’s been ages.」 と、

「It’s been a long time.」

という2つの表現があります。これらはセットで覚えてください。

「It’s been ages.」

これはどういう意味かと言いますと、「ages」は時代という意味です。

「ages」と複数形になっており「たくさんの時代会ってないよね」というニュアンスで、「久しぶり」と使われます。

次に、「It’s been a long time.」ですが「長い間会ってないよね」というニュアンスで、「久しぶり」の表現として使われます。
「Long time no see.」 と合わせて「It’s been ages.」 「 It’s been a long time.」の2つのフレーズも一緒に覚えておきましょう。どれも「久しぶり」という意味で、久しぶりに会った時に使えるフレーズなので、「Long time no see.」だけでなく、他の表現を使ってみてください。

ちなみに、ネイティブで「Long time no see.」より 「It’s been ages.」を久しぶりに会った時の挨拶として使う人は多くいます。

「久しぶり」に続くフレーズは?

「久しぶり」というフレーズを紹介しましたが、それで終わらないよう注意してください。

より自然な会話にもっていくためには、「久しぶり」のあとに

「It’s good to see you.」

(会えてうれしいよ。)

「How have you been?」

(元気にしていましたか?)

と続けてみてください。

ちなみに「How are you?」と

「How have you been?」
はどう違うのかおわかりですか?

「How are you?」は現在形なので、「今、あなたは元気ですか?」という意味です。

そして「How have you been?」は現在完了形です。現在完了形と言うと少々難しく感じるかもしれませんが、現在完了形はある期間を表すことが出来ます。

つまり「最後に会った時から今この瞬間まで、あなたは元気にしていましたか」というニュアンスを含んだ「元気にしていましたか」という表現です。そのため、久しぶりに会った人に対しては、「How are you?」より「How have you been?」の方がピッタリきます。

ただ、あまり細かく考えてしまうとややこしくなってしまうので、「How have you been?」は、久しぶりに会ったときに「元気にしてた?」という意味で使うと覚えておいてください。

久しぶりにあった友達に「How are you?」と言ってしまうと少しおかしな感じになってしますので、この違いはしっかり覚えておいた方が良いでしょう。

会話らしい会話を楽しもう!

久々にあった友人がいたら、「Long time no see.」「It’s been ages.」「It’s been a long time.」のそれから続けて「会えてうれしいよ。(It’s good to see you.)」「元気にしてた?(How have you been?)」と、このようにつなげることができれば、より会話らしくなりますよね。

「会話らしさ」というのはとても大切で、教科書で習ったフレーズを教科書に載っている通りの受け答えだけしているのでは、親しくなるにも時間がかかります。

ぜひ、自然な感じで様々なフレーズを合わせて使えるようにしてください。

他にもある、「久しぶり」のあとのフレーズ

より「会話らしく」できるよう、「久しぶり」のあとに続くフレーズもいくつか紹介します。

まず、「It’s good to see you.(会えてうれしいよ)」の部分ですが、

Nice to see you again.

(また会えてよかったよ!)

などと言うこともできます。

次に、「How have you been?(元気にしていた?)」の部分ですが、「元気にしていた?」以外にも色々続けることができます。

I can’t believe that it’s been a year already!

(もう1年も経つんだね!)

「もう〇年も経つんだね」という驚きを伝えたい時に使うフレーズです。

You look great.

(元気そうだね。)

「元気にしていた?」と聞くまでもなく、見るからに元気そうだったり、アクティブな感じだったりしたら、このフレーズを続けてもいいですね。

You haven’t changed at all.

(ちっとも変ってないね!)

10年ぶりなど長い間会っていなかった友人が、昔と変わらず若々しい場合などに使えます。

You’ve become so beautiful.

(とても綺麗になったよ!)

日本人が言うには照れくさいかもしませんが、久しぶりに会ったら綺麗になっていた時はぜひ言ってあげてください。
自分が言われても嬉しいフレーズですよね。

What have you been up to?

(最近、どうしてたの?)

そんなに長い期間ではないけれど、しばらく会わなかった友人に会わなかった期間何をしていたのか聞きたい時に使えるフレーズです。

いくつか「久しぶり」に続くフレーズを紹介しましたが、会わなかった期間や、友人との関係に合わせて組み合わせて、より自然な会話になるようにして使ってくださいね。

まとめ

「久しぶり」という表現には、学校でも習う“Long time no see.”以外もあります。

それを知らないと、相手との会話の際に困ることがあるため他のフレーズも覚えておくようにしましょう。

また、自分も自然に使えるよう今回紹介した「久しぶり」の表現2つも、実際の会話で使うよう心掛けてみてください。

より会話を自然に発展させるために「会えてうれしい」 「元気にしていましたか?」など「久しぶり」のあとに続けるフレーズも覚えましょう。そうすることで、会話が楽しくできるようになりますよ!

動画でおさらい

もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket