5回言って滑らかになろう「Available」のネイティブ発音

Available ネイティブ発音 英語
LINEで送る
Pocket

英語の単語や文法が分かっていても実際に発音するのは難しいですね。

自分ではちゃんと発音しているつもりなのに、なかなか相手に伝わらなかったという経験を持つ人もいるのではないでしょうか。
苦手な単語も、発音の練習次第で上手く発音できるようになります。

ここでは、単語を2つに分けて5回ずつ発音する練習方法を紹介します。

練習後に‟Available”と発音すると、

きっと、すらすらとかっこよく言えるようになっているでしょう。

「Available」ってどう発音するの?

利用できる、 入手できる、得られるという意味の「Available」

例えば、

・ホテルの部屋が空いているか尋ねるとき。

今夜空室はありますか?
Do you have a room available for tonight?

・ビジネスなどでアポを取るとき。

月曜日お時間ありますか?
Will you be available on Monday?

このように日常会話でとても頻繁に使わています。

発音記号は「əvéɪləbl」ですが

これを見ていきなりネイティブのように発音するのはなかなか難しいですよね。

では、そんな時どうやって発音したらネイティブのような発音ができるようになるのでしょうか。

英語初心者でも、上手く発音できるようになる発音の練習のコツを紹介します。

ネイティヴな表現についてはこちらの記事も参考になります
⇒「日本人はあまり転職をしない」を英語で表現「like Changing clothes」

自分が発音できそうなところは?

Available ネイティブ発音 英語

‟available”のように一つの単語が長いと口や舌がうまく回らず、つい「アバイラブル」とカタカナ読みになってしまいます。

それでは、どのように練習したらネイティブに近い発音にのでしょうか?

はじめに、覚えたい単語を自分が発音できそうなところで、2つに切って分かりやすくしましょう。

例えば「Available」なら「Avai(アヴェイ)」「lable(ラボゥ)」ように2つに分けることができます。

このように、長くて一度に発音できない単語は、自分でも発音しやすそうなところで分けてあげることで、発音が楽になります。

練習する時は、2つに分けた部分を「Avai(アヴェイ)、lable(ラボゥ)。

Avai(アヴェイ)、lable(ラボゥ)・・・」のように、5回ずつ発音します。

発音練習のコツはこちらの記事も参考になります
⇒日本人が発音しづらい「R」が二つあるときの発音

くっつけると?

最後に、先ほど2つに分けて「Avai(アヴェイ)」と「lable(ラボゥ)」と発音していたものをくっつけて発音してみましょう。

「Available(アヴェイラボゥ)」となります。

最初に発音した時よりも、分けて練習した後の方が上手く発音できるようになったのではないでしょうか?

このように段階を踏んで発音することによって、難しい単語も上手く発音できるようになります。

「素晴らしい」を意味する‟extraordinary”はどうでしょう。

同じように「extra(エクストゥラ)」「ordinary(オーディナリィ」の2つに分けると発音しやすくなりませんか?

あなたは素晴らしい人です!
You are an extraordinary person!

スムーズに言えるようになりたいですね。

まとめ

Available ネイティブ発音 英語

「Available」のように少し長い単語を聞いて「難しくて発音できない!」と思った時には、「2つに分けて、5回ずつ発音する」という発音練習方法を思い出して、実際に練習してみましょう。

分けて練習するのは面倒かもしれませんが、この方法を繰り返すことによって、すらすらとかっこいいネイティブのような発音が身につきますよ。

上手く発音できるようになると、外国人の方と話すのも楽しくなりますね!

動画でおさらい

もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket







最初のコメントをしよう

必須