数字の英語表現1〜100!基本を覚えれば簡単!発音も紹介




LINEで送る
Pocket

数字を数える時、意識しなくても「ワン、トゥー、スリー」と自然と英語でカウントしていることはありませんか?10までは比較的スムーズに出てきても、それ以上の100までの数字の英語表現が、パッと答えられるかというと、「あれっ?あの数字はどうだったかな…?」と、一瞬考えてしまう方が多いのではないでしょうか?

数字の表現をマスターすると、海外旅行中の買い物やネイティブの方とのメールなどのやり取りもスムーズにいくため、英語を学ぶ上ではしっかり抑えておくべきポイントです。しっかり覚えて使いこなしてくださいね!

基本中の基本!1~10の数字

多くの方が1から10までは問題なく書けるでしょう。

1 :One

2 :Two

3 :Three

4 :Four

5 :Five

6 :Six

7 :Seven

8 :Eight

9 :Nine

10:Ten

スペルも読み方も比較的わかりやすいため、もしあやふやなものがあった場合は、きちんと覚えなおしておきましょう!

10から上の数字

では10以上の数字はどうでしょうか?
まずは、11から19までを書いてみます。特殊なのは11と12を表す単語です。

11:Eleven

12:Twelve

13以上は1の位の数字の語尾に「teen」をつけるだけです。

13:Thirteen

14:Fourteen

15:Fifteen

16:Sixteen

17:Seventeen

18:Eighteen

19:Nineteen

単純に1の位の数字に「teen」をつけるものと少し変化するものがありますので注意が必要です。

20以降は、まず、20、30、40といった10ごと、1の位がゼロのときの表記は語尾に「ty」をつけます。

20:Twenty

30:Thirty

40:Forty

50:Fifty

60:Sixty

70:Seventy

80:Eighty

90:Ninety

こちらも単純に語尾に「ty」をつけるもの、少し変化するものがあります。14のfourteenと40のfortyで、「u」があるかないかが変わるため、間違えないように気をつけましょう。

数字に関する英語表現はこちらの記事も参考になります

-teenと-tyの2種類を使う

これまで紹介した数字の表記には、「-teen」と「-ty」という2種類の規則がありますね。

まず13から19までが「-teen」という表記になります。「teen」というと、「teenager」(ティーンエイジャー)という言葉がすぐに浮かぶと思いますので、「10代はティーン!」と覚えるといいかもしれません。

そして、20以降90までの10の位は、最後が「-ty」で終わります。2から90までの英語表記に「ty」をつけるようなイメージです。

ただし、2は「two」ですが20は「twenty」、4は「four」ですが40は「forty」など、単語の変化に注意してください。 とにかくまずここまで頑張って覚えてしましょう。

その他の数字の英語表現表現のトピックはこちら

あとは数字をくっつけていくだけ!

基本の数字を覚えたら、あとは簡単です。21などの数字を言いたいときも、10の位の単語に1、2、3、4、5といった1の位の数字を付け加えていくだけで、残りの数字を表現できます。

例えば20は「Twenty」と書きますが、

21以降は
「Twenty-one」つまり「21」

「Twenty-two」で「22」

「Twenty-three」で「23」

というように増えていきます。

30以降も同様です。

30は「Thirty」のため、

「Thirty-three」「33」

「Thirty-four」 「34」

「Thirty-five」 「35」

40 は「Forty」のため、

「Forty-four」 「44」

「Forty-five」 「45」

「Forty-six」 「46」

50は「Fifty」のため

「Fifty-five」 「55」

「Fifty-six」 「56」

「Fifty-seven」「57」

という具合です。

ここまで基本の数字を覚えていただければ、1から99まで英語で言うことができます。
100単位の数字の固まりは、「Hundred」 という表現を使います。
100は「One hundred」

という風に表現します。

英語を使った数字表記の実用例についてはこちらの記事もお役立ちです。

-teenと-ty発音の使い分け

Thirteen 13、

Fourteen 14

などに使われる「-teen」と、
Twenty 20、

Thirty 30

などに使われる「-ty」の発音の仕方には注意が必要です。

「teen」が最後についている数字については、「teen」の方に力を入れて、つまり後ろ側にアクセントを置いて発音します。反対に、「ty」で終わる数字については前の部分にアクセントを置きます。

日本人が「Thirteen」や「Thirty」を発音すると、どちらも「30」と聞こえてしまうことが多いようですが、その原因は、「teen」にアクセントを置くか、「Thir」にアクセントを置くかの使い分けができていないためです。13や14と言ったつもりが、ネイティブには30、40に聞こえてしまうことが多いようです。

「teen」は後ろ側にアクセントを置くということを忘れないようにすれば、ネイティブにも確実に通じます。発音するときにどこにアクセントを置くかに気をつけて、1から100まで英語で書いたり言ったりできるようになりましょう。

1から10の英語の発音には日本人の苦手な発音が含まれている!?

これまでスペルを確認してお気づきの方もいるかもしれませんが、実は、1から10の中に日本人が特に不得手とする英語独特の発音が含まれています。

それは、
「three」の「th」:舌を噛む発音

「four」の「f」:下唇を噛む発音と、
「r」:口の中で舌を丸めながらする発音

「seven」の「v」:下唇に上の歯をのせる発音

これらの発音を完璧にしておくと、他の単語の発音もよりスムーズに、ネイティブに近い発音になるというわけです。使う機会も多い数字ですので、発音にも気を配りながら使うようにしてみてください。

パッと答えられますか?数字の英語表現1~100まとめ

英語で1から100までの数字を書き、そして言えるようになるためには、1から10、11から19、そして20、30といった10ごとの数字を確実に覚えることが大切です。これらは1単位の単語を丸暗記することが重要です。

そして、必要に応じて語尾に表現を付け加えていきます。13から19までは「-teen」、20から90まで10ごとの数字は「-ty」となる規則性があります。

この規則で基本の数字を覚えたら、あとは細かい数字を付け加えていくだけで99まですべて表現できます。100は「-hundred」と覚えましょう。また、数字の読み方や書き方を覚えたら、発音にも注意しましょう。会話では、日本人が13、14と言ったつもりがネイティブには30、40と聞こえてしまうことがよくあります。

ネイティブにも確実に伝えるためには、

「-teen」で終わる数字は後ろにアクセントを置くこと
「-ty」で終わる数字は前側にアクセントを置くことを

忘れないようにしてください。

動画でおさらい

「パッと答えられますか?数字の英語表現1~100」を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket




無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。


最初のコメントをしよう

必須