recommendの意味と使い方|suggestやadviceとの違いも解説!

recommend 意味 使い方 英語 suggest advice 違い
LINEで送る
Pocket

日常会話だけではなく、ビジネス英会話でも頻出の英単語recommend
この単語の意味や使い方をすぐに答えられますか?

意味や使い方だけではなく、recommendに似た意味を持つ言葉とのニュアンスの違いを正確に覚えることも英語力向上への第一歩。
適切な単語を選べるようになるとネイティブとの会話もスムーズに進むようになりますよ!

本記事を参考に、recommendを使いこなせるようになりましょう。

recommendの意味と読み方は?

recommendはリコメンドと発音します。

日本語でも何かをおすすめするときにリコメンドという言葉を使うことがあるので、聞いたことがある方もいるかもしれませんね。
発音を聞いて正しい発音を確認しましょう。

リコメンド
recommend

recommendは他動詞として使われる場合がほとんどですが、自動詞としての意味もあります。

他動詞の場合は、(人や物事を、人に~すべきであると)薦める、推薦する、(~すべきと)勧告するなどといった意味で使われます。
一方、他動詞の場合は勧告する、勧告を出すという意味となるので覚えましょう。

recommendの主な使い方

recommend 意味 使い方 英語 suggest advice 違い

ここからは、recommendの主な使い方を見ていきましょう。

recommend+名詞or動名詞

最もよく使われる形は、recommendの後ろに名詞または動名詞が続くもの。
この場合の名詞や動名詞は目的語の扱いになり、~することを薦めるという意味になります。

ing形が続いても動詞ではなく目的語の役割を担っているので、現在進行形として訳さないよう注意してください。

私はこのレストランをおすすめする。
I recommend this restaurant.

その記事は落ち込んだ時は散歩に行くことを薦めている。
The article recommends going for a walk when you are depressed.

recommend that+主語+動詞

recommend that +主語+動詞もよく使われる表現です。
TOEICやIELTSなどの英語試験で見たことがある方も多いのではないでしょうか。

recommend that +主語+動詞は、(文頭の)主語が~することを薦めるという意味になります。
この場合、that以下の動詞の形に注意しなくてはなりません。まずは例文を見てみましょう。

彼女が中国語を毎日勉強することを薦める。
I recommend that she study Chinese everyday.

sheは三人称単数なので、動詞にはsをつけるのが鉄則ですよね。
この例文では主語がsheであるのにも関わらず、動詞が原形のまま使われていることに気が付いたでしょうか。

実はこれは提案や要求の意味を持つthat節の形は、that+主語+助動詞should+Vであること、またこの助動詞は省略される場合が多いことといった2つの理由があります。

英文法には、shouldやwould、couldといった助動詞の後ろには動詞の原形を伴うという決まりがあるので、助動詞の後ろは必ず動詞の原形にする必要があるのです。
今回の例文のように助動詞が省略されている場合、パッと見では分からない場合がほとんど。

that節に助動詞が省略されているものかどうかを文脈から読み取り、主語や時制に合わせて三人称単数現在形や過去形などにしないよう気をつけましょう。
英語力が高い人ほど間違えやすいポイントなので注意してくださいね。

recommend+代名詞+to(不定詞)

recommend+代名詞+to(不定詞)の形でも、~を薦めるという意味になります。
文法上は間違いではないものの、頻繁に使われる表現ではありません。

recommendを使う場合は、先ほど解説したthat節と一緒に使われると覚えましょう。
代名詞+to(不定詞)の形で使いたい場合は、次の項目で説明するsuggestやadviseが代わりに使えますよ。

私は彼に運動するように薦めた。
I recommended him to work out.

 
 
あわせて読みたい。

recommendとsuggest、adviseの違いは?

recommend 意味 使い方 英語 suggest advice 違い

recommendと似た意味を持つ代表的な単語は、suggestとadviseです。
ここからは、recommend,suggest,adviseの3つのニュアンスの違いについて詳しく見ていきましょう。

recommend:自信をもっておすすめする

recommendは、相手に自信を持っておすすめするときに使う単語です。

主に、目的達成のためにするべきことを伝えるときや、自信をもって提案し相手におすすめするときに使います。
相手にとっていいことを伝えるときはrecommendを使うと覚えると分かりやすいでしょう。

suggest:控えめにおすすめする

recommendは自信を持って提案するのに対し、suggestは控えめにおすすめするというニュアンスが強い表現です。

また、recomendやこのあとに紹介するadviseと比べてカジュアルな表現でもあります。
ちょっとした提案をするときには、suggestを使いましょう。

advise:専門家のような人がおすすめする

adviseは専門家や権威のある人がおすすめする、忠告するような場合に用いる言葉です。

そのため、recommendやsuggestと比較して強い提案をするときに使われ、かつフォーマルな表現となっています。
recommendとどちらを使うべきか迷ったら、主語となる人物がどのような立場にいる人なのかを考えると良いでしょう。

adviseは日本語のアドバイスと同じようなニュアンスで、助言のような意味合いが強くなっています。そのため、~したほうがいい、~しないほうがいいといった使われ方をする場合もあるので併せて覚えましょう。

recommendを使った英語表現5選

recommend 意味 使い方 英語 suggest advice 違い

ここまでは、recommendの意味や使い方、類似表現との違いを見てきました。
recommendについて理解が深まったのではないでしょうか。

それでは最後に、recommendを使った英語表現を見ていきましょう。

I would recommend:〜をおすすめする

I would recommendは、相手に何か提案をするときに使われる表現です。
I recommendということもできますが、wouldを使うことで丁寧な表現となるのでwouldを使うようにしましょう。

何かを提案したいときに簡単に使える表現といえます。

My recommendation is〜:私のおすすめは〜です

recommendの名詞形であるrecommendationを使ってmy recommendation is〜とすることで、私のおすすめは〜です、という意味になります。

英文を作成するとどうしてもIから始まる文章が多くなってしまうので、このように人ではなく物を主語にして文章を組み立てるテクニックも身に付けていきましょう。

strongly recommend that〜:〜を強くすすめる

何かを強くすすめたい場合は、強くを意味する副詞stronglyを使ってstrongly recommend thatと表現できます。

名詞形のrecommendationと合わせて使いたいときは、make a strong recommendationとすることもできますよ。

highly recommend:イチオシ

食べ物や飲食店、コスメなど、自分のイチオシのものを伝えるときに使える表現highly recommend

主語には人と物、どちらも使えますが、物の場合はhighly recommendedと受け身になる点に注意してくださいね。

Any recommendations?:おすすめはある?

おすすめを尋ねるときには、Do you have any recommendations?と言うことが一般的。
しかし、友人や家族など親しい間柄に対しては、Any recommendations?と聞くこともあります。

これはカジュアルな表現なので、相手によっては失礼な言い方になってしまいます。目上の人には使わないようにしてくださいね。

このほかにも、おすすめを聞く丁寧な表現方法としてCould you tell me your recommendations?があります。
丁寧なもの、カジュアルなもの、どちらも覚えることでそれぞれのシーンに合わせた使い方ができるようになりますよ。
 
 
あわせて読みたい。

まとめ

recommend 意味 使い方 英語 suggest advice 違い

今回の記事ではrecommendに着目し、recommendを使った様々な表現や似た意味の単語であるsuggestやadviseとの違いについて解説しました。
何かをおすすめしたいときの表現の幅が一気に広がったのではないでしょうか。
日常会話だけでなくビジネスシーンでも出番が多い表現ですので、会話の中に積極的に取り入れてみてくださいね。

recommendのように様々な単語と組み合わされる単語を使いこなすためには、辞典で出てきた意味を覚えるだけでは不十分です。
知識として蓄えるだけでなく実践で使えるようになるためには、英語例文も併せて確認するようにしましょう。

その用語が実際にどのように使われているかを知りたいときは、「recommend A to B 例文」のように検索をしてみてください。
例文をチェックすることで、その単語の使われているシーンや文法に気が付けますよ!
また、メールのような英文をチェックしたいときには、Weblioビジネス英文メールテンプレート文例集(Weblio Email例文集)を確認するのがおすすめです。

一つの辞書だけでなく、複数の辞書で同じ単語を調べることも単語に対する理解度が高まります。
ハイパー英語辞書、プログレッシブ英和など便利で使いやすい辞書はたくさんあるので、ぜひ2つ以上の辞書を使って調べてみてください。
例文データが充実している英辞郎on the WEB Proもおすすめですよ。

ほかにもWeblio辞書であれば、EDR日英対訳辞書といった専門用語辞典が情報提供をしているので一般的な辞書には載っていない単語も調べられます。
お手元のスマホ一つでこれだけ多くのオンライン辞書サービスが利用でき、調べたいときにぱっと意味を調べて表示できるのは、現代の利点でもありますね。必要なときは利用を検討してみましょう。

英語学習方法の正解は人によって異なります。
単語リストを作成して日常的にコツコツと勉強するのが向いている人、週に1日英単語Dayを作り集中的に単語を暗記する人、英語例文を作成することで身に付けていく方法が向いている人などさまざまです。

もし英語力の伸びがゆるやかになってきたと感じているのであれば、勉強スタイルを少し変えてみると良いかもしれません。
そのときの英語力によっても効果的な勉強方法は変わってきます。

初心者向けの勉強方法を上級者になってからも続けていては英語力の伸びに限界が出てきてしまうので、自分が今どれくらいのレベルに到達しているかを確かめながら勉強を進めていく必要があります。
勉強時間を増やすだけでなく方法を変えるだけでも英語力は伸びていくので、試行錯誤を繰り返して自分に合った勉強方法を見つけてくださいね!

LINEで送る
Pocket







最初のコメントをしよう

必須