1. TOP
  2. 日本人があまりしらないけれどネイティブがよく使う英語表現
  3. 「今回は僕のおごりね」のネイティブ英語表現

「今回は僕のおごりね」のネイティブ英語表現

LINEで送る
Pocket

外国人の友人と一緒に食事に行って、「今回は僕のおごりね」と言いたいとき、英語で何と表現すればいいのでしょうか。

日本語では何気なく使う単語ですが、英語で言いたくてもなかなかすぐには出てこない表現ですよね。

バーで飲み物をおごったり、レストランで夕食をおごったり、相手に何かをおごる場面は様々です。よく使われる英会話フレーズが自然と口から出てくると、スマートな支払いが会計時にできるようになりますよ。

では、「今回は僕/私のおごりね」という表現について詳しく見ていきましょう。

僕のおごりを英語で表現

shutterstock_403028485

「今回は僕/私のおごりね」は英語でIt’s on me this time.といいます。

It’s on meは直訳するとそれは私の上に乗っかっているという意味です。

それは何を指すかというと食事代です。
したがって、食事代は私に乗っかっています=私がおごりますというニュアンスになります。

ネイティブがよく使う表現なので、どんな使い方をしているか、外国人の英会話を注意して聞いてみてください。

なお、this time今回を指します。

ですので、「次回は僕/私のおごりね」と言いたければ下記のように言ってみましょう!

It’s on me next time.

次回はおごってねを英語で表現

今回は「僕/私のおごりね」という表現と合わせてよく使える「次回はおごってね」という表現も覚えておきましょう。

「次回は夕食をおごってね」はBuy me dinner next time.といいます。

dinnerの部分におごってほしいものを当てはめましょう。

たとえばコーヒーをおごってほしければ

Buy me a coffee next time.

It’s on me.Buy me~.は一緒に覚えておくとよいでしょう。

ほかにもある表現例

おごると言う時によく使われる単語はtreatです。一度は聞いたことがある単語のではないでしょうか。

辞書で意味を確認すると、動詞でおごるご馳走する、名詞ではおごりと出てきます。
動詞でも名詞でもよく使う言い方があるので紹介します。

動詞として使う場合は、

I will treat you a drink.
飲み物をおごるよ。

Let me treat you to lunch.
ランチをおごるよ。

となります。

名詞として使う場合は、

It’s my treat.

僕が支払うよ。(僕のおごりね)

It’s on me.よりも丁寧な印象を与える表現です。

とっさに一言「おごるよ」と出ると、お店での支払いでもたつかず、スマートにご馳走できますよ。

また、getを使って、

I will get the bill.
I will get it.
僕が払うよ。

と表現することもできます。

billは名詞で伝票を意味します。お店から伝票を渡されたら使ってみてくださいね。

ビジネスシーンで使える表現例

ビジネスシーンではtake care ofを使って表現することができます。

take care of世話をする面倒をみるという意味で使うことが多いですが、任せておいて=ここは僕がもちますというニュアンスにもなります。

I will take care of it.
ここは僕が支払います。

かしこまったシーンで使ってみてくださいね。

おごってもらったらお礼を伝えましょう

相手におごってもらったら、お礼を伝えるのを忘れないようにしましょう。
お礼の例文を紹介します。

Thank you so much! It’s on me next time.
ありがとう!次回は僕のおごりね。

紹介したIt’s on me next time.を使ってシンプルに感謝の気持ちを伝えてみましょう。

Thanks for the meal.
ごちそうさまでした。

That was a great meal. Thank you!
美味しい食事をありがとう!

the mealは食事を指します。食事をありがとう=ごちそうさまというニュアンスです。
日常英会話でよく使う表現なので覚えておきましょう。

割り勘を英語で表現

おごる場面と同様に割り勘にする場面も、もちろんありますよね。

割り勘は英語でsplit the billです。
伝票を裂く=割り勘というニュアンスです。

また、割り勘は半分にするという意味なので、fifty fifty(50 50)と数字で表現することもできます。

Let’s split the bill.
We should split the bill.
Let’s go fifty fifty.
割り勘にしよう!

割り勘の方が適している場面で使ってみてください。
おごるよと一緒にセットで覚えておくといいでしょう。

まとめ

今回は今回は僕のおごりねと次回はおごってという表現について紹介しました。

「今日はおごるね」「じゃあ、今度コーヒーでもおごってよ」などのやりとりは、友人との会話ではもちろん、気になる相手とのデートやビジネスシーンでもよく出てきますよね。

そんなとき、会計時にスマートに使ってみましょう!

場面別で使えるフレーズを紹介したので、それぞれの場面でどのように使うかイメージしながら練習してみてください。

また、相手との関係によっては、割り勘が適している場合もあります。状況に応じて紹介した例文やフレーズを使ってみてくださいね。

もし、誰かにおごってもらうことがあったら、お礼を伝えるのを忘れないでください!

動画でおさらい

「今回は僕のおごりね」のネイティブ英語表現を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。