メニューで使う英語をマスターしよう!海外のレストランで本当に食べたいものを注文するには?

メニュー 英語 おしゃれ 言い換え
LINEで送る
Pocket

海外旅行でレストランに行ったとき、本当は自分の食べたいものがあるのに英語でのコミュニケーションを避けて無難なオーダーをしてしまったり、頼んだものが自分のイメージと違いガッカリしたなんていう経験はありませんか?

この記事ではレストランで使う英語の中でもメニューについて掘り下げて紹介します。

旅行や海外滞在の予定がある人はもちろん、日本のメニューを英語で外国人に紹介したいときに役立つ表現もありますので、国際交流に興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。

メニューの英語の意味を再確認しよう

メニュー 英語 おしゃれ 言い換え

本題の前に、まず英単語の基本を押さえておきましょう。Menuとはレストランで提供されている料理のリストのことです。日本語ではお品書きですね。会話で使える重要表現は次のとおりです。

ランチメニューが豊富だね。
The Lunch menu offers a wide choice of dishes.

メニューを取ってくれませんか?
Could you pass me a menu, please?

ここで気を付けておきたいのが、和製英語ではメニューを「料理」という意味で間違って使っていることがある点です。

たとえば日本語では「オムレツは私の大好きなメニューです。」という言い方ができますが、英語ではできません。
Menuではなく料理を意味する単語のdishに差し替えて以下のように言うのが、正しい表現になります。

オムレツは私の大好きな料理です。
Omelet is my favorite.

メニューのもう一つの意味

またmenuには何かの一覧表という意味もあります。

テレビ番組の一覧表
a menu of television programs

ツールボタンをクリックして、プルダウンメニューからオプションを選んでください
Click on “Tools” and then select “Options” from the pull-down menu.

メインメニュー画面に戻るにはどうしたらいいですか?
How do I go back to the main menu?

パソコンのメニュー画面やメニューバーなど日本語でも日常的に使われている言葉なので、みなさんもお馴染みの表現ですね。
 
 
あわせて読みたい。

レストランのメニューで使われている英語をマスターしよう

メニュー 英語 おしゃれ 言い換え

英単語menuの正しい使い方を学んだところで、本題のレストランのメニューの見方について見ていきましょう。

英語メニューのカテゴリー分け

欧米のメニューでは料理名が以下のカテゴリーに分けて書かれています。
これを知っていれば、メニューを見るとき迷わなくて済みますね。

前菜・スターター
appetizer

イギリスではstarter

主菜
main

main course

サイドメニュー
side

デザート
dessert

アメリカ英語では主菜をentrée(アントレー)と呼ぶこともあります。

entrée

Entréeはフランス語が語源でヨーロッパでは前菜のことを指しますが、アメリカのレストランではもともとの意味がなくなってしまい、今ではメイン料理の事を指します。

ネイティブでも勘違いをしてしまいそうな面白い単語ですよね。

単品メニューを英語で何という?

日本語の単品メニューはa la carteと訳されることが多いですね。

a la carte

appetizer、side、starterを単品注文しても構いません。

以前は欧米のレストランではmainに対してsideやstarterを注文するのが一般的と言われていましたが、実はそんなことはありません。

最近は欧米でもレストランで友人と料理をシェアする光景をよく見かけるようになりました。また「starterはいらない」という人は、よほどフォーマルな席でなければ自分だけスキップをしても失礼にはならないので安心してくださいね。

英語のコースメニューは実はセットメニューのこと

コース料理とはいくつかの料理が連続してでてくる形式のことをいいます。
Courseの前に品数をつけてFive-course mealというように書きます。

Five-course meal

高級レストランでは、なんと12以上の料理がでてくるコース料理もあるんだそうです。
ですが、一般的によく使われる表現はThree-course mealやTwo-course meal程度なので、以下を覚えておきましょう。

Three-course meal

Two-course meal

これはstarter、main、dessertからそれぞれ1品、好きなものを選んで注文する形式で、set menuと呼ばれることもあります。日本でもよくある形式ですね。おすすめ料理がセットになっていることが多いので、メニューを見るときは、まずthree course meal があるか探して見るといいでしょう。

Two course mealの場合はdessertが付きません。日本のセットメニューと違って、飲み物が別注文なのは残念ですね。

レストランでの基本的な注文を復習したい人はこちらの記事もおすすめですよ。
 
  
あわせて読みたい。

おすすめメニューを英語で聞くときの必須フレーズ

メニュー 英語 おしゃれ 言い換え

海外旅行では、その土地でしか食べられない特別な料理を食べたいもの。
ですが店員さんに、何がおすすめですか?
とシンプルな質問をしても、なかなか会話が進まないこともあります。「今日はどんな気分?」などと質問で返されてしまうこともあるでしょう。

レストランでおすすめ料理を聞くときのコツは具体的な質問をすることです。

何がおすすめですか?
What do you recommend?

会話を掘り下げたいなら、以下の4つの質問を試してみてください。

この店ならではの自慢料理はありますか?
Is there a house speciality?

この地域の特産品を教えてください。
What is a local speciality of the area?

Specialityはアメリカ式のスペルでイギリスではspecialtyとつづります。

魚料理からおすすめのものを教えてください。
Can you recommend a fish dish from the menu?

(私のオーダーした)ワインと相性のいい料理はどれですか?
Which dish would be good with this wine?

またsignature / signature dishにもシェフの特製料理、看板料理という意味があります。

signature

signature dish

日替わりメニューを英語で注文したい

日替わりメニューはdaily menuと表現されることが多いですが、欧米では日本ほど日替わりメニューに魅力を感じない人が多いかもしれません。理由は日替わりメニューはチェーン店や安めの食堂などで提供されることが多く、日本のように「その特別な料理」のイメージはないからです。

daily menu

もう少しおしゃれな表現にしたければこちらが使えますよ。

menu of the day

today’s special

期間限定メニューを英語で言い換えるなら

期間限定に弱いといわれる日本人ですが、実は欧米では限定メニューという表現もあまり使われないんです。日本のようにはっきりとした四季の移り変わりがない欧米では、レストランが季節ごとにメニューの追加や変更をすることはあまりありません。

期間限定 limited time offer

数量限定 Limited availability

あえて直訳するならこのような表現がありますが、limited time offerは期間限定の値下げ、limited availabilityはなくなり次第終了という場面で使うのが自然です。

その時期だから食べられる特別な限定メニューにはseasonalを使うといいでしょう。

松茸ご飯は季節限定の料理だよ。
Matsutake rice is a seasonal dish of this restaurant.

 
 
あわせて読みたい。

まとめ

メニュー 英語 おしゃれ 言い換え

いかがでしたか?今回はレストランで使える英語の中級編としてメニューの見方をピックアップしてみました。

今までレストランでのコミュニケーションに苦手意識があったという人も、これをきっかけに少しづつ新しい料理と英語表現にチャレンジしてみてくださいね!

LINEで送る
Pocket







最初のコメントをしよう

必須