1. TOP
  2. 発音
  3. 「goods」などのdsとzの発音の違いは?

「goods」などのdsとzの発音の違いは?

 2019/06/26 発音
 
LINEで送る
Pocket

日本語でもよく使われるgoods(グッズ)という単語。よく見ると語尾はdsですが、これで「ズ」と発音します。

それではdsのズとアルファベットのzのズでは何か違いがあるのでしょうか?
今回は英語で頻繁に登場する発音「ズ」について説明します。

goodsのds「ズ」

英語では複数形にするときに、sをつけますよね。

goods, beds, headsのように単語の語尾がdの場合、sがつくとと発音します。辞書にある発音記号を見てましょう。

goods [gˈʊdz]
beds [bɛ́dz]
heads [hɛ́dz]

これらの発音記号の末尾、[dz]から分かるように、goodsなどのdsの発音はzと同じなのですね。
実は、ネイティブでも使い分けていないぐらいなのです。

becauseのse「ズ」

goodsの他にも、下記のようにseで終わる単語でと発音するものがあります。

because [bɪkˈɔːz]
choose [tʃúːz]
注)語尾がseの場合、全てがと発音するとは限りません。

ちなみに、ネイティブの人はbecauseを略してCZと書くことがあります。
元の単語にはzが入っていないのに、略したものにzが入っていますね。これは語尾をの音で発音するからです。

「Fan」と「Fun」の発音の違いについてはこちらの記事もおすすめ。

まとめ

というわけで、今回紹介したgoodsのdsとz、またbecauseのseは全て同じズの発音で大丈夫です。

ただ発音を意識しすぎてしまうと、発音そのものが変わってしまったり、相手の発音が聞き取れなくなってしまうこともありますので、特に気にせず英会話を楽しんでください。

動画でおさらい

「goods」などのdsとzの発音の違いは?を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語に関係する仕事を始めて14年目。
累計20万人の英語学習者の悩みに答えてきた英会話エキスパート。