1. TOP
  2. 発音
  3. 「MANHATTAN」発音は「マンハッタン」ではありません

「MANHATTAN」発音は「マンハッタン」ではありません

 2018/05/19 発音
 
LINEで送る
Pocket

ニューヨークの地区名であるManhattan。

カタカナ英語だとマンハッタンとして知られていますが、アメリカ人の方に「マンハッタン」と言っても残念ながら通じることはないでしょう。

実は、Manhattanのネイティブらしい発音とカタカナ英語のマンハッタンには大きな隔たりがあるのです。

今回はこのManhattanという単語の正しい発音方法を通して、いろいろな単語の発音に役立つ知識を身につけましょう。

マンハッタンの正しい発音とコツ

アメリカ旅行でニューヨークへ行くと、5番街やタイムズスクウェア、セントラルパークにブロードウェイなど、たくさんの観光名所があるマンハッタンを観光したいものですよね。

そんなとき、タクシーに乗って「マンハッタン」と言っても通じない!と困らないように、これから正しい発音について解説します。

マンハッタンの音節

音節が分かると発音のコツがつかみやすくなるので、まずは単語の音節についてお話ししましょう。この音節とは、ネイティブにとって1つの音だと感じる発音の最小単位のことで、日本語での拍と同じ意味合いを持ちます。

たとえば、日本語の新聞は4拍(し・ん・ぶ・ん)となるのですが、このような単語を構成する最小単位の音を、英語では音節と言うのです。

では、Manhattanの音節を見てみましょう。Man・hat・tanと、3つの音節になります。カタカナで表現してみると、マン・ハトゥ・ンになります。

Manhattanの発音のコツ

音節は分かりましたが、区切ったとしても発音はマン・ハッ・タンではありません。

辞書を引いてみると、発音記号はmænhǽtnとなっています。では、これはどう発音すれば良いのでしょうか?

発音記号を基に、発音の仕方やコツを解説しますので、練習に役立ててください。

第一音節のmæn(マン)は、口を横に広げてメの形にしながらマと発音します。

そしてすぐに、舌を前歯の裏につけてください。口から息が出るのを、唇を閉じて止めるのではなく、舌で止める(=鼻でンという音を出す)感じです。

第二音節のhǽt(ハトゥ)は、先ほどのマと同じ口の形のまま、ハと発音して舌を前歯の裏につけてください。

そして勢いよく息を吐くようにして、トゥの音を出します。

トゥははっきりと声に出して言うのではなく、息の破裂音で表現する感じです。ちなみにアクセントはこの音節で、ハの音にあります。

第三音節のn(ン)では、口の形はまだ先ほどと変わりません。

そして(トゥの後で)舌の先をまた前歯の裏につけたら、軽くヌと言う感じでンと発音してください。

ここでも唇は閉じず、開いたままでの発音になりますが、第一音節のンよりは、はっきりとしたンの音になります。

いかがでしょう?文字で読むと何だか難しそうに感じるかも知れませんが、練習をしている内に口や舌が動きに慣れてきて、早く巧く発音できるようになってきます。

慌てずゆっくり、楽しみながら練習してみてくださいね。

マンハッタンを映画のように発音するには

Manhattan」の発音が、カタカナ英語のマンハッタンとは大きく違うことがわかりました。

この違いを生むのは、2つ続いているtです。tが2つ続く場合、ラに近い発音をすると、よりネイティブらしく聞こえる音になります。

マンハまでは、カタカナ英語のままでも問題ありません。

その後の2つ続いたtをラの音に変換するとランになりますので、カタカナ英語で表すのならマンハランが、ネイティブらしい発音となります。

Manhattanマンハランと発音する、と覚えておきましょう。

ttはラリルレロに変えて発音しよう

このように2つ続くtラリルレロのいずれかの音に変わる単語は、他にもいくつかあります。

例えば、bottleやlettuce、butterという単語です。

bottleは日本人がよく知るカタカナ英語だと、ボトルとなります。でも、ボトルではやはり通じません。

ttがラリルレロに変わる法則を考えると、ボロゥと発音するのが正しいでしょう。

lettuceという単語も、カタカナ英語だとレタスですが、上の法則に当てはめればレラスがよりネイティブらしい発音となります。

butterもカタカナ英語ではバターなのですが、他の単語と同様に、ttをタではなくラの音に変えてバラーと発音したほうが、ネイティブらしく聞こえます。

発音記号通りの正確な発音をしなければ!と、気にし過ぎないようにしてください。余り構えず、こういったコツを活用しながら気軽にどんどん話してみましょう。通じる楽しさが、英語の上達を後押ししてくれますよ。

「MANHATTAN」発音は「マンハッタン」ではありませんまとめ

このようにttがラリルレロに変わって発音される単語は数多くあります。Manhattanのようにtが2つ続いている綴りを見つけたら、頭の中でラリルレロに変換する癖をつけておくといいでしょう。

動画でおさらい

「「MANHATTAN」発音は「マンハッタン」ではありません」を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。