世界で通用する英語資格はどれ?徹底比較でわかる英検・TOEIC・TOEFL・IELTSのメリットデメリット

世界で通用する 英語 資格 比較 一覧 英語と相性の良い ビジネス 海外移住
LINEで送る
Pocket

突然ですが、あなたは英語の資格を持っていますか?

「だいぶ前に取ったけれど、あまり活かせていない」、「資格が就職や転職に本当に役立つのか疑問」、「ぼんやりと挑戦したいと思ったことはあるけど勉強はしていない」そんな人も多いのではないでしょうか?「海外ではTOIECや英検は通用しない」という話を聞いて、モチベーションが下がってしまったという経験もあるかもしれません。

英語ぷらすでは英会話スクールで実際にレッスンをしている英語の先生や海外在住経験メンバーが体験した情報から、英語学習に関するみなさんの疑問や不安に答えています。
この記事では一般的に英語の4大資格と言われるTOEIC、TOEFL、IELTS、英検の4つにフォーカスし、その歴史、問題形式、そして資格の活かし方までトコトン解説します。

それぞれの資格の背景がわかれば、自分にいつ、どんな資格が必要なのかはっきりさせることができ、英語学習のモチベーションが上がり、効率的に実力を付けていくことができるでしょう。
また最後に資格取得におすすめの勉強方法も紹介します。

世界で通用する英語資格はどれ

世界で通用する 英語 資格 比較 一覧 英語と相性の良い ビジネス 海外移住

せっかく資格を取るなら世界中で知られている資格を取りたいとだれもが思うもの。ですが、残念ながら世界中で万能に通用する英語資格というものはありません。

なぜならアメリカ、イギリス、オーストラリアなどの英語圏の国々では、英語資格の知名度が日本人が想像するよりもはるかに低いのです。

例えば、日本語検定能力試験の問題内容をご存じでしょうか?
そしてN1レベルの外国人がどのくらい日本語が上手なのか想像がつきますか?想像できる人は少ないのではないでしょうか?

それと同じように英語圏のネイティブたちにとっては、英語資格は馴染みのないもの。TOEICやIELTSのことを知らないという人も珍しくありません。

海外での就職やビジネスで役に立つ英語の資格は

では英語圏の国で英語力を証明したいときはどうすればいいのでしょう?

就職やビジネスの場面で、日本の会社は欧米に比べ資格を重要視する傾向があります。反対に欧米の会社は経験や能力と、それをどうアピールできるかを重視します。

欧米の採用担当者はまず職務経歴書やカバーレターと言われる自己PRの書類の書き方や面接で英語力を判断するでしょう。資格を持っていなくても、その仕事をするのに十分な英語力をアピールできれば採用されることは十分ありえます。
職業によっては資格を重視することもありますが「TOEICやIELTSを持っていれば海外でもすぐに認められる」かというと、残念ながらそうではないということを理解しておきましょう。

英語の資格に意味はないのか?

では、英語の資格に全く意味がないのでしょうか?そんなことはありません。

英語圏の就職シーンでは資格をあまり重視しないと説明しましたが、当然、海外で就職するには高い英語力が必要です。資格を持っているかどうかは関係なく試験で高得点をとれるレベルの英語力は求められます。また留学、就職、転職、海外移住などの自分のキャリア・目標によっては大学や政府の指定の試験を必ず受けなくてはいけないという場面もあるでしょう。

試験を中間ゴールにすることで、学習のスケジュールをはっきりさせたり普段は勉強をしない語彙やスキルを勉強できるので、英語が早く上達することが多いです。また試験を受けると自分のレベルを見直せたり、勉強へのモチベーションが上がったという声もよく聞かれます。

CertificationtonとQualificationの違い

TOEIC、TOEFL、IELTSはよく資格といわれますが、正確には検定試験に当たります。合格不合格ではなく、テスト結果をスコア化して英語力を客観的に証明してくれます。

英語ではcertificationと呼ばれます。証明・検定・証明書などの意味がある単語ですね。 

certification

とても近い意味の単語にqualificationがありますが、これは職に就くための資格、技能に使われます。

qualification 

英語の検定試験は合格すればもらえる資格ではなく、英語力の証明だということを覚えておいてください。そのため検定試験には有効期限があり、定期的に英語力をテストしなおす必要があります。

なお英検は各級ごとに合格、不合格がありますが、現在はスコアも公開され、自分のレベルが細かく分析できるようになっています。

英語の資格おすすめ20選|目的別で自分に必要な資格・検定がわかる!

TOEIC、TOEFL、IELTS、英検を知る

世界で通用する 英語 資格 比較 一覧 英語と相性の良い ビジネス 海外移住

資格の活かし方を理解したところで、いよいよ4大資格の内容を見ていきます。
現在日本国内で受けられる英語の資格・検定試験は50種類以上もあるといわれていますが、その中には通訳、翻訳のような専門的な仕事をするために必要な資格が多くあります。

今回は一般的な英語試験である4大資格に絞って解説します。

TOEIC、TOEFL、IELTS、英検、英語資格の比較表

ひとくちに英語の試験といっても形式、問題数、内容も全く違います。何種類もの資格試験を受けるよりも自分が必要な資格一つに集中する方が効率的です。

TOIEC(L&R) TOFEL IELTS 英検
試験内容 リスニング(100問)
リーディング(100問)
リスニング(60問)
リーディング(35問)
ライティング(2問)
スピーキング(4問)
リスニング(40問)
リーディング(40問)
ライティング(2問)
スピーキング(3パート)
筆記・リスニングが必ずあり他は級によって変わる
形式 マークシート方式 コンピューターで回答 筆記 マークシート方式
(1~3級はライティングあり)
試験時間 約2時間 約3時間 約3時間+面接10分 級により異なる
スピーキング試験 別試験 コンピューターに録音 面接 面接
スコア 10~990点 0~120点 1.0~9.0のバンド 5~1級(準1、準2級あり)

 
試験内容がこれだけ違うと、測れる能力も全く違ってきそうですね。
では、それぞれについて成り立ち、特徴、どんな時に使われるかを解説します。

TOEICの成り立ち・特徴・用途

お馴染みのTOEICは正式名称をTest of English for International Communicationといいます。
1979年にアメリカで作られた資格試験ですが、発案者の一人は日本人で、初めて行われた試験は東京、大阪などの日本の5都市でした。TOIECの知名度が日本で高いのも納得ですね。

一般にTOEICの点数というとTOEIC L&Rというリスニングとリーディングのみのテストの事を指します。TOEIC S&Wというスピーキングとライティングの試験も存在します。
TOEICの特徴のひとつは200問という問題量です。リーディングで出題される中・長文の数はなんと30個。普段から英語に慣れていないと高得点を狙うのは難しい試験になっています。

TOEICを受ける一番のメリットは日本での就職や転職時に英語力をアピールできることでしょう。就職や転職でプラスになるのはもちろんのこと、会社が海外赴任者や海外部門担当者を決める際にTOIECの点数を参考にするなど、ビジネスでは欠かせない資格になっています。TOEICの利点は後ほど詳しく紹介します。

TOEFLの成り立ち・特徴・用途

TOEFL(トーフル)は、TOEICと同じEducational Testing Service (ETS)というアメリカの団体によって運営されています。正式名称はTest of English as a Foreign Languageですが、実際はアメリカをはじめとする海外の大学に入学するために必要になることが多い資格です。

試験はTOEFL iBT(Internet-Based Testing)という試験会場にあるパソコンで選択や記述の回答をする方式。
問題の内容は、大学の講義の聞き取りや要約が中心でビジネス英語や日常会話の問題は出てきません。そのため大学入学の目的以外では、あまり利用されない資格です。海外の大学ではTOEFLの他に、IELTSが入学資格になる場合もあるので、まずは自分の行きたい大学が採用している試験と必要な点数を知ることからはじめましょう。

IELTS

IELTSThe International English Language Testing Systemの略で、アイエルツと読みます。1980年にイギリスの2つの教育機関によって作られた検定試験で、日本では日本英語検定協会が共同運営しています。

IELTSは現在イギリスやオーストラリアの政府指定の検定試験となっており、労働ビザや永住権を取得する時に、IELTS Generalという試験を受けてその国で労働や生活するための十分な英語力があることを証明する必要があります。また海外の大学で TOEFLの代わりにIELTS Academicが入学資格になっていることも。

問題のテーマはTOIECと同じ日常やビジネスに関するものから、自然や文化に関する文章の読解など多岐にわたります。マークシートではなく自由回答形式の問題もあり、ネイティブスピーカーとの面接と自由作文形式のライティングも必須科目になっているのも特徴。総合的な英語力を判断できる内容の濃い試験なのですが、難易度の割に日本での知名度は低いため残念ながら活用しづらい資格となっています。

英検

正式名称は実用英語技能検定。5級から1級までに分かれていて、級によって問題数や科目も変わります。

出題方式や傾向が日本の学校や大学受験で出題されるものに近いため、学生の受験者が多いという特徴があります。他の試験よりも解きやすいと感じる人もいるかもしれません。英検はTOIECと同様に知名度は高いのですが、ビジネスでは英検よりもTOIECが重要視されることが多いです。

TOEIC900点の壁を突破するための勉強法

TOIECを勉強するメリット

世界で通用する 英語 資格 比較 一覧 英語と相性の良い ビジネス 海外移住

ここまでの内容をまとめると、留学や移住などの特別な理由がなければまずはTOIECの取得をおすすめします。TOIECを受けるメリットは他にもたくさんあります。

日常やビジネスでそのまま使える英語が学べる

TOIECでは実際に職場や日常生活で使う会話やEmail、申込書、ビジネス文書、公告などを題材にした問題が出題されるので、本場の英語環境に自然と慣れることができます。TOIECで高得点をとれるようになれば、海外ビジネスや生活で困ることはすくなくなるでしょう。

文法や語彙の知識が増える

文法問題はat、in、onの使い分けや、似たような意味の単語などネイティブからみて、非ネイティブがよく間違えているところが重点的に出題されます。TOIECの問題をスラスラと解けるようになっていれば、自然と英語文法のミスも少なくなっていますよ。

スピードが身につく

時間をかければ分かるのに、英会話やビジネスではスピードについていけないと感じることはありませんか?TOIECの問題量をこなすには一度日本語に置き換えて考えているヒマはありません。試験の勉強をすることで自然とスピード感のある英語が身につきます。

TOIECの注意点

TOIECのデメリットはスピーキングとライティングは別試験なこと。英語を使いこなす中で重要な自分から話したり、文章をつくるスキルのトレーニングにはなりません。TOIEC L&Rを勉強している間でも、英会話対策などはしっかり行っておきましょう。

留学経験者おすすめの英語勉強法!TOEICスコアも250点UP!

TOEICの勉強は英語スクールを利用しよう

世界で通用する 英語 資格 比較 一覧 英語と相性の良い ビジネス 海外移住

英語や英会話はコツコツと勉強を重ねていくものと思いがちですが、試験の場合はスクールで専門コースを受けることが断然おすすめです。
実は帰国子女がTOEICを受けても高得点をとれないという事例はたくさんあります。テストの時間配分、問題形式、解き方のコツを専門コースで教わっていれば、問題に集中できますよね。また長期間少しづつ勉強をしていくと、「慣れて、忘れて」を繰り返すことになり、効率が悪くなってしまうこともあります。

自分の試験日を3〜6か月後に決めたら、コースをとって一気に準備をしましょう。
自分だけで勉強の計画を立てるよりも、プロのアドバイスで効率的なプランをたてれば、結果につながりやすくなります。

TOEICの勉強におすすめのスクール

スクールは自分にあった先生や学校を選ぶことが大切。いくつかの学校を比較し、体験レッスンを受けるなどしてじっくり選びましょう。
その中でもTOIEC対策のスクールを一つ選ぶならライザップイングリッシュがおすすめです。

おすすめの理由は次の3つ。
①専属のトレーナーと呼ばれる講師がつき、目標達成のためのプログラムを作成してくれる
②英語に変換するスピードを上げるための高速レスポンストレーニングで英語脳を鍛える
③短期間で得点アップにつながる学習プラン

英語ぷらすでも実際に無料カウンセリングに行き詳しく話を聞いたところ、2ヶ月で140点伸びる方が多いのだそう。まさにTOIECに必要な学習方法を実践しているスクールだから、結果が出ているのも納得です。

 
ライザップイングリッシュの検証と体験記事もありますので、あわせてチェックしてみてくださいね。

ライザップイングリッシュでTOEICのスコアは本当に上がる?実際のコースの特徴を解説

まとめ

世界で通用する 英語 資格 比較 一覧 英語と相性の良い ビジネス 海外移住

今回は英語の資格について掘り下げてみました。
これまでなかなか資格取得に踏み切れなかった人も、資格の内容を知ることで、いつ、どの資格を勉強すればいいのか再確認できたのではないでしょうか?

他にもTOIEC勉強法に関する記事がありますので、ぜひ読んでみてくださいね。

LINEで送る
Pocket







最初のコメントをしよう

必須