1. TOP
  2. 「足し算」から「掛け算」まで英語で計算にチャレンジ!
Sponsored Link

「足し算」から「掛け算」まで英語で計算にチャレンジ!

LINEで送る
Pocket

小学生の時に習う
四則演算
(足し算、引き算、掛け算、割り算)は、
簡単に計算できますよね!

しかし、
それを英語で言う事ができますか?

以前にも
「計算」について
紹介したこともありましたが、

ここでは、
より詳しく四則演算を含めた
英語での表現方法をご紹介します。

覚えておけば、
買い物や仕事で、

ちょっと説明したい時や
値段交渉に役立ちますよ。

Sponsored Link

「足し算」を英語で言おう

簡単な足し算
「1+1=2」
英語で言えますか?

「1プラス1イコール2」と
言う人が
多いのではないでしょうか?

正確には
「one plus one is two」
「one plus one equals two」
のように表現します。

日本語では
「イコール」ですが、

英語では
「イコールズ」なので
ご注意ください。

「=」は「equals」
または「is」と表現しましょう。

ちなみに「足し算」は英語で
「addition(アディション)」と言います。

「+」は「plus(プラス)」と
表現するのが一般的ですが、

「add」を動詞として使って
表現する場合もあります。

「one added to one makes two」
のように使います。

「引き算」を英語で言おう

「引き算」
英語でなんて言うのか
知っていますか?

「subtraction(サブトラクション)」
と言います。

計算式で使う
「-」は日本語でも言う
「minus(マイナス)」と表現します。

「5-3=2」
英語で表現すると
「five minus three is two」、

もしくは

「subtraction」の動詞形
「subtract」を使って
表現する場合もあります。

その場合は、
「three subtracted from five leaves two」
のように表現します。

5と3の位置が
マイナスを使う場合と
反対になるのでご注意ください。

「掛け算」を英語で言おう

「掛け算」を
英語で知っている人はいますか?

掛け算は
「multiplication(マルチプリケーション)」
と言います。

計算内で使う「×」は
「multiplied(マルチプライド)」

もしくは
「times(タイムズ)」と表現します。

「5×3=15」を
英語で言ってみましょう。

「five multiplied by three equals fifteen」
「five times three is fifteen」

「割り算」を英語で言おう

「割り算」は英語で
「division(ディビジョン)」です。

計算式内の「÷」は
「divided(ディバイデッド)」
と表現します。

「8÷2=4」を
英語で表現すると

「eight divided by 2 is 4」
のように言います。

四則演算の
それぞれの計算式内は、

足す(add)、引く(subtract)、
掛ける(multiply)、割る(divide)
と動詞を使いますが、

足し算と引き算

「プラス(plus)」と
「マイナス(minus)」

使う方がわかりやすいでしょう。

こんな英語表現もご紹介。
覚えておくと便利な「18色」!基本の9色のイメージと慣用句も知ろう!

計算の答え「和、差、積、商」も英語で覚えよう

足し算の答え「和」:sum または total

引き算の答え「差」:difference

掛け算の答え「積」:product

割り算の答え「商」:quotient

ちなみに
割り算の余りは「remainder」です。

また、
日本語で「プラスマイナス5」と
表現する

「±5」は
「plus or minus 5」と
「or」を入れて表現します。

応用編!四則演算以外の数学の表現方法

2+x>y:two plus x is greater than y

2+x<y:two plus x is less than y

2+x≧y:two plus x is greater than or equal to y

2+x=y:two plus x is less than or equal to y

分数4/5は
日本語では「5分の4」と
分母から読みますが、
英語では分子から読みます。

「four fifths」

もしくは
「four over five」と表現します。

「over」を使わない場合は、
分母は”five”でなく
“fifth”を使います。

そして分子が
4のように複数の場合、
sをつけて「fifths」になります。

ちなみに分数は「fraction」、
分母は「denominatorもしくはbottom」、
分子は「numeratorもしくはtop」
と言います。

英語で計算問題を言ってみよう

1.Subtract 14 from 92.
(92から14を引くといくつ?

A:78

2.What kind of number is 5?
(5はどんな種類の数字?)

A:odd number(奇数)

3.How many sides does pentagon have?
(五角形には辺がいくつ?)

A:5

「足し算」から「掛け算」まで英語で計算にチャレンジ!まとめ

日本語では簡単な算数も、
英語にすると
何だか難しく感じますよね。

ただ、計算方法は万国共通なので、
表現に慣れることで

英語の算数も
苦手意識がなくなるでしょう。

まずは、基本の
「足し算(addition)」
「引き算(subtraction)」
「掛け算(multiplication)」
「割り算(division)」

表現を覚えることから
始めてみましょう。

四則演算に慣れたら、
分数や不等号など
応用編にもチャレンジしてみてください。

こちらの記事も読まれています!

1.SNSからクリスマスカードにまで使える英語のクリスマスメッセージ30選!

2.海外のスターバックスコーヒーでカスタマイズ注文を英語で挑戦しよう

3.「疲れた」を英語で?今すぐ使える英語表現12選!

4.自分の気持ちを使えよう!喜怒哀楽の感情を伝える英語表現とは

5.ニューヨークに行くなら、知らなきゃ恥!英語で「自由の女神」とは?

6.結婚記念日にパートナーへ送る愛の19フレーズ

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

さくら

さくら

カメラ片手に放浪癖あり。
ここ数年の生息地は、もっぱら東南アジア。

No wine No life!
仲間がいれば大丈夫!

危機感ゼロな独身女子。
をふるまいつつも、
実は孤独死を避けるため日々奮闘、模索中。

話したい、伝えたい、わかりたい!
そんな気持ちにお応えできれば幸甚です。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 意外と悩む「担当者」の英語表現。シーン別で使い分けよう!

  • どんな数字も怖くない!英語で色々な数字を読みあげよう!

  • 副詞は「限定」と「説明」を覚えれば英語の文章も困らない!

  • 英語で「long time no see」は使わない!?ネイティブが使う「久しぶり」はコレ!

関連記事

  • 無いけど有る!英語においての敬語

  • 日本人はやたら謝ると思われている?「Excuse me」と「I’m sorry」の違い

  • 英語で初対面の挨拶。英会話スクールでの自己紹介は使えない?

  • 緊急事態!「まずい!ガス欠になりそう」を英語で言うと?

  • カジュアルシーンで使える3つの「楽しみ」を英語で覚えよう!

  • 丸暗記しよう!久しぶりにあった時に必ず使う決まった英語表現