1. TOP
  2. 英会話フレーズ
  3. 「バッチリだった!」を英語で言うと? 3つの使える英語表現

「バッチリだった!」を英語で言うと? 3つの使える英語表現

LINEで送る
Pocket

試験を受けたり
デートに行ったりしたとき、

その結果に手応えを感じたときに
英語ではどのように表現できるのでしょうか。

日本人が言えそうで
なかなか言うことができない
表現は多くありますが、

今回は
手応えを感じたときに
使うことができる

「バッチリだった」という英語の
表現を紹介
します。

テストがあった時など

学生時代には
英語や数学、
期末テストなど

様々なテストを
受けたのではないでしょうか。

それらのテストの結果に
手応えがあったときに、

「テストどうだった?」
と聞かれて

「バッチリだった」
言いたい場合に使える

英語に次のようなものがあります。

1つ目は

I knocked it right.
直訳:正しく倒してやった

というようになります。

これを意訳して

正しくできた、ばっちりだった、
という意味合いになります。

2つ目は

I nailed it.

という表現です。

nail“には
釘を打つのような意味がありますが

「バッチリだった」
というニュアンスでも
使うことができます。

調子に関するその他の例はこちら
⇒「仕事の調子はどう?」を英語で聞いてみよう!

デートがうまく行ったときなどに!

3つ目は

It went great.

という表現です。

例えば、
誰かとデートに出かけた翌日に

友人などから

How did your date well?
デートどうだった?

と聞かれて
次のように答えることもできます。

It went great.
を細かく説明すると、

went“は
「いった」という意味ですから

It went“で
「それはいった」となり、

great“は
「素晴らしい」ですから、

組み合わせて
「うまくいった」という
感じの表現になります。

そのため、

It went great
と言うと

「うまくいった」
となります。

そこから
「バッチリだった」というように
訳すことができる

便利な表現ですから
ぜひ覚えておいてください。

 

まとめ

今回紹介したのは

I knocked it right.

I nailed it.

It went great.

という3つの表現です。

テストの結果を聞かれたときや
デートの様子を聞かれたときなど

「バッチリだった」
と言いたいときに

使うことができる
とても便利な表現です。

ぜひ実際に使ってみてください。

 

動画でおさらい

「「バッチリだった!」を
英語で言うと?
3つの使える英語表現」を、

もう一度、
動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。