1. TOP
  2. 日本人があまりしらないけれどネイティブがよく使う英語表現
  3. 「That’ll be …」チケットを買う時の英語表現
Sponsored Link

「That’ll be …」チケットを買う時の英語表現

LINEで送る
Pocket

海外旅行などで、観光施設や鉄道などの乗り物を利用するときにチケットを購入しますよね。

そんな時、どのように窓口で言えば購入できるのか知っていますか?

また、窓口の人がどのように言ってくるのか、ドルのことを「bucks」と呼ぶなど、アメリカ人が使う独特な言い回しもあります。

今回は、海外旅行に行ったときに困ったり戸惑ったりしないですむよう、海外で役に立つトラベル英会話の表現をお伝えします。

Sponsored Link

大人何人?子供何人?

shutterstock_259503872

まず、窓口で「大人2枚、子ども3枚お願いします」と言う場合、英語ではなんと言うのでしょう。

これは、「2 adults and 3 children, please.」となります。

日本語の場合、チケットの枚数なので、「枚」という単位をつけて言いますが、英語だと「大人2人、子ども3人お願いします」のように、人数を伝えればいいのです。

先ほどの2 adults and 3 children, please.の数字を、それぞれの人数にあわせてカスタマイズすればそのまま使うことができます。

 

旅行のシチュエーションはこちらの記事も参考になります
⇒発音注意!「きれいな景色ですね」の発音

覚えておきたいフレーズ

そして、もう1つ覚えておくといい表現があります。

それが、「That’ll be 50 bucks.の「That’ll be」という言い回しです。

この「That’ll be」とはどういう意味なのかというと、「合計~になります」「それでは~になります」という感じの表現です。

ですので、「2 adults and 3 children, please」(大人2枚、子ども3枚お願いします)と窓口で言って「That’ll be 50 bucks.」と返ってきた場合、日本語なら「50ドルになります」という意味になるのです。

支払う金額を伝えるときは、必ず「That’ll be」で始まります。

That’ll be」の後に金額が聞こえてくるはずですので、ここを聞き逃さなければ、支払いがスムーズにできるわけです。

 

支払うシチュエーションはこちらの記事も参考になります
⇒HOTELのチェックインを英語でしてみよう!

ドルのことを”bucks”

もう1つ、アメリカ人の独特な言い回しに「bucks」があります。

これは、ドルのことを言うのです。

逆に、アメリカでは「dollars」という表現は日常会話ではあまり使いません。

50ドルなら「50 bucks」と言い、「a buck」は1ドルになります。

また、「それっていくらだったの?」という質問の答えで「a buck or two」というときは、「1ドルか2ドル」という言い方をします。

この「buck」という表現は、アメリカの日常会話でよく使われる言い方なので、ぜひ覚えてください。

「大人2枚、子ども3枚お願いします」は「2 adults and 3 children, please.」、「50ドルになります」なら「That’ll be 50 bucks.」という会話を覚えておけば、チケットを購入するときに戸惑わなくていいでしょう。

 

まとめ

チケットを購入するときの表現についてご紹介しました。

いかがでしたか?

That’ll be 50 bucks.」という風に、「That’ll be」~「合計~になります」の言い回しを覚えること、

ドルのことは「dollars」ではなく「budks」と言われることが多いこと、それを覚えるのがポイントです。

 

動画でおさらい

海外でチケットを買う時「That’ll be …」を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。

2人の子供をこよなく愛する。


英語はいまだに得意とは言えないものの、

英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 英語でありがとうは「Thank you」だけじゃダメ!ネイティブに想いが通じる言い方は?

  • 「最適な季節=Perfect season」口語英語で「今日は紅葉に最適な季節です」

  • 「獅子座流星群」を英語で言うと?「the」と「on」についての解説

  • 度合い別・英語で3つの「落ち込む」表現

関連記事

  • 実はスペイン語「Los Angeles」ってどう発音するの?

  • 謎の英語表現「once in a blue moon」の実際の使い方

  • 「Bread」を使ったパンの表現とは?パンの英語表現も紹介

  • 英語で「超ウケる!」のニュアンス3つの表現

  • パーティなどで「I’m gonna wing it.」の使い方と発音

  • 英語上級者向け!使ってはいけない悪い英語・スラングを知ろう