1. TOP
  2. 英語勉強法
  3. 現在完了形は一度忘れた方が良い?分かりやすい過去分詞の使い方
Sponsored Link

現在完了形は一度忘れた方が良い?分かりやすい過去分詞の使い方

 2016/12/16 英語勉強法
 
LINEで送る
Pocket

英語を勉強するにあたり、日本人が往々にして躓くのが「現在完了形」です。

現在完了形で英語が分からなくなってしまった、という人は多いと思います。

では何故、「現在完了形」の習得は難しいのでしょうか?

実は、英語の現在完了形は、同じ文法の形を取りながら、いくつか別の意味を持っています。

これが、現在完了形を分かりにくくしている原因の1つです。

例えば、現在完了のセンテンスには、「○○したことはありますか?」という意味を持つものがあります。

あるいは、「もう(既に)○○しましたか?」という意味のものもあります。

これらは、同じ文法の形で表されます。

文法の形式は同じであるのに、文章の意味が違う。

そのため、どの意味を持つ現在完了形に相当するのか分からない。

意味が分からないから、実際の会話で使い分けができない。

現在完了形で躓く人が多いのには、こうした理由が挙げられます。

この問題を克服するためには、センテンスを「現在完了形」として理解するのをやめることです。

「現在完了形」という文法の概念に囚われていると、どういった意味を持つセンテンスなのか、正しく把握することができません。

英語のレベルアップを目指すのであれば、「現在完了形」という捉え方をやめてみましょう。

○○したことはありますか?

shutterstock_414069658

現在完了形には、いくつかの意味があります。

中でも汎用性の高いものを2つ取り上げてみたいと思います。

「Have you + 過去分詞?」
正しく質問することが出来れば、会話はスムーズにスタートします。

まずは、疑問文の形できちんとセンテンスを作ることが大切です。

「Have you ever + 過去分詞?」
「ever」を使った現在完了です。

これは、「○○したことはありますか?」という意味になります。

ここでは、「現在完了形」という文法的な概念は忘れてください。

とにかく、「Have you ever + 過去分詞?」と言えば、「○○したことはありますか?」という意味だと覚えてしまうことです。

Have you ever been to Hawaii?」と言えば、
「ハワイへ行ったことがありますか?」という意味になります。

「ハワイ」の部分を様々な場所に入れ替えて、非常によく使う表現です。

Have you ever tried sushi?
「お寿司を試した(食べた)ことがありますか?」
食べ物に限らず、様々な体験に応用することができます。

Have you ever watched 『E.T.』?
「『E.T.』を観たことがありますか?」
これもやはり、『E.T.』の部分を入れ替えて、いろいろな会話に使えます。

 

現在完了形についてはこちらの記事も参考になります
⇒バーで声をかけられたらなんて答える?!使えるネイティブ英語

答え方

習得するコツは、「Have you ever + 過去分詞?」で、「○○したことはありますか?」という意味だと覚えてしまうこと。

そうして、きちんと疑問文が作れるようになれば、答え方は方程式のように決まっています。

Have you ever been to Hawaii?」と聞かれ、
「はい、ハワイに行ったことがあります。」と肯定する場合なら、
Yes, I’ve been to Hawaii.」と答えます。

疑問文が「Have you ever + 過去分詞?」であるのと同じように、答えも「Yes, I have + 過去分詞」と、過去分詞を使います。

Have you ever tried sushi?」お寿司を食べたことがありますか?

Yes, I’ve tried sushi.」はい、お寿司を食べたことがあります。

Have you ever watched 『E.T.』?」『E.T.』を観たことがありますか?

Yes, I’ve watched 『E.T.』.」はい、『E.T.』を観たことがあります。

これらは肯定するときの答え方ですが、「いいえ、ハワイに行ったことはありません。」と否定する場合には、
I’ve never been to Hawaii.」という言い方になります。

「I have never + 過去分詞」で、「○○したことはありません」という表現です。

never」がポイントです。

「I’ve never tried sushi.」お寿司を食べたことがありません。

「I’ve never watched 『E.T.』.」『E.T.』を観たことがありません。

 

現在完了形を取り入れた会話例についてはこちら。
⇒ネイティブのお友達に聞いてみたいクリスマスに関する英語4つ!

1回覚えてしまえば単語を入れ替えるだけ!

こうした表現は、基本となるフォーマットを1回覚えてしまえば、単語を1、2箇所ポンと入れ替えるだけで、簡単に何万通りものセンテンスを作ることが出来ます。

会話の状況に応じ、動詞の過去分詞や、それに伴う目的格の単語を入れ替え、様々に組み合わせてセンテンスを作ってみてください。

 

日常会話に現在完了形を活かしましょう。
⇒「話は常々聞いています」を英語で言うと?

もう一個の形

次に、もう1つ別の意味を持つ現在完了形について、例を挙げてみます。

「Have you ever + 過去分詞?」では、「○○したことはありますか?」という意味でしたが、ever」の部分を「already」に変え、
「Have you already + 過去分詞?」とすると、
「もう○○しましたか?」という意味になります。

Have you already finished your homework?」もう宿題終わったの?

Have you already watched 『最新の映画』?」最新の映画のタイトルを入れて、「もう『○○』っていう映画観た?」といった感じの表現です。

Have you already been to the new shop?」あの新しいお店もう行った?

 

もう○○しましたか?

「Have you already + 過去分詞?」
already」を使った「もう○○しましたか?」という意味の現在完了です。

この質問への「はい、しました」という肯定の答え方は、
「Yes, I have already + 過去分詞」となります。

Have you already finished your homework?」もう宿題終わったの?

Yes, I’ve already finished my homework.」うん、もう終わったよ。

Have you already watched 『最新の映画』?」『最新の映画』もう観た?

Yes, I’ve already watched it.」はい、もう観ました。

Have you already been to the new shop?」あの新しいお店、もう行った?

Yes, I’ve already been to that shop.」はい、もう行きました。

一方で、「まだ○○していない」場合には、
「No, I haven’t + 過去分詞 yet.」と言います。

yet」がポイントです。

No, I haven’t finished my homework yet.」まだ宿題が終わっていない。

No, I haven’t watched it yet.」まだそれ観てません。

No, I haven’t been to that shop yet.」まだそのお店には行っていません。

 

使い続けていくうちに理解できる!

現在完了形で多く使われる言い回しを2つご紹介しましたが、「Have you + 過去分詞?」だけでは、「○○したことはありますか?」という意味かもしれませんし、

「もう○○しましたか?」という意味かもしれません。

ever」や「already」が文中に差し挿まれていない場合、どちらとも判断が付き兼ねます。

その場合は、文脈で判断するしかありません。

しかし、現在完了形を苦手とする人にとって、極めて難しいのはこの点です。

どうすれば、どちらの意味を持つ現在完了形なのか、正しく判断できるようになるのでしょうか。

自分が質問をするとき、内容に応じて「ever」と「already」を使い分け、

「Have you ever + 過去分詞?」もしくは「Have you already + 過去分詞?」というフォーマットを使い続けることです。

「○○したことはありますか?」は、「Have you ever + 過去分詞?」

「もう○○しましたか?」は、「Have you already + 過去分詞?」

このようにフォーマットごと覚えこんでしまって、会話の内容に応じて使い分け、なおかつ使い続けてください。

使い続けていくうちに、たとえ「ever」や「already」が文中になくても、どちらの意味を持つセンテンスなのか、文脈を辿りながら自然に理解できるようになります。

答えるときも、「Yes, I have + 過去分詞」なのか、「Yes, I have already + 過去分詞」なのか、意識することです。

あるいは、「I have never + 過去分詞」なのか、「No, I haven’t + 過去分詞 yet.」なのか。

意識して答えながら、これらのフォーマットを使い続けてみてほしいと思います。

 

まとめ

最も重要なポイントは、「現在完了形」と1つに括らず、それぞれの意味に応じた言い回しを覚えてしまう、ということです。

「○○したことはありますか?」「あります」「ありません」
「もう○○しましたか?」「しました」「まだしていません」

「現在完了形」という文法の概念を排し、こうしたフォーマットで文脈を理解していくことが、現在完了を習得するコツと言えます。

そうすれば、あとは単語の入れ替えにより、幾通りものセンテンスを作ることが出来るはずです。

ぜひ、このポイントを押さえて、英語の現在完了を使いこなしてください。

 

動画でおさらい

現在完了形として理解するのはもうやめよう!を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。

2人の子供をこよなく愛する。


英語はいまだに得意とは言えないものの、

英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 「初売り」に関する英語。アメリカではお正月にはお金が・・・

  • 【2018年】ワーホリに行ける国リスト!まとめ

  • 「餅つき」を英語で説明するとどうなる?

  • 「ひな祭り」を英語で説明するとどうなる?

関連記事

  • 日本のアニメを英語で!あなたに馴染んだ番組で楽しく英会話を身に付ける

  • 英文をスラスラ読める4ステップ!最初はできなくても必ずできる

  • 必見!ネイティブになれる英語ニュースサイト8選

  • 3ステップであなたも英語脳!ぺらぺらへの道のり

  • いちいち訳さないでネイティブの英語をリスニングする方法!

  • 中学英語レベルからTOEICスコア250点UP!半年の海外留学で身に着けた英語勉強法!