1. TOP
  2. 発音
  3. 1月から12月までの英語表現と発音!スラスラ言えますか?

1月から12月までの英語表現と発音!スラスラ言えますか?

 2018/06/05 発音 日常英会話 スピーキング
 
LINEで送る
Pocket

1年は12カ月ありますが、この1月から12月まで、英語で正しいスペルで書けますか?

また、どのように発音すればよいのでしょうか。

今回は、1月から順番に一つずつ、英語表記と発音方法について説明します。

どのくらい覚えていますか?1月から12月までの英語表記

日常的にさまざまな場面で目にしていると思いますが、いざ書こうと思ったら、綴りに自信がなかったりしませんか?

月を表す単語は、英単語の基本中の基本です。おさらいしてみましょう。

( )内は省略形です。

1月 January(Jan.)

2月 February(Feb.)

3月 March(Mar.)

4月 April(Apr.)

5月 May(May)

Mayは元々3文字で省略されていないので、ピリオドはつきません。

6月 June(Jun.)

→4文字なので省略しないこともあります。

7月 July(Jul.)

→4文字なので省略しないこともあります。

8月 August(Aug.)

9月 September(Sep.)

10月 October(Oct.)

11月 November(Nov.)

12月 December(Dec.)

発音する時は分けて、読んでみる

それぞれの読み方と発音のコツを見ていきましょう。

1月January(ジャニュアリー)

Januaryは発音が難しいと思う方が多いと思いますが、区切って発音すると覚えやすいです。

まずJanuまでは比較的簡単にそのまま読むことができるのではないでしょうか。

次にaryだけでもそのまま発音できます。

両方の発音を確認し、最後にJanuaryをくっ付けてJanuaryと言ってみましょう。

2月February(フェブラリー)

少し口が回らないという方が多い発音です。

1月の場合と同じで、Febまでは比較的簡単なはずです。後半のruaryをくっつけてFebruaryです。

ruaryが難しいようであればruaryを別々に意識しても良いかもしれません。

月の単語以外でも、発音しにくいなと思った時は、自分が発音できそうなところで切ってみるといいでしょう。

たとえばFebでなくてもFebruまでは言えるとします。それならFebruで最後aryをつけてFebruaryと練習しましょう。

コツは自分が言えそうな所までで区切り、発音の練習をして、最終的にくっつけて発音するということです。こうすることでしっかりとした発音が出来るようになります。

3月March(マーチ)

行進のarchyと同じように発音すると良いでしょう。

4月April(エイプリル)、5月May(メイ)、6月June(ジューン)

比較的簡単に発音できる方が多い単語なのではないでしょうか。日本語としてもよく使われる単語です。

4月はエイプリールフール、5月はとなりのトトロに出てくる女の子の名前メイ、6月はジューンブライド、でピンとくることも多いでしょう。

関連する行事や事柄と結びつけて覚えると、記憶に残りやすいですね。

7月July(ジュライ)

少し読み方に注意が必要です。字面からジュリーのように読めてしまいますが、正しくはジュライといった発音になります。

はしっかりと発音するのではなく、文字にするのであればラィのように小さくなります。

8月August(オーガスト)

Aから始まりますが、アと発音するのではなく、Auオゥというような発音になります。そのまま続けてオゥガストオーガストと発音しましょう。

9月からちょっと難しい

9月から12月は、見たまま読むと間違った発音になりますので注意が必要です。

9月September(セプテンバー)

Septemberの発音で一番記をつける点は、何と言ってもアクセントです。temに強いアクセントをつけ、sepberは弱く流すように発音してみましょう。

berは9月~12月まで共通です。

10月October(オクトーバー)

octはラテン語で「8番目の」という意味があり、Octopus(オクトパス:たこ)はoct(8本の)+pus(足)から成り立っています。

オクトパスという読み方や意味はかなり知られていると思いますので、関連づけてoctを覚えてみてはいかがでしょうか。

11月November(ノーベンバー)

Noknow→脳と置き換えて読んでみるといいです。

あまり難しくとらえず、脳を思い出しながら、発してみてください。

12月December(ディッセンバー)

スペルのcと読むところが留意点です。

書くときの間違いで多いことのひとつに、csと書いてしまうことがあります。(Desemberという間違い)

書くときの注意点と関連付けて覚えておけば、読み書き両方を覚えられますね。

自分が言いやすいように

英語の発音は、日本人の私たちにはとても難しく、迷うこともしばしばです。

基本的にはしっかりと全部覚えていくのが理想ですが、なかなか一度では上手に言えないものです。スペルはわかっているが、読み方に自信がないこともあるでしょう。

そこでもし口がまわらないと思ったときは、自分が言えそうなところで一度区切ってみましょう。後から、区切ったところで続きの部分をくっ付けてあげると、しっかりと発音できるようになります。

改めて完成した発音を覚えていけば上達もしやすくなるため、まずは少しずつ、読めるところから読む、という工夫を始めてみて下さい。

1月から12月までの英語表現と発音!スラスラ言えますか?まとめ

月の名前を正しく発音するためには、

・その単語を覚えること

・自分が発音できそうなところで区切って練習すること

が大切です。

特に、JanuaryFebruaryは難しく感じる人も多いため、自分の言いやすいところで区切って練習してみると良いでしょう。

この発音のコツは、実はほかの単語でも同じです。日本語と英語では、発音方法や口の動かし方が違うため、単語によっては何度も練習をする必要があります。

残念ながら、カタカナ英語ではネイティブの人には伝わりません。正確に発音するためにも、今回紹介した練習方法をぜひ試してみてください。

英語の発音が上達すれば、ネイティブの人とのコミュニケーションが格段に楽しくなるでしょう。

英語を勉強する過程では、いろいろな覚え方や進め方があります。

どの覚え方が自分に合っているのか、その方法を見つけられれば、英語の勉強はより楽しく、効率的にできるようになるものです。

まずはいろいろな方法を試してみるのも、英語の勉強を楽しく実践する手段の一つですよ。

動画でおさらい

「1月から12月までの英語表現と発音!スラスラ言えますか?」を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。