日本人が発音しづらい「rural」のネイティブ発音




LINEで送る
Pocket

英語の発音は、日本語にはない音も多く、地道に反復練習しないと習得できないものも多々ありますよね。

今回は、ruralという英単語の発音方法について紹介します。
この単語は、発音の単位として考えた場合rが2回続いていることもあり、苦戦する方も多いのではないでしょうか。
カタカナ読みだとルーラルですが、もちろん外国人はそのように発音しません。では、どのように発音するのでしょうか?

ruralの意味、発音記号を確認しよう!

まずは、ruralという言葉の意味を確認しましょう。ruralは英和辞書、辞典によるといなかの、地方、農村という意味があります。

発音記号は[rˈʊ(ə)rəl]になります。rが2回続くため、ruralは発音しにくくなります。

ruralを自然に発音するには、rの発音をマスターする必要があります。rは、ローマ字読みではラリルレロの発音です。

ただ、ruralをそのままローマ字読みでルーラルと発音しても、聞き取ってもらえません。日本語のラリルレロと英語のrは発音が大きく異なるのです。

ruralの発音練習をする前に、rの発音方法を確認してみましょう。

rの発音をマスターしよう!

rの発音をマスターするには、口の形を覚えることがカギになります。
舌を丸め、上あごに舌の両端を近づけるようにするのが、rを発音する時の正しい口の形です。

日本語のラリルレロとは、発音方法が異なることも理解いただけたと思います。
rの正しい発音ができるようにしっかり練習してくださいね。

その他のネイティブ発音が難しい単語はこちら。

英語のruralを発音するには?

rの音が正しく発音できるようになったら、ruralの発音練習です。ruralは、rが2回続いているので分けて練習します。

分け方は、ruralで区切りましょう。

ruは、先ほどお伝えした通り、rの口の形をして発音します。カタカナ表記だと、日本語のウが近くなります。
ralは、rの口の形をキープした状態で発音します。こちらもカタカナ表記だと、日本語のアが近いでしょう。

最後に、lの発音をします。すると、最終的には前歯の裏側の根元、歯茎のあたりに舌が落ち着く形で発音が終わりますね。

そうすると、ルゥールァルのように聞こえる音になります。

ruralに分けて練習すると、後半のralの発音をする際に舌が元の位置に戻ってしまいそうになるかもしれません。
ポイントは、舌の位置を戻さず、rの口を保ち続けることです。

ruとralに分けて言えるようになったら、ruralとつなげて練習しましょう。
回数を重ねることで、ruralとスムーズに発音できるようになるはずです。

その他の発音しにくい英語はこちら。

まとめ



r
が2回続くruralの発音方法を紹介しました。ruralを発音できるようになるには、rの発音をマスターしなければいけません。

日本人にとっては難しい音ですが、リスニングしたり発音練習したりして習得できるようになりましょう。

また単語を分けて練習する方法は、さまざまな単語の発音練習で使えます。
ぜひ、実践してくださいね。

動画でおさらい

日本人が発音しづらい「rural」のネイティブ発音を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket




無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。


最初のコメントをしよう

必須