コンブではありません。「comb」のネイティブ発音




LINEで送る
Pocket

comb

ローマ字読みすると、コンブとなってしまいます。
残念ながらこの発音では、ネイティブには正しく伝わりません。

英語には、スペル(綴り)をそのままローマ字読みできる単語とできない単語があるのですが、combはできない単語の仲間です。

とはいえ、combの正しい発音は決して難しくありません。

この機会にぜひ、押さえておきましょう。

ローマ字読みの発音ではネイティブに伝わらない!

combは、髪の毛をとくときに使う櫛(くし)を意味する英単語です。

女性ならヘアアクセサリーや女性誌などで、コームという用語を見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

実はこれが、combの日本語におけるカタカナ表示なんです。

しかしこの単語をパッと見たとき、すぐにコームだと認識できる人はどれだけいるのでしょう?すぐには読み取れないという人、結構いるのではないでしょうか?

そしてこの単語の発音を考えるとき、英和辞典や電子辞書・スマホなどが近くになければ、ついついローマ字読みをしてコンブだと思ってしまうかも知れません。

ローマ字読みに近い発音でも、piano(ピアノ)

のようにネイティブに伝わる単語はあります。

しかし今回は、全く異なる発音を持つ単語なので注意が必要です。

発音が正しくないと言いたいことがネイティブに伝わらず、英語での会話がなかなか続きません。

正しい発音をマスターするだけで改善できますので、この後の解説を参考にしてくださいね。

combの発音

それでは、combはどのように発音すればいいのでしょうか?

まずは発音記号と、発音の方法を確かめてみましょう。

①発音記号:kóum

②発音方法
「k」は舌の付け根部分を上あごの奥につけて息を止め、舌を離すと同時にクッと息を破裂させるように音を出します。
グッドグッから濁点を取った音と考えてください。

「ou」は二重母音です。
オの後に軽くを添える感じで、2つの母音を1つの音のかたまりとして発音します。

このとき、は強くはっきりと、は弱くぼやけた音にしてください。
弱い「u」の発音のコツは、唇を軽くすぼめて前に突き出して発音することです。

「m」は唇を閉じてという音を鼻から出します。

単語の途中にあるmの字の発音は、後ろに母音が続かないときはンに近くなる、と覚えておいてください。

以上を続けて発音して、コゥムとなります。

発音に関する記事はこちらもおすすめ。

サイレントレターに注意!

さて、ここでお気付きでしょうか?

スペルの最後の文字、bの音がありませんよね?

このbサイレントbと呼ばれる種類のもので、発音しません。

英語には、アメリカ英語にもイギリス英語にも、サイレントレター(黙字)というルールが存在します。

言語の発音において日英間の大きな違いとも言える、このルール。

その1つに「スペルがmbで終わる単語では最後のbを発音しない(サイレントb)」というものがあり、今回の単語combに当てはまります。

サイレントbの仲間には、他にもこのような単語があります。

climb(クラィム):登る

bomb(ボム):爆弾

lamb (ラム):子羊

thumb(サァム):親指

ちなみにcombは、可算名詞(1つ、2つと数えられる名詞)です。

もし複数形になった場合、このサイレントbの部分はどう変化するのでしょうか?

実は、複数形になっても変わらないんです。

combs(コゥムズ)

となって、bは発音しません。

mbで終わる単語に接尾辞(名詞なら複数形のs・動詞なら過去形の(e)dなど) がついてもサイレントbのままです。

仲間の例だと、climbが語源の登山者という意味を持つclimber(クラィマァ)

も同様です。

このように元々サイレントbのルールが当てはまる単語は、その関連語である派生語や同族語の発音においてもサイレントbが維持されます。

語尾がmbとなる単語は最後のbを発音しない!と覚えておきましょう。

サイレントレターのルールは、b以外にもあります。
詳しくは別の機会に紹介しますが、高いという意味の形容詞、high(ハィ)

もサイレントレターのgh
を持つ単語です。

自分でも英和辞書などを使っていろいろ調べてみてくださいね。
きっと「これもか!」と楽しい発見がありますよ。

まとめ

英語のなかには、思わずローマ字読みしてしまいたくなる英単語が少なくありません。

でも、日本語のカタカナ読みでは、ネイティブに伝わらないことがとても多いです。

間違った発音で話しても、ネイティブには何を言いたいのか通じませんよね。

きちんと英語での会話を成立させて楽しいコミュニケーションにするためには、根気よく日本語と英語の違いを意識し、正しい読み方で発音練習をすることが大切です。

練習方法はたくさんありますが、一番手軽なのはWeb上の情報ページなどでネイティブの音声を確認したり、お手本の音声をダウンロードして隙間時間に繰り返し聞き、練習することです。

英検やTOEICを受けようと思っている人は、勉強仲間と最新情報を共有しながら、こうした練習も行ってくださいね。

英単語の発音がしっかりしてくると、試験対策になるのはもちろんですが、何よりネイティブとの会話が自然になります。盛り上がること間違いなしですよ!

使える英会話を身につけるためにも、正しい発音をマスターしてくださいね。

動画でおさらい

コンブではありません。「comb」のネイティブ発音を、もう一度、動画でおさらいしましょう。

LINEで送る
Pocket




無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。