1. TOP
  2. 発音
  3. 知らないとぜんぜん通じない「Egypt」のネイティヴ発音

知らないとぜんぜん通じない「Egypt」のネイティヴ発音

 2018/07/28 発音
 
LINEで送る
Pocket

普段日本語の会話の中で出てきて、日本語の発音のままだと英語として全く通じない国名は、たくさんあります。その中のひとつ、「エジプト」の正しい英語の発音を紹介します。

エジプトは世界四大文明発祥の地のひとつで、クフ王のピラミッドやスフィンクスがあり、世界的に大変有名です。日本でもほとんどの方がエジプトという国名を聞いたことあるでしょう。

ただ、日本語のエジプトと英語のEgypt 、指しているものは同じでも、発音が大きく異なります。

「エジプト」の発音

この Egypt という単語ですが、そのままローマ字読みをした場合、「エ・ジ・プ・ト」となります。

しかし、ネイティブは「エ・ジ・プ・ト」とは発音しません。

Egypt E はローマ字読みをすると「エ」ですが、ネイティブはこれを「イ」と発音します。

A・B・C・D・E
E(イー)です。E(イー)の音を使って「イー・ジ(ェ)・プ・ト」、アクセントはEにつきますので、「イー」を一番強く発音します。

日本語は母音が強い

日本語というのは母音が非常に強い言語です。

どういうことかと言いますと、「エ・ジ・プ・ト」と発音する場合、一文字ごとに母音が強く聞こえてきます。

「エ」、「ジ」の発音に加え「イ」、「プ」の発音の次に「ウ」、「ト」の発音の次に「オ」が入っているのです。

私たち日本人は、無意識のうちに「エ・ジイ・プウ・トオ」と発音しています。

エジプトだけではなく、日本語では数多くの単語において一文字ずつ母音と一体になった発音が身に付いているのです。

ネイティブは Egypt を「イー・ジ(ェ)・プ・ト」と発音します。

英語は子音が強い

英語は母音よりも子音のほうが多い言語です。ローマ字読みとは全く発音が異なります。

ネイティブのEgyptEは「エ」ではなく「イ」と発音しますし、Egygyにはどこにも I「イ」 の発音が入っていません。

また、Egy の次の P「プ」はローマ字で書くと「Pu」になりますが、ネイティブの発音に「Pu」の U「ウ」は入らないです。

ローマ字読みの母音の発音を入れないことを意識して「イー・ジ(ェ)・プ・ト」と発音すると、ネイティブの発音に近づきます。

母音よりも子音を強調させることを意識して、ぜひ練習してみてください。

日本語と英語、母音と子音の関係

私たち日本人が日常使う日本語の発音は、「アイウエオ」=「a i u e o」の5つの母音があり、子音は常に母音と合わさっています。

a i u e o
ka ki ku ke ko・・・

すべての日本語の音は、子音だけの文字はなく、子音と母音が必ずセットです。文字の数だけ、母音が含まれています。

一方英語はどうでしょうか。

英語の母音も日本語と同じく「a i u e o」の5つ、文字数としては日本語と変わりありません。

しかし、単語の中で発音が変わるため、母音の音の数は日本語の5個よりもはるかに多く存在します。英語の母音の個数に関しては諸説ありますが、判断基準によって16~30近くあるとのこと。

私たち日本人にとって、母音の発音を区別するのは至難の業ですね。

また英語の子音は日本語と違って、子音のみでも音として成り立つのも特徴です。

このように、英語と日本語では、母音の役割や性質が根本的に違います発音の中心となるのが、英語の場合は子音であって、日本語の場合は母音であるということです。

例えば、stopという英単語、日本語だと「ストップ」と読みますね。スのあとのウ、トのあとのオ、プのあとのウと、3つの母音が含まれています。

しかし英語だとstopは、spには母音を含まず、子音の発音のみです。

「ス・タッ・(プ)」と発音し、母音が入るのは「タッ」の「a」だけになります。

日本人が、英語の発音に対して難しく感じたり苦手だったりするのは、英語の子音の扱いが日本語とぜんぜん違うからなんですね。

日本人の多くは、英語の発音をするとき、子音のみの音の文字でも、ない母音を子音と一緒に発音してしまいがちです。

英語の発音では子音が大きなカギになります。

まとめ

使い慣れている日本語と違い、英語の発音では苦労することは多いですよね。

特に、もともと英語で日本語としても使われる単語に関しては、日本語のように発音しても全く通じません。
国名の「エジプト」はその代表例です。

日本語は一般的に母音が強い言語で、一文字ずつに母音が含まれています。
英語は母音よりも子音のほうが強い言語で、子音の音のみの文字が存在します。

日本語と英語の発音の違いを念頭に置いて、ネイティブの発音を聞いてみてください。

そして、どんどん真似をして、繰り返し練習を続けていきましょう。

動画でおさらい

知らないとぜんぜん通じない「Egypt」のネイティヴ発音を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。