英語のリスニングは聞くだけじゃダメ!早く上達させるための3つのポイント




LINEで送る
Pocket

英会話のリスニングが上達しない悩む人は多いと思います。今回はリスニングがなかなか上達しないときの救済法についてお話ししていきます。

多くの人は苦手なリスニングを上達させたいという場合、リスニングをする練習をしなければいけないと考えて、聞くだけの教材を使って英語を聞く練習法をする方が非常に多いです。

しかしながら、聞くだけの教材を使用した学習法だけでは、なかなか英語が聞き取れるようにはなりません。
なぜ、聞くだけの教材ではなかなか聞き取れるようにならないのか、ということを知っていただくために、リスニング上達させるための3つのポイントを紹介していきます。

リスニングができるようになる目安時間

通常、リスニングができるようになるには、1000時間もの時間が必要とされ、一部では、1000時間神話と呼ばれています。

なぜ、リスニングをマスターするためには、長い時間が必要なのでしょうか。
例えば、英語に関する知識がまったく無い状態で、海外に留学をしたとします。

留学をすると、毎日学校に通い日常的に英語が聞こえてきます。
日本人の友達と日本語で会話する状況でなければ、学校に行くと友達と様々なシチュエーションでその内容に合う会話を交わします。

挨拶や日常会話は、似通った返答も多いため、音とシチュエーションが次第にリンクして、リスニングができるようになるのです。

このように、海外留学をしていれば、起きてから寝るまでほぼ英語なので、リスニングの時間が1000時間に達するのにそんなに期間はかかりません。
しかし、日本で過ごしていると、周りで使われるのは日本語が主なので、1000時間に達するまで長い期間が必要です。
仮に1日1時間英語を聞き続けたとして、1000時間リスニングしようとすると、約3年かかり、1年間でそれをやり遂げようとするのであれば、1日3時間必要です。

千里の道も一歩よりと言いますが、トレーニングをスタートしたものの、挫折してしまう人が多いのも実情です。

リスニングについてはこちらの記事も参考になります。

日本に居ながらリスニング上達を目指すなら

それでは、日本にいながらにして、リスニングを上達させるには、どうすればいいのでしょうか?

リスニング力を向上させたい方は多くの場合、本屋さんで買ったCD付きの英語の参考書や、リスニングの教材を使って勉強します。
そうするとほとんどの場合、自分と関係ない英語を聞き続けるということになるのです。
あなたにとって日常会話で使わない英語を聞き続けるわけですから、シチュエーションと音がリンクせず、なかなか覚えられないことが多いのです。
また、勉強に使ったCDの音声が聞き取れても、ネイティブの会話は聞き取れないという状況に陥る可能性も大いにあります。

これではリスニングが上達したとは言えませんよね。
これが、日本にいながらにして、リスニングを勉強しようと考えている方に、聞くだけの勉強法をおすすめできない理由です。
そこで、次にリスニング上達のポイントを3つ紹介します。

繰り返し学習についてはこちらの記事もお役立ちです。

リスニング上達のための3つのポイント

では、日本にいながらにしてリスニング力をアップする救済法3つを早速確認していきましょう。

①カタカナ英語からの脱出

基本的に、人間は自分が発音できる音であれば、ちゃんと聞き取ることができます。
これは、裏を返せば、自分が発音できない音というのは、聞き取ることができないということになります。

リスニングの上達を難しくしている原因として、ネイティブが発音している英語の発音と、あなたが中学校や高校、もしくは大学まで英語の勉強をした中で覚えてきた発音が違うということがあげられます。

つまり、リスニングがなかなか上達しないときの救済法としては、自分の発音をなるべくネイティブのものに近づけることが大切なのです。

②ネイティブスピーカー発音のサンプル選びが肝心

日本人が発音の練習をした場合は、完璧にネイティブと同じ発音をすることはできないかもしれません。しかし、カタカナ発音の音から少しでもネイティブの音に近づくことができれば、自然とリスニングもできるようになってきます。

発音を矯正するためには、ネイティブスピーカーが発音するサンプル選びが最も重要です。先述したように、自身が経験しないような状況が背景になっている場合は、サンプルを再考しましょう。

大切なのは、その状況に自分が遭遇するかどうか。
音声付きの教材でも、無料動画サイトの英会話動画でも良いですが、その状況に自分が遭遇するかよく考えてみましょう。

③ネイティブスピーカー発音を聞いて発音矯正

サンプルを選んだあとは、ネイティブの音と自分の発音がどのぐらい違うのかを録音比較し、ネイティブの発音に近づける発音練習をしましょう!

時間はかかりますが、これがネイティブに近い発音ができるようになるようになる、最短のコツです。せっかく勉強するのですから、確実にレベルアップできる方法を選びましょう!

英語上達のプロセスについてはこちらのトピックもご参考に。

まとめ

リスニングがなかなか上達しない原因は、発音とシチュエーションがリンクするまでに膨大な時間がかかるためということがわかりました。

自身の発音をネイティブに近づける作業を、するのとしないのとではリスニング力に明らかな違いが生まれます。同じ時間を費やすなら意味のある勉強法を選択しましょう。

リスニングがなかなか上達しない時の救済法として、カタカナ英語からの脱出、ネイティブ発音サンプルの見直しと、自身の英語発音矯正をしてみてくださいね!

動画でおさらい

英語のリスニングは聞くだけじゃダメ!早く上達させるための3つのポイントを、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket




無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。


最初のコメントをしよう

必須