日本人が言いそうな英語表現「ちょっと行けないかもしれない」




LINEで送る
Pocket

会社の飲み会やデートなど、何かに誘われた場合にやんわり断りたいときってありますよね。
そんなときに「ちょっと行けないかもしれない」という英語表現を覚えておくと、大変便利です。

日本人っぽい表現で、はっきり「行けない」と断定せず、行ける可能性を残した言い方とも言えます。
「~かもしれない」という可能性を含んだ、あいまいなニュアンスを持つ表現ですが、適切な英語表現がちゃんとあるので、この機会にきちんと押さえておきましょう。

~かもしれないのフレーズ

shutterstock_218817652

~かもしれないは英語では
mightです。

主語は私ですから、
(私は)~かもしれない:
I might~

できないかもしれないと言いたいので、否定形で
~できないかもしれない:
I might not~

これにできるという意味の
be able to

を加えて、
I might not be able to

行けないかもしれないと伝えたいので、be able toの後に
go

を入れて、
I might not be able to go there.

ちょっとそこには行けないかもしれません。と表現することができます。

1つのフレーズとして覚えましょう!

might not be able to~(~できないかもしれない)という表現は、1つのフレーズとして、言い回しを覚えてしまいましょう。
そうすると、いざ行けないかもしれないと答えたい時に、スムーズに会話を続けることができるからです。

覚えていないと、~かもしれないだからmightで…できないだからnot be able toで…というように考えながら話すことになり、気まずいシーンでさらにしどろもどろしてしまうことになります。
単語を1つひとつずつ覚えてつなげていくよりも、フレーズとしてまとまりで覚える方が、確実にスピーキング力は上がりますよ。

他にもコミュニケーションに使える英語はこちら。

ネイティブがよく使うmight

mightは 、かもしれないという意味の
may

の過去形だと覚えている人もいおられるのではないでしょうか。

実はmightmayの過去形として使われるのは限られた場合だけ。
どちらも推測の意味を表す単語で、ネイティブが現在や未来のことを話すときによく使います。

例文でみていきましょう。

彼はパーティーに来ます。
He will come to the party.

彼はパーティーに来るかもしれない。
He may come to the party.

彼はパーティーに来るかもしれない。
He might come to the party.

maymight〜かもしれないという意味で、日本語訳だと同じように見えますが、実は可能性の高さの度合いが違うんです。

may > might
mightはmayよりも可能性が低い「〜かもしれない」を表現する時に使われます。

また、先ほど
might not be able to~:~できないかもしれない
というフレーズが出てきましたが、

notを取り肯定文にすると、
might be able to ~:~できるかもしれない

彼はパーティーに来ることができるかもしれない。
He might be able to come to the party.

あいまいだけど可能性はあるという、肯定的で微妙なニュアンスを相手に伝えることのできる表現です。
返事や結果をあいまいにしたい状況で使うと効果的ですね。

make it

might not be able to~~部分に入れる単語を変えてアレンジする場合、
make it

という表現を使う方法もぜひ覚えておいてください。
make it行くという意味はもちろん、到着する、達成するなどさまざまなニュアンスを含んだフレーズです。
あらゆる場面にも当てはめて使うことができます。

パーティーに行く場面を例にあげてみましょう。

(パーティーへのお誘いとして)今晩来れる?
Can you make it tonight?

(行けない場合の答えとして)行くことができません。
I can’t make it.

これはよくある会話です。
今回のちょっと行けないかもしれないとやんわり断る場合、以下のように言うことができます。

今回は行けないかもしれない。
I might not be able to make it this time.

今回はちょっと無理かな・・・という日本人がよく使う言葉の微妙なニュアンスを、しっかり伝えることができます。
might not be able tomake it、何度も声に出して練習し、一つのフレーズとして暗記するのがおすすめです。

断るシチュエーションはこちらの記事も参考になります。

まとめ

日頃のコミュニケーション上、完全否定するのではなく、可能性を残した返事をしたい時はよくあると思います。

ちょっと行けないかもというニュアンスで、誘いをやんわり断る時は、I might not be able to make it this time.という英会話フレーズが便利でしたね。

日常会話の中で頻繁に使う機会があります。ぜひそのまま暗記してしまってください。
いざという時スムーズに、サラッとスマートにお断りできるように…!

動画でおさらい

日本人が言いそうな英語表現「ちょっと行けないかもしれない」を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket




無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。