食物アレルギーの英語での伝え方「I’m allergic to 〇〇」

LINEで送る
Pocket

海外旅行に行く際、
アレルギーを持っている人は

現地での食事や環境が
不安になることもあるかと思います。

そんなとき、
「私は~アレルギーです」
の英語表現を

知っておくと安心ですよね。

自分のアレルギーを
英語で伝えるには
どういえばいいのでしょうか。

今回は
「私は~アレルギーです」という
大切な表現について紹介します。

ちゃんと伝えて!

「私は~アレルギーです」は
“I’m allergic to~.”

と表現します。

‟allergic”

「アレルギーの」という意味の形容詞で、
「アレジック」のように発音します。

‟er”の部分に
アクセントがあります。

アレルギー持ちの人は
海外で食事をする機会がある際、

英語を使ってきちんと
伝えるようにしましょう。

発音が少し難しいですが、

“all”=「アル」と
“ergic“=「エジック」

に分けると
発音しやすくなります。
繰り返し練習して
正確に伝えられるように
しておきましょう。

絶対に覚えておいて!

“I’m allergic to~.”の
「~」の部分に

自分のアレルギーを
当てはめて表現しましょう。

海外旅行に行った際などに
アレルギーを伝えられないと
健康を害することになってしまいますので、

絶対に覚えて
使えるようにしておいてください。

自分のアレルギーを調べて!

たとえば

「私は牛肉アレルギーがあります」
であれば
“I’m allergic to beef.”、

「カニアレルギー持ちです」
であれば
“I’m allergic to crab.”

と言います。

また
”allergic to~”は
食べ物以外
アレルギーにも使えます。

たとえば
「カビアレルギーです」であれば
“I’m allergic to mold.”、

「ダストアレルギーがあります」あれば
‟ I’m allergic to dust.”、

「猫アレルギーです」であれば
“I’m allergic to cats.”

となります。

アレルギーの種類はさまざまですので
自分がアレルギーのものを
辞書で調べておき、

英語で言えるように
なっておくと安心です。

“I’m allergic to”
のあとに続けて
練習しておきましょう。

まとめ

今回は
「私は~アレルギーです」=“I’m allergic to~.”

という表現について
紹介しました。

見知らぬ土地で
自分の身を守るためにも、

アレルギーをきちんと伝えられるよう
覚えておきたい表現です。

ホテルに宿泊するとき、
食事をするときなど
ぜひ使ってみてください。

動画でおさらい

食物アレルギーの英語での伝え方「I’m allergic to 〇〇」を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

最初のコメントをしよう

必須