1. TOP
  2. 英会話フレーズ
  3. 英語でランチに誘ってみよう!スモールトークからの「ランチ行こうよ」

英語でランチに誘ってみよう!スモールトークからの「ランチ行こうよ」

 2016/12/13 英会話フレーズ
 
LINEで送る
Pocket

英語に興味がある人なら、ネイティブスピーカーの友達を作りたい!と願う人も多いのではないでしょうか。

仲良くなるために、英語圏など海外出身のお友達をランチに誘うことってありますよね。

誘いたい相手がビジネス上での関係なのか、友達なのかによって誘い方は異なってきますが、今回は、唐突になりすぎないランチに誘うフレーズを中心に、一般的な英会話のポイントについても紹介します。

ランチを誘う時の流れ

私たちは、当たり前のように母国語である日本語を使いこなしています。

そのため、「駅前に新しいカフェがオープンしてさ、結構評判も良いみたい。良かったら今度一緒にランチ行かない?」など、自然にランチに誘うことができます。

ただ、英語となると、この自然なやりとりができず、唐突な誘い方なることがあります。その原因は、英語で自然な会話の流れをすることに慣れていないからです。

それでは、日本語のように自然にランチに誘うには、どのように会話を運んでいけば良いのでしょうか?

自然な会話の運び方のポイントは以下3つです。

  1. スモールトークで会話のきっかけを作る
  2. 5W1Hを使いまわして会話を弾ませる
  3. Oh, By the wayを切り口に相手を誘う

それでは早速、ポイント①から見ていきましょう!

①スモールトークは会話のきっかけを作る

最初に押さえたいポイントは、スモールトークです。

スモールトークとは、相手を誘うきっかけとなる会話です。スモールトークを、直訳すると「小さな会話」という意味です。

例えば、Hi. How are you? という言い回し。
会話のきっかけとなる定番フレーズで、中学時代にこのセンテンスを習った、という人も多いのではないでしょうか。

直訳すると、「あなたは元気ですか?」になります。

ここで覚えておきたいのは、日本語で「お元気ですか?」と聞くと、体調などを伺う意味合いが強いですが、英語の場合、体調以外を尋ねる場合もあります。

例えば、最近どう?といった具合に、近況を尋ねるニュアンスでも用いられます。
Hi. How are you?は、会話を始めるきっかけのフレーズのひとつとして覚えておきましょう。

②5W1Hを使いまわして会話を弾ませよう

「お元気ですか?」と聞かれたら、大半の人は「ええ、元気です、ありがとう。あなたはどうですか?」と返しますよね。

このような会話の流れは万国共通であり、英語でも同様です。

Hi. How are you?と相手に尋ねれば、
相手はOh, I’m good .How are you?と聞いてくるでしょう。

それに対し、I’m good(ええ、私も元気です)と返すのは自然な流れです。

このように会話のきっかけとなるスモールトークが終わった後は、言語の基本である
「5W1H(What/When/Who/Where/Why/How)」
の会話に移行します。

この「5W1H」というのは、質問を通して相手の情報を引き出すことができ、相手も会話に乗りやすく、とても便利なセンテンスです。

例えば、When did you come to Japan?(いつ日本に来たの?) といった言い回しは、テキストブックなどでもよく目にし、頻繁に使われる表現です。

このWhen did youというキーワードを応用すると、会話をスムーズに進めることが出来ます。

When did you have lunch?
昼食をとったのはいつ?

When did you watch the move?
その映画、いつ観に行ったの?

このような言い回しが可能になります。
ここまでがスモールトークとなります。

③Oh, By the wayを切り口に相手を誘う.

相手との会話を弾ませ、「お誘いしやすい環境」を整えます。

その後、Oh, By the way.(ところで)と続けましょう。

「ところで」と前置きをした後、以下の様に相手との関係別に誘ってみましょう。

気取らない!友達感覚な関係

Do you want to have lunch with me?
私と一緒に昼食に行かない?

Do you want to have lunch with us?
私たちと一緒にお昼ご飯を食べに行かない?

友達関係や語学留学先でできた友達に尋ねる場合、このようにカジュアルに誘いかけると良いでしょう。

ビジネス上でも!フォーマルな関係

Would you like to have lunch with me?
私と一緒に昼食に行きませんか?

Would you like to join us for lunch?
私たちと一緒に昼食に行きませんか?

If you don’t mind(もし良かったら)を最後に付け加えると、相手への配慮も見受けられる表現となります。

この表現は、ビジネス上でも失礼のない表現であり、気になる異性を誘う場合にも使えます。

スモールトークは、日本語の前置きと同じように、「私はあなたに関心があり、好意的な気持ちを持っている」ということを示す、とても重要な表現です。

友人間やビジネス上での友好関係を円滑にするためにも、ぜひ取り入れていってみてくださいね!

ポイントをまとめた例文紹介

以下にポイントをまとめた会話例文を紹介します。

ポイントとなるフレーズを赤字で表記しているので、どのような流れで会話が進められているか確認してみてくださいね!

①スモールトークは会話のきっかけを作る

A:Hi. How are you?
お元気ですか?

B:Oh, I’m good. How are you?
ええ、元気です、ありがとう。あなたはどうですか?

A:I’m good. I went to watch a movie last night.
私も元気です。昨日は映画観に行ったよ。

②5W1Hを使いまわして会話を弾ませよう

B:Which movie did you watch?
どの映画観たの?

A:Equalizer 2. It was cool.
When did you last watch a movie?
イコライザー2だよ。カッコよかった!最近、いつ映画見に行った?

B:I don’t remember exactly. I usually watch movies on NETFLIX at home.
ハッキリ覚えてないなぁ。家でNETFLIXはよく観るけど。

③Oh, By the wayを切り口に相手を誘う

A:I love NETFLIX too. Oh,by the way, I am kind of hungry. Do you want to have lunch with me?
私もNETFLIX好きだよ。ところでさ、お腹すいてきちゃったんだけど、ランチでも一緒にどう?

B:oh that sounds great!
あぁ!それいいねぇ!

流れがつかめたでしょうか?

数を重ねながら、少しずつ英会話に慣れていきましょう!

その他の誘い方!カジュアル&フォーマルに 例文一覧

ここでは、ランチに関する例文を紹介します。

カジュアルな誘い方とフォーマルな誘い方を確認し、シチュエーションごとに使い分けていきましょう!

カジュアルに誘う

There’s a restaurant I wanted to check out.
Do you want to go with me?
行ってみたいレストランがあるのだけど、今度一緒にどう?

I’d like to take you to the Mexican restaurant I recommended.
Are you interested?
おすすめのメキシカン料理店があるのだけど、どうかな?

フォーマルに誘う

We have a business lunch next week sponsored by our company. Would you like to join us?
来週、弊社主催の昼食会があるのですが、良ければいかがですか?
※business lunch=ランチを兼ねたミーティング

まとめ

英語に慣れていない場合、コミュニケーションの取り方がイマイチ分からず、唐突な誘い方になってしまいがちですが、スモールトークを使うことでより自然に相手を誘うことができます。

「お元気ですか?」から始まり、「最近何かあった?」と聞き、そこから「話が少しかわるけど」「ところで」と続けて相手を食事へ誘ってみましょう。

これによって、相手に対して関心があることを伝えることもできます。

もちろん、相手との関係性や立場、考え方や親密度によって誘い方は異なりますが、今回紹介した誘い方を参考にしてみてくださいね。

動画でおさらい

英語でランチに誘ってみよう!スモールトークからの「ランチ行こうよ」を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。