英語で計算にチャレンジ!足し算~割り算まで「+」「−」「×」「÷」




LINEで送る
Pocket

小学生で習った四則演算(足し算、引き算、掛け算、割り算)が計算できない人はあまりいませんよね。
1+1=2と、数式で表すととてもシンプルかつ単純。さらに数式は世界共通の言語でもあるため、外国語が分からなくても、書かれている内容は理解できます。

日本語では問題なく読める計算式ですが、英語での表現は意外と知らないものです。
単純かつ身近なものだからこそ、英語で四則演算の式をどのように読むのか、知っておくと便利です。

今回の記事では基本的な四則演算の英語表現から、日常会話でも使われるちょっとした数字の読み方を紹介します。

「足し算」を英語で言おう

そもそも足し算を表す英単語は何でしょうか?

答えはaddition

もしくはsummationです。

addは追加する、加えるという意味の動詞、

sumは合計するという意味の動詞です。

ここに名詞形化するtionを付けて足し算という名詞として使われています。

一番簡単な足し算1+1=2の英語での言い方は

One plus one equals two.

もしくは

One plus one is two.

の2種類があります。

数字が複数個出てきている、もしくは1以上の数字を扱う場合、動詞を複数形にするのでは?と疑問に思いませんか?
実は計算式の場合、計算部分はまとめてひとつの塊とみなされるため、動詞は単数形を使います。

これは足し算以外でも共通なのできちんと押さえておきましょう。

ちなみに冒頭で紹介したaddを使った言い方もあります。

One added to one makes two.

直訳すると、1に加えられた1は2になるで、そこから「1足す1は2」と翻訳されるわけです。

上記2つの言い方と比べるとあまり使われない言い方ですが、覚えておくといいでしょう。

「引き算」を英語で言おう

引き算を意味する英単語はsubtractionです。

subtractが取り去る、差し引くという意味を持ちます。

計算式5-3=2の基本的な言い方は、

Five minus three is two.

Five minus three equals two.

の2つです。

もしくはsubtractを使って以下のように表現することも可能です。

Three subtracted from five leaves two.

直訳すると、5から3を差し引くと2が残るですね。
例文を見てわかるように、少し複雑な言い方になる上に、数字の順番が入れ替わるのでご注意ください。

「掛け算」を英語で言おう

掛け算を意味する英語はmultiplicationです。

これも単語の前半部分のmultiplyが乗算する、増加させるという意味の動詞です。

ちなみに計算式で使われる×は、英語ではmultiplied byや、

timesと読まれます。

つまり計算式5×3=15を英語で表す場合は、

Five multiplied by three equals fifteen.

Five multiplied by three is fifteen.

もしくはtimesを使って

Five times three equals fifteen.

Five times three is fifteen.

と言います。

日常英会話ではtimesを使った表現がよく用いられるため、しっかり覚えておきましょう。

「割り算」を英語で言おう

割り算を意味する英単語はdivisionです。

前半部分のdivideは分割するという意味の動詞です。

ところで、日本では割り算の記号として÷が主に使われていますよね。
ですが英語圏では/(スラッシュ)が日常的に使われていて、例えば6÷3=2は、英語圏だと6/3=2と表示されます。

あまり割り算の式を書くことがないかもしれませんが、実際目にしたときに「これって分数じゃないの?」と戸惑わないよう、頭の片隅に置いておきましょう。

そして6/3=2(6÷3=2)の英語での読み方ですが、

Six divided by three is two.

Six divided by three equals two.

となります。

計算の答え「和、差、積、商」は英語でなんて言うの?

四則演算と言えば、学校では答えの特別な呼び方も習いましたよね。
せっかくなので、あわせて覚えてしまいましょう。

足し算の答え「和」:sum / total

引き算の答え「差」:difference

掛け算の答え「積」:product

割り算の答え「商」:quotient

ちなみに割り算の余りを表す英語はremainderです。

応用編!分数の読み方

分数なんて算数用語、日常では使わないよ!と思いがちですが、実は意外と使われている数字表現です。

一番よく見かけるのは料理のレシピの分量などで、大さじ1/23/4カップなどの表記で使われています。

分数を英語で読む際には、以下のルールが適用されます。

  • 読む順番は分子→分母
  • 分子はそのままの数字で読む
  • 分母は序数で読む

例えば1/2one second

3/4three fourthsまたはthree quartersとなります。


日本語だと2分の14分の3と分母から読むので、順番が逆なことによって慣れるまで混乱するかもしれませんが、数字が出てきた順番に読む、と理解すれば覚えやすいでしょう。

また、three fourthsにも反映されている通り、分子が複数、すなわち2以上の場合、分母は複数形になります。こちらも合わせて覚えておきましょう。

分数にはもうひとつ、overを使う読み方もあり、

この場合は、(分子の数字) over (分母の数字)と読みます。

上と同じ例を使うと、1/2one over two

3/4three over fourです。

ちなみに分数や分母、分子は、英語ではそれぞれ

分数:fraction

分母:denominator / bottom

分子:numerator / top

と言います。

算数や数学など理数系の教科書でしか見かけない表現ですが、なんとなく覚えておくといいでしょう。

まとめ

日本語では簡単な算数も、英語で読もうとすると、何だか難しく感じますよね。
計算方法自体は万国共通なので、表現に慣れることで英語での算数も苦手意識がなくなるでしょう。

まずは基本の足し算(addition)引き算(subtraction)掛け算(multiplication)割り算(division)の表現を覚えましょう。

また、日常の中で意外と使われている分数の言い方をマスターしておけば、和食のレシピを外国人に教えたいとき、もしくは外国の料理を教えてもらう際にとても役立ちますよ!

LINEで送る
Pocket




無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。


最初のコメントをしよう

必須