1. TOP
  2. 発音
  3. 英語のLの発音方法。ネイティブは書かれていないのは発音しない!

英語のLの発音方法。ネイティブは書かれていないのは発音しない!

 2019/04/22 発音
 
LINEで送る
Pocket

Lの発音は、ラ・リ・ル・レ・ロとカタカナで覚えられるほど単純で優しい音ではありません。

Lの発音は日本語とは発音の仕方が異なり、英語のLは日本語にはない音です。
そのため、日本人にとっては難しい発音で、習得するにはコツがいります。

今回は、難しいといわれているLの発音方法について紹介します。
Lの発音以外にも、アメリカ英語、イギリス英語と地域によって発音が異なる単語も多々あります。

舌の感じや口の形、音の出し方など練習してぜひ習得してくださいね。

英語Lの発音をマスターするために

lの発音は、
lから始まっている単語
lが途中に含まれている単語
で異なります。

例えば、playなどの単語は、pを発音した直後にlを発音することになるため、舌の使い方が少し複雑になり、難易度が上がります。
そのため、lから始まる単語の方が発音しやすいのです。

最初は、lからはじまる単語で発音を確認し、次に単語の途中にlが含まれているものを練習していきましょう。

簡単な単語→難易度の高い単語の順番で訓練し、さまざまな単語が発音できるようになりましょう。

日本語ラの発音は?舌の位置を確認しよう

まずは、日本語のラの発音方法を確認していきましょう。
最初にといってみてください。次に、という寸前で止めてください。

日本語におけるラリルレロは、前歯の上の方に舌が当たってから落ちています。
要するに、ラリルレロの発音は、舌が上あごの方に当たるのが正しい舌の位置です。

以下三つの単語を日本語発音してみると、舌の当たる位置が全て同じになります。

light=ライト
lead=リード
lake=レイク

では、次に英語のlの音について確認してみましょう。

こちらの記事も参考になります。

英語とカタカナで音が違う?

英語のlの音は、日本語のラ行を発音する舌の位置と異なります。

英語のlを発音する時は、歯茎に舌を押し当てます。歯茎に舌を当てた状態で、lightといってみましょう。

日本語のラ行は、口の上の方に舌が当たっていました。日本語と英語では、舌の位置が違うことが分かります。
よって、発音される音も全く異なります。

light、lead、lake

上記の単語は先ほどお伝えした通り、カタカナ発音だとライト、リード、レイクです。
ただ、英語の発音だと発音方法から異なるため、聞こえ方が違います。
よって正しく発音しないと聞き取ってもらうことができません。

大切なのは、舌の位置を意識することです。
英語のlを発音する時は、前歯の歯茎の裏辺りに舌をもっていき、そして発音します。するとカタカナの発音も、lの音に変わります。

書かれていない音は発音しない!

今度は、単語の中にlが入るパターンです。

例にあげる単語は、play(pleɪ)とfly(flάɪ)です。
これらの単語のように、lの前に子音が入るときには注意が必要です。

まず、playpをカタカナで書くと、それをローマ字で書くとpuという音になります。
同様に、flyfuという音になります。

ただ、どちらの単語にも、英語の綴りの中にはuは見当たりません。
つまり、play、flyという単語は、pulay、fulyのようには書かれていないということです。

書かれていない音は誤って発音しないように気をつけましょう。

Play、Flyを発音してみよう

それでは、発音方法についてです。

pから始まる単語は、プッというような唾を吐いてるイメージで発音しましょう。
プッと発音した後に、舌を前歯がある歯茎の裏の少し上辺りにつけてみましょう。

プッレイと発音できたら、プッを短めにいうとplayになります。
プッと発音してから舌を歯茎の裏の上辺りにつけてplayと発音します。

では次にflyです。先ほどのplayと同じイメージでフッと発音します。
さらにlの舌の位置を意識し、最後にフッライとくっつけてみましょう。

これがflyの発音になります。

LとRで意味が違う単語になる!?

lの発音が強すぎたり、弱すぎることでrの音だと勘違いされてしまうことがあります。

lrが入れ替わることで、意味が変わってしまう代表的な単語を紹介します。

  • ライス :lice(シラミ)/rice(お米)
  • ライト :light(光、軽い)/right(右、正しい)
  • フライ :fly(飛ぶ)/fry(揚げ物)
  • プレイ :play(遊ぶ)/pray(祈る)
  • グラス :glass (ガラス)/grass(芝生)
  • ロード :load(積み荷)/road(道路)
  • レース :lace(ひも、レース)/race(水路、競争)
  • アライブ:alive(生きて)/arrive(到着する)
  • フリー :flea(ノミ)/free(自由)
  • リバー :liver(肝臓)/river(川)
  • ブリード:bleed(出血する)/breed(産む、育てる)
  • ラブ  :love(愛する)/rub(こする、摩擦する)

間違って発音すると、意味も大きく変わってしまいます。これでは伝えたいことも伝わりません。
誤った内容を伝えないためにも日頃から気をつけて発音しましょう。

こちらの記事もおすすめ。

まとめ

lの発音方法について紹介しました。
rに関しては、日本語のラ行に近いといわれているため、やや難易度は下がります。

しかし、lに関しては舌の位置など意識しなければ正しく発音できません。
この舌の位置は、英語独特の使い方です。今回紹介した方法を参考に練習してみましょう。

お伝えした通り、lではじまる単語から練習すると習得しやすいです。
ぜひ、lの発音をマスターして英会話を楽しんでくださいね。

動画でおさらい

英語のLの発音方法。ネイティブは書かれていないのは発音しない!を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語に関係する仕事を始めて14年目。
累計20万人の英語学習者の悩みに答えてきた英会話エキスパート。