お正月「New Year」のカードにどんな文章を書けばいい?よく使う例文

LINEで送る
Pocket

日本ではお正月に年賀状を出しますよね。「年賀状」にはどのようなことを書きますか?
「年賀状」の内容は、日本語でも英語でも大きな違いません。

今回は、「年賀状」で使える、ネイティブっぽい表現を紹介します。

「I wish」で願いを込めて!

日本語でも「素敵な年になりますように」など願いを込めた表現を年賀状で使ったりしますよね。同じように英語でも願いを込めた表現を使います。例えば

新しい年が平和と健康と幸福で満たされますように。
I wish you a year filled with peace, good health and happiness.

という表現です。

「I wish」は願いを表現する時に使います。

「a yearは(一年)」は、「○○になって欲しいと」「願い」の主な対象ですが、この後に「filled with(~でいっぱいの)」と、その後の「peace(平安)」と「good health(健康)」と「happiness(幸せ)」を付け加えることで、「平和と健康と幸せでいっぱいの一年」という意味になります。
「with」の後を変えることで、どんな一年になるように願っているのかが変わるため、組み合わせる単語を変えて色々な応用ができます。
しっかりとこの「a year filled with ~」のフレーズを覚えておきましょう!

また、「I wish」と同じように願い込めて「I hope」や「Wishing」という表現もよく使われます。
ネイティブがこれらのフレーズを使ってどのような表現をしているのか、いくつか実際の例を見ていきましょう。

新年があなたにとって素晴らしい年になりますように
Wishing you the very best for the new year.

新年があなたとあなたの家族にとって安全で順調なものになりますように。
Wishing you and your family a safe and prosperous New Year!

やがて来る年にあなたへたくさんの幸せと成功が訪れますように。
Wishing you lots of happiness and success this upcoming year.

「Best wishes」を使う表現

また「Best wishes」から始まるフレーズもよく使われます。
「Best wishes」は私から本当に最善な、あなたに対する願いのことを意味します。例えば

家族そろってお祝いの言葉を申し上げます。
Best wishes from everyone in my family.

私の家族全員からあなたに
from everyone in my family

「Best wishes」は本当に最善を願っているという意味で「お祝いの言葉を申し上げます」という訳になります。他にも

成功に満ち、報われた年になりますように。
Best wishes for a successful and rewarding year.

のようにも使うことができます。
「I wish」と同じように「~ように」と願いを込めた文章にもなります。

「May 〇〇 be」を使うフレーズ

他にネイティブが良く使う表現で「May ○○ be」というものがあります。これは「○○が××になりますように」という意味です。例えば

幸福でとても良い年になりますように。
May 2018 be a happy and great year for you.

この場合ですと、

「2018年」が「happy(幸せ)」「great year(素晴らしい年)」になりますように、という表現ですね。
日本語でも似たような表現を年賀状に書きますよね。ぜひ、英語でも使えるように覚えておきましょう。

相手やフレーズを使い分けてみよう

これまで紹介したフレーズは、ネイティブが一般的に使っているものです。ここからは、応用として、年賀状を送る相手が取引先などビジネス関係者の場合、仲の良い友人の場合、恋人などの場合に使うフレーズについて、それぞれ紹介します。

ビジネス関係で年賀状を送る場合

会社宛や取引先の場合、フォーマルな表現を使って年賀状を作成しましょう。

メリークリスマス、そして新年おめでとうございます!
Hoping you enjoy a very Merry Christmas and a Happy New Year!

御社のますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。
I [We] wish your company the very best for continued success.

日本と違って海外では新年よりもクリスマスの方が重要視されているため、クリスマスカードと一緒に新年の挨拶を行う場合も多いです。
また学校や会社でもクリスマスから年始まで休みを取得するケースが多いため、クリスマス休暇にあわせてクリスマスのメッセージと年末年始のご挨拶を一緒に送るのです。メールでも実際のカードでも、相手がいつから休みに入るのかを前もって確認して、相手の休み前にちゃんと届くように気をつけましょう。

素晴らしいホリデーシーズンをお迎えになりますように。新年のご多幸もお祈り申し上げます。
Warmest wishes to all for a wonderful holiday season and for much happiness in the coming new year.

このフレーズは会社宛に送る時に使えるものになります。

友人宛に年賀状を送る場合

友人の場合は、くだけた表現の年賀状で大丈夫です。

去年あまり会えてなかったので、今年は去年より会えるといいね!
Happy New Year! I hope we can get together more often this year than last year.

少し距離がありなかなか会えない友人などに書くと良いフレーズです。

楽しくエキサイティングな出来事でいっぱいな1年になりますように!でっかい年にしよう!
We hope the New Year is going to be filled with lots of fun and excitement!! Wishing you a big one!!

新年が明けようとしています。
今年も楽しくて、わくわくする一年になりますように!
A brand New Year is about to begin. Hope you are ready for more great experiences and adventures!

Happy New Year!

恋人に送る年賀状

恋人には甘い言葉で気持ちを伝えたいですよね。新年を迎える時に僕の一番の楽しみは何だと思う?

You know what I love the most about celebrating New Year?

君とまた一年過ごせるという思いが楽しみだ。
Knowing the fact that I get to spend another year with you!

君と新年を迎えられる以上に幸せな事があると思う?あけましておめでとう!
What more could I ask than spending New Year with you? Happy New Year!

私ってついてるよね?
How lucky am I?

あなたと365日過ごせてさらに、新たに365日を過ごせるのをとても幸せだよ。
I just spent 365 days with you by my side and now I get to spend just as many with you once again.

新年おめでとう!
Happy New Year!

なかなか普段恥ずかしくて気持ちを素直に表現できない人は、年賀状に「あなたといれて幸せ」という気持ちを書くのも良いかもしれませんね。

まとめ

今回紹介したフレーズは年賀状にはもちろんですが、「Greeting card」にも使えます。

日本では「Greeting card」を年賀状やバースデーカードなど別々に使い分けする習慣が根付いておりますが、英語圏では一括りに「Greeting card」とされています。
「Birthday card」などでもこれらの表現を使うことができます。また年末年始の挨拶の表現としても知っておけば、英会話の表現が豊かになりますので、ぜひ覚えて使ってみてくださいね!

動画でおさらい

「お正月”New Year”のカードにどんな文章を書けばいい?よく使う例文」を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。