面白いの英語を使い分け|仕事が面白いや面白い芸人など「おもしろい」を英語で表現

面白い 英語表現 フレーズ 使い分け 単語

LINEで送る
Pocket

面白い人だね。
なんだか面白い格好をしてるね。
この仕事は面白いぞ。
このジュース、面白い味がするんだよ。

こうして改めて見てみると日本語の面白い(おもしろい)という言葉は、一言でさまざまな意味を表現できて便利な言葉ですよね。しかし英語では、これら全ての意味を表現できる一つの単語というものはありません。
そのため、面白いのニュアンスによって、英語表現を使い分ける必要があります。

そこでこの記事では、面白いのニュアンス別に、それぞれ対応する英語表現を紹介します。面白い=funnyやinterestingと思っている人は特に、改めて面白いの英語をやり直しましょう!

「面白い」の英語表現

面白い 英語表現 フレーズ 使い分け 単語

日本語の面白いは、一言で複数の意味をもつ言葉です。では、日本語の面白いの意味にはどういったものがあるのでしょうか?
面白いのもつ意味を大別してみましょう。
1.つい笑いたくなる「面白い」
2.興味をそそられて「面白い」
3.心が晴れ晴れする&快く楽しい「面白い」
4.一風変わっている「面白い」

面白いに対応する英語表現は、面白い=〇〇といった一つの英単語はなく、4つの意味それぞれに対応する英語表現を考える必要があります。

では、ここから、面白いの意味別に英語表現を紹介していきます。
わかりやすい例文と共に紹介していくので、シーンを想像しながらそれぞれの英語表現と結び付けて覚えていきましょう。

①つい笑いたくなる「面白い」の英語表現

この映画はなんとも面白い!
あの芸人は面白くもなんともない。

このように映画や芸人さんなどを面白いと形容しますよね。この、つい笑いたくなる、ユーモアのあるという意味での「面白い」に対応する最も一般的な英語表現は、funnyです。

わたし、面白いジョーク知ってるよ。
I know some funny jokes.

例文のようにfunny+〇〇で、面白い〇〇という表現がよく使われます。
たとえば、YoutubeなどのSNSでよくあるおもしろ動画は、funny videos。他にもfunny words (in English)で英語の面白い単語、funny phrases (in English)で英語の面白いフレーズが載っているサイトが検索できます。

笑いたい時にのぞいてみると楽しい気分になりますよ。もちろん、英語の勉強にもなります!

hilarioushumorousもつい笑いたくなる「面白い」の意味で使えます。どちらかというと、funnyよりもより面白い時に使います。

あのコメディ、全然良くなかったわ。面白いと思ったのに。
I didn’t like that comedy at all. I thought it was hilarious.

この漫画、超面白い。つい笑っちゃうの。
This Manga is so humorous! I can’t help laughing.

また、entertainingamusingという表現もあります。これらは、funny(笑える要素)が必ずしもともなっている必要はなく、感動的だったり知性が感じられたり何らかのかたちで人を喜ばせる面白さを表現します。舞台や演劇、ショーなどエンターテイメント系の物事や人に対して使われることが多い表現です。

私の先生は面白い人です。
My teacher is an amusing person.

とっても面白い演劇でした。
It was a very entertaining play.

つい笑いたくなる「面白い」時に使えるフレーズ&スラング

面白くて笑う時にネイティブがよく使うフレーズやスラングを紹介しておきます。
ウケる、ワロタ、草などのように、めっちゃおもしろい状況にピッタリなフレーズですよ!

やめて!面白すぎる!
You’re killing me!

いい加減にしてという意味から派生して、死ぬほど面白いことを表現する際に使われます。

むりwwwwしぬwwww
I’m dying!

死にそうという意味から派生して、スラングでは笑いすぎて死にそうという意味で使われます。

超ウケる!
You crack me up!

※面白い言動をとった相手に対して使うスラングです。同じ意味でmake me laughというフレーズもありますが、crack me upの方が大笑いのニュアンスが強くでます。

ツボった。
I’m in tears.

涙が出るほど面白い状況を表現する際に使われます。
 
 
あわせて読みたい。

②興味をそそられて「面白い」の英語表現

何か面白いことない?
最近仕事が面白くなってきたぞ!

このように、興味をそそられたり、心が惹きつけられたりするという意味での「面白い」に対応する英語表現は、interestingが最も一般的です。

この仕事は面白い。
This is an interesting job.

This job is interesting.

I’m interested in this job.

※interestingを使った「〇〇は面白い」という表現は、基本この3パターンです。意味は全て同じなので頑張って覚えましょう!

A:なんとあの話にはどんでん返しがあったんだよ。
A:The story had a surprise ending.

B:それは面白い!
B:That’s interesting!

他には、intriguingfascinatingという表現もあります。very interestingやextremely interestingと言った感じで、とても面白い、すごく面白いと、interestingをより強調した意味になります。

彼女はすごく面白い性格だね。そう思わない?
She has an intriguing personality, doesn’t she?

東京はこれまで行ったことのある中で最も面白い場所です。
Tokyo is the most fascinating place I’ve ever been to.

③心が晴れ晴れする&快く楽しい「面白い」の英語表現

入学式は面白かった?
なにあの人!面白くない人だね。

このように、単純に爽快で明るい気持ちになれる物事や人を指して「面白い」ということもありますよね。このように、心が晴れ晴れしたり、快く楽しい気分だったりを表す「面白い」に対応する英語表現は、funまたはenjoyableが適当です。

昨日の夜はすっごい面白かったね!
We had great fun last night!

彼は一緒にいてとても面白い人です。
He is a lot of fun to be with.

彼女のレッスンはとても面白いものでした。
Her lesson was really enjoyable.

 
 
あわせて読みたい。

④一風変わっている「面白い」の英語表現

あの声優さん面白い声してる。
面白い味のカレーだね。

このように、「面白い」には、一風変わっている、普通と違っていて珍しいことを意味することもあります。こうした一風変わっている「面白い」の英語表現は、funnyまたはinterestingを使います。

面白いアイディアが浮かんだぞ!
I’ve got some funny ideas!

あなた、面白い見た目のジャケット着ているのね。
You’re wearing quite an interesting looking jacket.

 
 
あわせて読みたい。

まとめ

面白い 英語表現 フレーズ 使い分け 単語

「面白い」の英語表現を紹介しました。
日本語の面白いには大きく4つの意味があり、それぞれの意味で対応する英語表現が異なります。以下にてまとめているので、今一度確認しましょう。

【面白いに対応する英語表現】
1.つい笑いたくなる「面白い」の英語表現は、funny
2.興味をそそられて「面白い」の英語表現は、interesting
3.心が晴れ晴れする&快く楽しい「面白い」の英語表現は、funまたはenjoyable
4.一風変わっている「面白い」の英語表現は、funnyまたはinteresting

また、他にも「笑いたくなる程面白い」時に使えるスラングやフレーズも紹介しました。
会話はテンポが大事です。とっさの反応で適当な英単語やフレーズが出せるように、しっかりと覚えましょうね!

LINEで送る
Pocket







最初のコメントをしよう

必須