「いつか」の英語表現は3つ|someday/sometime/one dayの使い分け

英語 いつか someday sometime one day きっとまたいつか いつか必ず

いつかまた会いましょう!
いつか食事に行こう!
いつか見た流れ星覚えてる?

いつかという言葉は日常会話でよく使いますよね。では、このいつか、英語ではどう表現するのでしょうか?

いつかの英語表現といえば、somedayがまず思い浮かぶ人が多いでしょう。しかしネイティブは、いつか=somedayとは捉えていません。いつかを表す一般的な英語表現は、他に2つあります。

この記事では、いつかの英語表現を3つ紹介します。それぞれの詳しい意味と使うシーンを例文と共に解説します。また各表現の違いを比較しながら、細かいニュアンスも確認します。

いつかの英語表現3つをマスターして、シーン別に使い分けましょう!

「いつか」の英語表現

英語 いつか someday sometime one day きっとまたいつか いつか必ず

日本語のいつかには大きくわけて2つの用法があります。
一つは、いつか~したいと、未来の不定の時を表すいつか。そのうちに、やがて、いずれはなどと言い換えることが出来ます。

もう一つは、いつか~したと、過去の不定の時を表すいつか。いつぞや、以前になどと言い換えることが出来ます。

この未来と過去のある時を意味するいつかの英語表現を3つ紹介します。

いつか
①someday

②sometime

③one day

ここからは、それぞれの表現のもつニュアンスや使うシーンを例文とともに解説していきます。

①someday

英語 いつか someday sometime one day きっとまたいつか いつか必ず

somedayは、未来のいつかの時点を指す漠然とした表現です。どのくらい先(未来)かも、いつになるかもわからないいつかを表します。
いつの日にかという日本語訳がピッタリくる英語表現です。
例文で使用シーンを確認しましょう。

いつかマイホームを買いたいな。
Someday I want to buy my own house.

※マイホーム(my home)は和製英語。英語ではone’s own houseと表現します。

いつの日かわかるだろう。
Someday we’ll know.

※99年にヒットしたNew radicalsのタイトルで有名なフレーズです。

明日明後日といった未来ではなく、どちらかというと遠い未来を想定した文章で使われます。

somedayとsome dayの違い

somedayと言い換え可能な表現としてsome dayと2語に分けて表記する表現があります。
いずれもいつかの意味がありますが、厳密に言うとsomedayとsome dayには違いがあります。

someday
=some time in the future

(未来のある時間または時期)

some day
=a single day that is unknown or not specified

(不明または不特定の一日)

somedayが、未来のある不特定の時間を指すのに対して、some dayは不特定の日(一日)を指します。
そのため、somedayをsome dayに言い換えることは文章によって可能でも、その逆は出来ないので注意しましょう。
 
 
あわせて読みたい。

②sometime

sometimeは、はっきりした日時を示さない、ある時点を漠然と指す表現です。未来のある時点にも過去のある時点にも使えます。
未来のいつかを指す時には、そのうち、近々、近いうちといった訳、過去のいつかを指す時には、以前にやかつて、ある時と訳すことができます。
例文で使用シーンを確認しましょう。

そのうちやるよ。
I’ll do it sometime.

昨日の夜のいつかに火事があった。
There was a fire sometime last night.

※sometime 〇〇の形で、〇〇のいつかという表現になります。sometime next week(来週の何時か)、sometime next month(来月のいつか)などよく使う表現はそのまま覚えてしまいましょう!

この本は18世紀のいつかに書かれました。
The book was written sometime in the 18th century.

このように、sometimeは、somedayに比べると現実的ではありますが、はっきりとした日時は言わない(わからない)、以前として漠然感が残る言い回しです。

sometimeとsome timeの違い

sometimeは、some timeと2語に分けて表記することもあります。いずれもいつかの意味を持つので、sometimeからsome timeへの言い換えは可能です。
しかし、some timeにはしばらくの間という別の意味もあるため、逆の言い換えが出来ないケースは注意が必要です。

③one day

one dayもsometime同様、未来にも過去にも使える漠然とある時点を指す表現です。
未来のいつかを指す時には、強い意志や願望が含まれます。過去のいつかを指す場合は、ある一点の時を指すことが多いです。
例文で使用シーンを確認しましょう。

いつか、オリンピック選手になりたい。
One day, I wanna be an Olympian.

※wannaはwant toのスラングとして会話でよく使われる表現です。

いつか見たキレイな夕日を覚えてる?
Do you remember the beautiful sunset we saw one day?

one dayはsomedayやsometimeと違い、ほおっておけばいつかやってくるかもしれない漠然とした未来ではなく、自分の意志で実現していくという意志が込められた未来のいつかを表現します。

なお、one dayには、onedayのように1語にまとめて表記する書き方はありません。必ずone dayと2語に分けて表記します。
 
 
あわせて読みたい。

sometimeとsomedayの違い

sometimeとsomedayは、いずれもsomeから始まりいつかを意味しますが、この2つには違いがあります。
まず、一番大きな違いは、somedayは未来のみに使い、sometimeは未来と過去の両方に使えるという点です。
つまり、I saw him sometime in the autumn.(秋のいつかに彼を見かけた。)と言えても、I saw him someday in the autumn.ということはできません。

また、間隔の長さにも違いがあります。
sometimeとsomedayでは、いつかまでの間隔が異なります。

sometime
=いつかまでの間隔が短い

someday=
いつかまでの間隔が長い

例えば、友人にLet’s have dinner sometime.(いつか一緒に夕食に行こう)と誘ったとします。
この夕食に行く日はずっと遠い先の未来ではなく、近々実現させる予定のつもりですよね。
こういった場合には、 いつかまでの間隔が短いsometimeを使います。近々、そのうちにといったニュアンスで、どちらかというと日常的な行動に対して使うことが多いです。

いつかまでの間隔が長いsomedayは、例えば、I want to be a professional soccer player someday.(いつかプロのサッカー選手になりたい)将来の夢を語る際などに使います。いつの日か、遠い未来といったニュアンスで、比較的大きなイベントに対して使うことが多いです。

この間隔の長さの違いから、sometimeは、sometime this week(今週のいつか)のように限られた期間の中でのいつかを指すのに対し、somedayは漠然と未来のいつかを指します。
sometime next week(来週のいつか)とは言えても、someday next weekとは言えないので注意しましょう。

one dayとsomedayの違い

dayが共通しているone dayとsomedayの違いを確認しましょう。
sometimeとsomedayの違いと同じくここでも、一番大きな違いは、somedayは未来のみに使い、one dayは未来と過去の両方に使えるという点です。
One day I cried so hard.(いつかすごく泣いたな)と言うことは出来ても、Someday I cried so hard.とは言えません。

もう一つの違いは、ニュアンスの違いです。
one dayは、いつか必ずといったニュアンスがあり、具体的ないつかを表します。
例えば、One day I will be a singer!(いつか歌手になるぞ!)という具合に、いつか~するぞ!といった意気込みなどはone dayを使います。one dayを使うことで、いつか本気で達成したいという意志や願望が伝わります。

一方、somedayは、いつになるか分からないけどといったニュアンスがあり、漠然としたいつかを表現します。one dayのように、自分の意志によって引き寄せるいつかではなく、時の流れによって自然に訪れるいつかと言った感じです。例えば、海外旅行先で出会った人に、またいつか会いましょう!という場合は、I hope to see you again someday!と言うのが自然です。いつまた会えるかは分からないけど、いつかそのうち会えるといいねというニュアンスが出ます。

one day
=何か強い意志や願望があることによって来るいつか

someday
=漠然としたいつか

ニュアンスの違いを踏まえて、いつかオーストラリアに行きたいの英文をone dayとsomedayで比較してみましょう。

いつか私はオーストラリアに行きたい。
Someday I want to go to Australia.

→なんとなくオーストラリアにいつか行ってみたい

One day I want to go to Australia.

→いつか必ずオーストラリアに行くぞ!

こうして比較してみると、違いがよくわかりますよね。
 
 
あわせて読みたい。

まとめ

英語 いつか someday sometime one day きっとまたいつか いつか必ず

いつかの英語表現を紹介しました。日本語ではいつかの一言でも英語では3通り。

someday,sometime,one dayは、それぞれニュアンスや用法が違います。それぞれを比較した例文のシーンをしっかりと想像しながら頭に叩き込みましょう。
使用シーンとニュアンスを把握することで、実際に自分が使う時の気持ちが相手にしっかりと伝えられるだけでなく、相手が使う時の気持ちも理解できます。

さあ、来週のいつかにデートをしたい場合は、someday,sometime,one dayのどの表現が的確でしょうか?

来週の何時かデートに行こう!
Let’s go out sometime next week!

さっそく使ってみてくださいね!

最初のコメントをしよう

必須