スラッシュは無視!「24/7」の読み方と意味

英語ぷらすメルマガ登録

LINEで送る
Pocket


「24/7」
発音意味をご存知ですか?

英語でよく見かける表記ですが、いざ発音するとなるとどのようにすればいいのか、と戸惑う方も多いのではないでしょうか。

どのように発音し、またどのような意味があるのかについて、説明していきます。

スラッシュは発音しない



24/7
は、
twenty four-seven

と発音します。

24と7の間に/(スラッシュ)が入っていますが、これは発音しません。

スラッシュを使う英語表現で、
and/or

がありますが、こちらもスラッシュは発音せず、and orとそのまま2つの言葉を続けて発音します。

ちなみにand/orは、およびまたは、両方ともまたはいずれか一方、の意味です。

24/7の場合も同様で、twenty four-sevenトゥエンティーフォーセブンと、数字を続けて発音します。

単語で見た目通りに発音しないケースが多々あります。

スラング英語のひとつ

24/7は、いわゆるスラング英語で、かなりくだけた表現です。
日本人にとっては、パッと見た時、ちょっと理解ができないこともあるかもしれません。

今回は、24/7の2通りの意味を紹介します。

お店がずっと開いている

まず先にくる「24」は
twenty four hours

=24時間を表し、スラッシュの後にある「7」は
seven days

=週7日を表します。

直訳だと24時間 x 7日間、つまり24時間×週7日間ずっと、となり、お店が「年中無休」という意味になるのです。
多くは、24時間営業の店や24時間営業についての話をする時に使われます。

Twenty-four hours a day, seven days a week

の略です。

24/7/365(24時間/7日/365日)と表現されることもあり、その場合は
Twenty-four hours a day, seven days a week, number of days in a year

となります。
一年間ずっとという意味です。

実際には365日営業していないとしても、ずっと営業しているお店に対しては、24/7を使って表現することもあります。

例文:あのコンビニは24時間年中無休です。
That convenience store is open 24/7.

というように使います。

あの人はいつも~している

また、24/7は人に対しても、「いつも」や「しょっちゅう」という意味で使うことがあります。

いつも〜している人、人が常に~している状況を表す表現です。

例文:あの二人はいつも一緒だね!
Those two are together 24/7!

例文:彼はしょっちゅう仕事しています。
He is working 24/7.

スラング英語は、会話やチャットなど、軽いコミュニケーションで使われることがほとんどです。

24/7は、文章やビジネスにおいては、くだけ過ぎの印象をあたえてしまうことが多いので、使い方に気をつけましょう。

商品名などによく使われている

24/7は日常会話の他に、商品名や、曲名などに使用されることが多い表現方法です。

例えば、アディダスのスポーツウェア。
2017年秋冬モデルの「ADIDAS24/7」は、24時間、7日間着たくなる、がコンセプトです。

また、ドリカムの歌に「24/7」という曲があります。
歌詞は、恋愛のチャンスやめぐりあいは、1日24時間週7日間、誰にでもある…という内容です。

韓国でも、SNSで話題のカフェの店名が「24/7+(トゥエンティーフォーセブンプラス」
コンセプトは、「恋人や、友達とおしゃべりを楽しく♪おしゃべり出来る空間」、店内はいたるところが花で埋め尽くされています。

花に囲まれて、いつでもずっとおしゃべりを楽しめる、素敵な場所なんですね。
機会があれば行ってみたいです。

まとめ



「24/7」
は、数字の間にスラッシュがあるので、初めは発音に戸惑うかもしれませんが、Twenty four-sevenとそのまま発音してください。

日常会話でよく使われるスラング英語なので、フォーマルなシーンには不向きです。
気軽でカジュアルな場面でのみ使うのが無難でしょう。

状況に応じて、フレーズの使い分けができるようになると、より英語でのコミュニケーションを楽しむことができますよ!

動画でおさらい

スラッシュは無視!「24/7」の読み方と意味を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

最初のコメントをしよう

必須