1. TOP
  2. 英会話フレーズ
  3. 「身をもって知ったよ」を英語で言うと?よく出てくる英語表現

「身をもって知ったよ」を英語で言うと?よく出てくる英語表現

 2018/11/13 英会話フレーズ
 
LINEで送る
Pocket

今回は、日本人が言えそうで、でもなかなか言えない表現をご紹介します。

日常生活やビジネスシーンなどで、実際に大変な思いをして体験し学ぶこと、つまり身をもって知るという体験をしたことはないでしょうか。

例えば、オーブンなどで高温で熱した皿を誤まって素手で触ってしまいやけどをしてしまった時や、防災体験施設で水中歩行の恐ろしさを体験した時など、日常生活の中の些細な体験から深刻な体験まで、さまざまなシチュエーションが考えられます。

今回ご紹介するI learned the hard way.(身をもって知ったよ)はそのようなさまざまな場面で活用できるフレーズです。

では、その表現を詳しく説明していきましょう。

身をもって知る=身をもって学ぶ

身をもって知ったは言い換えると、学んだという意味です。

そのため英語にすると、I learnedとなります。

次にどう学んだかがポイントとなります。
身をもってということは大変な方法を通して学んだことを意味していますね。

大変な=辛いなので、それを英語にするとhardです。

そして、方法wayという単語を使います。

つまり、大変な方法the hard wayとなります。

theがついているのは、楽な方法と比べ、大変な方法と特定をしているからです。

洋画や海外ドラマでよく使われる表現

つまり身をもって知ったよという表現は、英語にするとI learned the hard way.です。

辛い経験を通じて学んだ、というニュアンスが伝わってきますね。

職場で後輩にアドバイスをするときなどにも、自分の失敗に基づいて話をするときにはこの表現が使えます。

また、この表現は、洋画やアメリカのテレビドラマの中でもよく出てきます。

日常で使える生きた英語表現ですので、ぜひ覚えてください。

まとめ

身をもって知ったよを英語で表現した場合のI learned the hard way.について、日常生活からビジネスシーンなど様々なシチュエーションで活用できる例として紹介しました。

洋画やアメリカのドラマでもよく登場する英語表現ですので、ぜひ覚えて使ってみてください。

動画でおさらい

「身をもって知ったよ」を英語で言うと?よく出てくる英語表現を動画で確認してみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。