「hat」と「hut」の英語発音の違い。自分で何度も言ってみよう

LINEで送る
Pocket

日本語だと同じハットと発音してしまう
hatと

hut。

英語における発音の違いは、どこにあるのでしょうか。

このような場合、ネイティブの発音をよく聞いていると、その微妙な音の違いに気が付くはずです。

今回は聞き分けが難しい単語を紹介しますので、実際に声に出しながら違いを感じてください。

hatの発音

hatの意味は帽子で、発音記号はhætとなります。

発音のポイントはhatのa、発音記号で言うとæの部分にあります。

では、æの発音の正しい発音を練習してみましょう。

日本語でと、少し口を横に広げ気味に発音します。の発音をした口を保ったままと言ってみましょう。

アとエの中間の音が出せていれば、正しくæの発音ができています。

head

と言うときのeの発音がhataによく似ています。

æの発音は日本語には存在しない発音なので難しく感じる人もいるでしょう。

æの発音のコツは日本語のエを意識することです。コツを掴んで正しく発音できるように何度も練習してみてください。

hutの発音

次にhutの発音を見ていきましょう。

hut小屋という意味で、発音記号はhʌtになります。

hut
uはどちらかと言えばに近い発音です。ʌは口の真ん中を意識し、軽く口を開けてと発音してください。

日本語でと言うときに比べて、少し口の開き方を控えめにするイメージです。

日本人だとhutの方がhatより発音しやすいはずです。

æとʌの違いを練習しましょう

æの発音 ʌの発音
bath
(bæθ)
bus
(bʌs)
fan
(fæn)
fun
(fʌn)
cat
(kæt)
cut
(kʌt)
bag
(bæg)
bug
(bʌg)
cap
(kæp)
cup
(kʌp)

hotの発音

hot

も、hathutと似た発音の単語です。
どのように違うのか、きちんと区別をできるように覚えておきましょう。

hotの発音記号はアメリカ英語でhɑ́t、イギリス英語では hɔ́tになります。

άの音は日本語のに近い音で、ɔ́の音はに近い音になります。

アメリカ英語ではhotは日本語でハットと言うときとに近い発音になりますが、イギリス英語ではホットに近くなります。

アメリカ英語とイギリス英語で発音が異なるので注意してくださいね。

まとめ

hat, hut, hotそれぞれの単語の音の違いが分かりましたか?

何度も自分で発音し続けるうちにだんだんと区別がつくようになり、自分のものにしていくことができるでしょう。
頭で発音の違いを意識しながら、実際に繰り返し発音してみてください。

日本語にはない音は慣れるまでは難しいですが、諦めずに練習してくださいね。

動画でおさらい

「hat」と「hut」の英語発音の違い。自分で何度も言ってみようを、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket