英語でありがとうは「Thank you」だけじゃダメ!ネイティブに想いが通じる言い方は?

LINEで送る
Pocket

感謝の気持ちを表すありがとう

ありがとうは英語で「Thank you」

表現することはあなたもご存じでしょう。

誰かに助けてもらったり嬉しいことをしてもらった時Thank youの一言だけでは少し物足りない…頑張って考えても
‟Thank you very much”

しか出てこない…そんな状況はとてももどかしいと思いませんか?

「Thank you」だけでは何に対してありがとうなのか相手に伝わっていないこともあります。

せっかく感謝の気持ちを伝えるのであれば思いを余さず伝えたいですよね。

今回紹介するフレーズをぜひ活用して、Thank youだけで終わらせずにもっと具体的に相手に気持ちを伝えられるようになりましょう!

「Thank you」と「Thanks」の違いって?

英語で「ありがとう」はThank youであるということはあなたも知っていますね。

ネイティブもよく使うThanksにはどのようなニュアンスあるか知っていますか?

まずは「Thank you」「Thanks」の違いを説明します。

・丁寧な「ありがとう」:
Thank you

基本的によく使われるありがとう(ございます)です。気さくな会話でも、フォーマルでも使えます。

・カジュアルな「ありがとう」:
Thanks

友人などの親しい相手に対して使います。

‟あ、サンキュ!ありがとね~”のようにフランクな印象です。

Thank youだけじゃダメ!

‟Thank you”だけで終わらせずに何に対してありがとうかをきちんと伝えられるようにしましょう。

・Thank you. I mean~

‟I mean~”は直訳すると「私は~を意味します」ですので「つまり」と言うニュアンスになります。

‟Thank you.”のあとに「I mean~」と文章をつなげて何に対して感謝をしているのかを述べましょう。

Thank you. I mean you taught me English.

ありがとう。つまり、あなたが私に英語を教えてくれたこと。

Thank you. I mean you sent a birthday message to me.

ありがとう。つまり、誕生日のメッセージを送ってくれたこと。

・Thank you for ~ing/名詞
~をしてくれてありがとう。

‟Thank you”の後ろに「for ~ing(動詞の進行形)」「for 名詞」を続けるだけで何に対して感謝しているのかを伝えることができます。

イディオムとして「Thank you for ~ing/名詞」を丸暗記してしまいましょう。

センテンスをゼロから作らないのが上達への近道!

ゼロからセンテンスを作れるようになりたい、文法をきちんと理解してネイティブのように英語を話せるようになりたいという方が多いですがゼロからセンテンスを作ったり文法を考えながら話をしようとするのがとっさに言葉が出てこなくなる要因です。
正しい文法で話そうと意識してしまうと「Thank you」のあとにくる前置詞は‟to”?それとも、‟for”?…などと悩んでしまって言葉が続かなくなります。

他にも人がいるのであればそのうちに会話はどんどん進んでしまいますし、話しているのが二人きりだった場合は、会話が途切れてしまう原因にもなります。
会話はテンポも大切な要素です。

「Thank you for ~ing/名詞」をそのまま覚えて活用するようにしましょう!

“Thanks”を使用した英語はこちらの記事も参考になります
⇒微妙な表現「Thanks anyway.」はどんな時に使うの?

「Thank you for ~ing」で表現しよう!

Thank you for ~ing」の‟~ing”の動詞の部分を変えるだけでたくさんの表現ができます。

英語を教えてくれてありがとうね。
Thank you for teaching me English.

息子の面倒を見てくれて、本当にありがとうございます。
Thank you for taking care of my son.

※‟Take care of~”
・・・~の世話をする、面倒を見る。

いいアドバイスをくれてありがとう。
Thank you for giving me good advice.

電話をしてくれてありがとう。
Thank you for calling me.

聞いてくれてありがとう。
Thank you for listening.

こんな時にも”Thanks”を使用します
⇒試着して買わない場合、気まずくならない去り方の英語表現

「Thank you for 名詞」で表現しよう!

「Thank you for」の後ろに名詞をつなげても何に感謝しているのかを伝えることができますよ。

今までやってくれたこと全てにおいてありがとう。
Thank you for everything.

電話ありがとう。
Thank you for your call.

今日はありがとう。
Thank you for today.

次の例ではビジネスシーンにおけるメールのやり取りなどで使われます。

返信ありがとうございます。
Thank you for the reply.

メールありがとうございます。
Thank you for your email.

SNSでよく使われるのがこちら。
メッセージありがとう。
Thank you for your message.

コメントありがとう。
Thank you for your comment.

ビジネスメールでの”Thank you for ~ing”は、こちらの記事も参考になります
⇒ビジネスメールに頻繁に使える英語は丸暗記して盗もう!

まとめ

「Thank you」だけで感謝の気持ちを伝えていた方。

ありがとうの一言だけではなく何に対して感謝しているのかをきちんと伝えられるとあなた自身も、言われた相手も嬉しいはずです。

Thank you. I mean ~/Thank you for ~ing/名詞を使って色々な感謝を伝えられるようにしましょう。

Thank you very much for reading through!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

動画でおさらい

「英語でありがとうは「Thank you」だけじゃダメ!ネイティブに想いが通じる言い方は?」を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket