1. TOP
  2. 日本人があまりしらないけれどネイティブがよく使う英語表現
  3. 「That’ll be …」チケットを買う時の英語表現

「That’ll be …」チケットを買う時の英語表現

LINEで送る
Pocket

海外旅行で、
遊園地のような観光施設や
オペラやミュージカルの観劇、

電車やバスなどの
乗り物を利用するときに
チケットを購入しますよね。

窓口で
「チケットをください」
と言いたい場合、

英語ではどのように
言えばいいのでしょうか?

また、
チケットを買うには
こちらが話すだけではなく、

窓口の人が
どのように
返してくるのかも、

聞き取れるように
ならなければいけません。

海外でチケットを買う時に
役に立つトラベル英会話の
表現を紹介します!

チケットを買ってみよう!

チケットは英語で
「ticket」ですね。

恋人と海外で
ミュージカルを
見る時などには

‟I’d like two tickets, please”

‟Can I get two tickets, please?”

(チケットを2枚ください)

ですが
もっとシンプルに

‟2 tickets, please.”

と、
チケットの枚数を
伝えるだけでも伝わります。

大人2名が窓口へ行って
チケットを買う場合は

窓口の人も
大人用のチケットを
2枚くれるはずですが

たとえば、
あなたが代表として
一人で窓口へ行って

友人や子供たちのチケットを
まとめて買う場合は
どうでしょう?

子供料金があったとしたら

‟2 tickets, please.”

では、

大人2名なのか

大人1名と
子ども1名なのか

もしくは
子ども2名なのか・・・

窓口の人は
わかりませんね。

旅行の
シチュエーションは
こちらの記事も
参考になります

大人何人?子供何人?

窓口で

大人2枚、
子ども3枚お願いします」

と言う場合、

英語では

「2 adults and
3 children, please.」

と表現します。

日本語の場合、
チケットの枚数なので、

「枚」という単位を
つけて言いますが、

英語では

「大人2人、
子ども3人お願いします」

のように、
人数で伝えます。

「2 adults and
3 children, please.」

の数字を
入れ替えるだけで
きちんと伝わります。

大人1人、
子ども1人の場合は

「1 adult and
1 child, please.」

と単数形で
表現しましょう。

大人、
子ども以外の表現も

合わせて覚えておくと
便利ですよ。

・シニア:
senior


・幼児:
toddler


・学生:
student

「That’ll be」 を聞き取ろう!

窓口に行って店員に

「2 adults and
3 children, please.」

(大人2枚、子供3枚ください)

と聞いたら、

次に店員は恐らく
合計金額を言いますよね。

合計が
50ドルだった場合

「That’ll be 50 bucks.」

と答えるはずです。

この
「That’ll be」
聞き取れずに

戸惑ってしまう人が
多くいます。

この場合の
「That’ll be」

「合計~になります」や
「それでは~になります」

というニュアンスです。

「That’ll be 50 bucks.」
と返ってきた場合、

日本語では
「50ドルになります」
という意味になります。

支払う金額を伝えるときは、
「That’ll be」で始まります。

‟That’ll be”は
‟That will be”
略ですが

「ダウビー」
聞こえることも
覚えておきましょう。

「That’ll be」の後には
金額が続きますので

‟ダウビー”
聞き取れれば
戸惑いもなく

支払いがより
スムーズにできますね。

アメリカではドルを‟bucks”と呼ぶ!

「bucks」
アメリカ人の独特な言い回しで
アメリカドルを意味します。

アメリカの日常会話では
「dollars」という表現は
あまり使いません。

50ドルなら
「50 bucks」

1ドルは「a buck」

と言います。

また、
「それっていくらだったの?」
と聞かれて

「1ドルか2ドル」
と答えるときは

「a buck or two」
となります。

この
「a buck or two」
という表現は、

アメリカの日常会話で
よく耳にしますので
覚えておくといいでしょう。

知っておくと迷わない!

劇場などでは
指定席のアレンジが
必要だったり

電車などの乗り物でも
自由席や指定席が
あったりしますよね。

チケットを買う際に
知っておくと

便利な英単語を
いくつか紹介します。

・一般入場(入園、入館)券:
General admission

・特別展のためのチケット:
Ticket for a special exhibit

・一日パス:
Day Pass

・一週間有効チケット:
One Week Pass

・当日券:
Today’s ticket

・前売り券:
Advanced ticket

・自由席:
Seating-Open seating

・指定席:
Reserved seat

・バルコニー席:
Balcony 

・列、席:
Row, Seat 

前の方:
Near the front

後の方:
Near the back

真ん中あたり:
Somewhere in the middle

会場に行ったのに

チケット売り場が
見つけられない!

と困らないように、

それぞれ
覚えておきましょう。

・Ticket office
チケット売り場

・Box office
劇場などのチケット売り場

「That’ll be …」チケットを買う時の英語表現まとめ

海外旅行の際に
チケットを購入するときの
表現について紹介しました。

「2 adults and
3 children, please.」

‟大人2人(枚)、
子ども3人(枚)お願いします”

何枚ではなく、
人数を伝えること。

「That’ll be 50 bucks.」
‟50ドルになります”

「That’ll be」
‟ダウビー” と聞こえ
ドルのことを ‟buck/bucks”

と言うことを覚えておけば、

戸惑いもなく
チケットを購入できますよ!

動画でおさらい

「「That’ll be …」
チケットを買う時の英語表現」を、

もう一度、
動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。