1. TOP
  2. 英語勉強法
  3. 「to」まで一緒に覚えて簡単!英文法の不定詞を解説
Sponsored Link

「to」まで一緒に覚えて簡単!英文法の不定詞を解説

LINEで送る
Pocket

英語の不定詞は難しく、
よくわからないという方が
非常に多いかと思います。

確かに漠然と
「不定詞」と言われると、

なかなか想像が
つかないかもしれません。

英語の文法が苦手、
という方は特に嫌煙しがちなのでは
ないでしょうか。

しかも、
英語初心者の方であれば、

日本語にある「動名詞」
他にも「助動詞」「接続詞」
などもあるのか、

そしてそれを
覚えきれるのかという点で
不安に思うことも多いはずです。

しかし、
英語が苦手な方が思っているほど
「不定詞」

そんなに難しいものではありません。

コツを掴んで
使いこなせるようになりましょう。

Sponsored Link

不定詞とは?

不定詞を知らない人や
苦手意識のある人にとってみれば、

不定詞と聞くだけで
勉強するのが
億劫に感じるかもしれません。

でも実は
「不定詞」という
単語を知らなくても、

あるコツを使えば、
ちゃんとこの文法を使いこなす事が
出来るようになります。

例えば
「~をする時間がないです」
のような文章が

不定詞の文章です。

一例をあげて
説明しましょう。

I don’t have time
私は時間がありません。

なのですが、

そのあとに
to』をつけて
動詞を加えれば、

I don’t have time to ~
「~をする時間がないです」

となります。

この他にも、

I don’t have time to talk to you.
「あなたと話してる時間がありません」

I don’t have time to eat.
「私は食べる時間がありません」

I don’t have time to study English.
「私は勉強する時間がありません」

I went to ~ to
「~しに行った」

I came home early to
「~の為にはやく家に帰って来た」

こうした表現も不定詞です。

 

かまえずに不定詞を使う方法については
こちらを参考に
⇒文法のルールは考えなくて大丈夫!

不定詞は名前が難しいだけ!

不定詞という名前だけ聞くと、
なんだかピンとこないし、

きっと難しい文法なんだろうなと
思うかもしれません。

しかしそれは、
「不定詞」という漢字の響きが

「きっと難しいんだろうな。」
と思わせている
原因の一つになっています。

文法の表現で書くと
英語のハードルが高くなる
感じがしますよね。

ですが、
「不定詞」
イメージよりも難しくありません。

難しくないと言うより、
「不定詞」というものが
どういうものなのか、

というのを理解してしまえば、
そんなに難しくないというのがわかります。

そのための
重要なコツを覚えておくと、

「不定詞」
簡単に使いこなすだけでなく、
どんな場合にも使えるので便利です。

 

その他の不定詞に関するトピックはこちら
⇒とっても大事!「studying English」=「to study English」2つのニュアンスの違い

to+動詞で覚えておく

その重要なコツというのが、

不定詞は基本的には
to+動詞

と覚えるということです。

例を挙げると、

I don’t have time.
私には時間がありません

という文章の場合、

これだけで完結させるのであれば
time”の後に
ピリオドを打ちます。

しかし、
このピリオドを打たずに

to」を入れ
I don’t have time to

にして、
そのあとの動詞の単語を
考えてみましょう。

すると、

I don’t have time to eat.
ご飯を食べる時間がない。

I don’t have time to study English.
勉強する時間がない。

など不定詞の文法を使って
簡単に文章を作ることが
できるようになります。

更にそこから
もう少しわかりやすく、
覚えやすく、使いこなせるように
したいのであれば、

先ほどの不定詞の文章である
I don’t have time to study English.

の中の

I don’t have time to

までを一括りで
覚えるようにしましょう。

そうすることで
to”のあとに
動詞をいれるだけで

何の時間がないのか、という
「何」の部分を
表現できるようになります。

これを使えば、
どんな場面でも、
どんな不定詞の文章でも、

楽に簡単に
使いこなすことができるはずです。

 

日本人が英語を勉強する際に苦手意識を持つものはこちらにも
⇒英文の和訳力を高めるには?

何にでも当てはまる

これは、
どんな場合にも当てはまります。

I don’t have time to.
までは同じとして、

to you.

to eat.

o study English.

という感じで
to」のあとに

動詞を入れてあげるだけで
不定詞の文章になります。

このような

「~する時間がない」
「話す時間がない」

「食べる時間がない」
「英語を勉強する時間がない」

という場合はもちろん、

I went to Shinjuku to see a movie.
映画を見る為に新宿に行きました

I went to Shinjuku to have dinner.
夕食をとるために新宿に行きました

なども当てはまります。

I went to Shinjuku
だけで終わるのではなく、
そのあとに続く言葉を考えることで

何故、という文章の理由が
伝わりやすい文章となるのです。

別の表現でも
考えてみましょう。

I came home early
家に早く帰ってきた

先ほどの
to+不定詞
という形に当てはめると

「~の為にはやく家に帰って来た」
という不定詞の文章も
簡単に出てきます。

I came home early to feed
という文章の場合、

”feed”は「餌をあげる」
という意味のため、

feed my dog.
「犬に餌を上げる為にはやく帰って来ました」
となります。

I came home early to play DQ.
という文章の場合、

DQ”が「ドラゴンクエスト」
というゲームの省略
になりますので、

「ドラクエをやる為にはやく帰って来ました」
と説明する事ができます。

 

文章を覚える時にはtoまで!

今まで、不定詞について
よくわからなかった人が

不定詞について
理解できるベストな方法は、

to+動詞の、
「~to」
までを

覚えておくことです。

これは、

かなり不定詞の文章が理解しやすく、
わかりやすく、使いやすくなるので
オススメです。

英語では
「どこどこに行きました」

という文章は
よく使うと思いますが、

例えばその場所に何をしに行ったか、
までいえるのが不定詞の効果です。

文法的に言うと
to+動詞

をつけるだけですので
非常に簡単ですよね。

覚える際には
ここまで覚えておくようにしましょう。

こういう覚え方をすると、
「不定詞」

完璧に
使いこなせるようになります。

to”まで覚えるやり方で、
後の動詞もすんなり楽に
出てくるようになるはずです。

 

まとめ

英語を勉強する時、
文法的な言葉に足を引っ張られる、
という方は多いはずです。

不定詞や動名詞という
言葉の意味が分からず、

不定詞という言葉を使っているだけで
難しい文章と勘違いしてしまうのです。

しかし、
実際に会話をしてみると、

この不定詞がいかに大事なものか
ということが良く分かります。

それまでは
「時間がないです」
としか言えなかったとしても、

不定詞を使って文章を作るだけで、
何をする時間がないのか、

というところまで
伝えることができるためです。

この不定詞は
伝えたい言葉の後に

to+動詞」を
付け加えるだけで
簡単に成立します。

そのため、
言葉を覚える際は

この「to」までを
覚えられるようにすると
スムーズになるはずです。

これを使えば、
どんな場面でも、

また、どんな不定詞の文章でも、
簡単に覚えることができるでしょう。

伝えたいことを
より詳しく伝えることができ、
使いこなせるようにもなります。

実際にネイティブの方とも
コミュニケーションを円滑に
とることができるはずです。

難しそうと嫌煙せず、
まずこの方法を覚えて
日常的な英会話を覚えましょう。

 

動画でおさらい

「「to」まで一緒に覚えて簡単!
英文法の不定詞を解説」を、

もう一度、
動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。

2人の子供をこよなく愛する。


英語はいまだに得意とは言えないものの、

英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 同じ意味です。「Would you like something to eat ?」と「Would you like to eat something ?」

  • 「正直」「ぶっちゃけ」を英語で言うと?To be honest,◯◯

  • 実は便利な日本語「芸能人」は英語でなんて言う?

  • 英語での「かっこいい」の表現いろいろ

関連記事

  • 生きたイギリス英語のリスニング!BBCで完璧なネイティブの発音を

  • 英会話の初級者あるある!ネイティブとの会話に詰まったらこの方法で解決!

  • 独学で英会話は限界がある?!ネイティブを目指すなら素振り以上の経験が必須

  • 知っているアニメを英語で!楽しく学べるオススメの学習法

  • 聞き流さない!英語リスニングを向上させる3つのコツ

  • カタカナ発音の英語はもったいない!初めからネイティブ発音を覚えて時短!