1. TOP
  2. 発音
  3. 「woman」と「women」の発音の違い。英語ネイティブでも地域によりけり

「woman」と「women」の発音の違い。英語ネイティブでも地域によりけり

 2016/12/05 発音
 
LINEで送る
Pocket

皆さんは「woman」の複数形「women」をなんと発音しますか?

授業では「ウィメン」もしくは「ウィミン」と習った方がほとんどだと思います。

しかし実はそれってアメリカ全土の話ではないって知っていましたか?

今回は、同じアメリカ英語でも地域によって発音に差があることについてお伝えしていきます。

アメリカ英語でも違いがある

shutterstock_267932627

アメリカも日本と同じように、地域によって方言があったり同じ単語でも発音が異なったりすることがあります。

woman」「women」の発音の違いもそのひとつです。

日本では「woman」を「ウーマン」、「women」を「ウィメン」と習うと思いますが、これはアメリカでも東部に多い発音なんだとか。

西部ではふたつの発音にほとんど違いはなく、普通に「ウーマン」「ウーメン」などと言うそうです。

興味深いですね。

極論を言ってしまえば

結果的にはどういうふうに発音しようと、たいてい文脈から「woman」か「women」かということは伝わりますので発音にそれほどこだわらなくてもいいと思います。

つまり、どの発音や言い方が正しいとか正しくないといったことは決められないのです。

日本では「ウーマン」「ウィメン」で習ったから自分はそうする、というのでもいいですし、自分が好きだと思う方の発音にしてもいいわけです。

まとめ

日本の何倍も広いアメリカでは、発音の違いや言い方の違いは地方によってそれこそたくさんあり、どれが正しいというわけでもないので皆さんが気に入ったものを口にすればいいのではないでしょうか。

他にも地域別に違う単語や表現を調べてみるのも視野が広がって面白いかもしれませんね。

ちなみに地域によって単語自体が異なるものも結構あり、例えば炭酸飲料のことは地域によって「soda」「pop」「coke」などと全く違う単語に分かれるようです。

動画でおさらい

「woman」と「women」の発音の違い。英語ネイティブでも地域によりけりを、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。