「躊躇」を英語で?hesitatedを使った例文

英語ぷらすメルマガ登録

LINEで送る
Pocket

環境が大きく変わるような決断を下す時に、躊躇しない人はいませんよね。

実際、英語を学んでいても、実際の英語環境を経験するために海外旅行や留学、移住したいとおもっていても、どうにも躊躇してしまって決断できずにいるという人もいるのではないでしょうか?

ところでこの躊躇するという言葉ですが、英語ではなんて表現するかわかりますか?

自分が何に対して躊躇しているのか、どうして躊躇してしまうのかを英語で表現することで、意外な活路が開けることもあるかもしれません。

今回はこの「躊躇する」を意味する英単語とよく使われるフレーズを紹介します。

英語で躊躇するはhesitate

躊躇するを意味する英単語はhesitateで、発音はヘジテイトゥのようになります。

hesitateを含むフレーズでよく使われるものは以下のものです。
私は一瞬躊躇した。
I hesitated for a sec.

secsecond(秒)の短縮形で、a secで1秒=一瞬や束の間を意味する英語表現です。

a sec/seconda while(しばらく)に変えて

私はしばらくの間躊躇した。
I hesitated for a while.

と言い換えることもできます。

hesitateの躊躇する以外の翻訳のし方

躊躇する、というとちょっと大げさに思われますが、hesitateのニュアンスには大きく分けて3つあります。

(確信が持てないため)行動に移さない、行動をためらう、二の足を踏む

彼からのプロポーズに「はい」と言うのを躊躇タメラった。
I hesitated to say “yes” to his proposal.

(何かをすることに)抵抗を感じる、気が進まない

メンバーの事を知らなかったため、彼はチームへの参加をためらった
He hesitated to join the team because he didn’t know the members.

彼女は汚れた服を着ることに抵抗を感じた。
She hesitated to wear the dirty clothes.

3.口ごもる、言葉に詰まる

なぜ嘘をついたのかを父に聞かれた時、私は言葉に詰まってしまった。
When my dad asked me why I lied to him, I hesitated.

hesitateを使った「遠慮しないでください」の表現

他によく使われるhesitateを含む表現として「遠慮せずに」「遠慮しないでください」というものがあります。

もし質問があれば、遠慮せずお尋ねください。
If you have any questions, do not hesitate to ask.

もし私たちの手助けが必要でしたら、遠慮せずご連絡ください。
If you need our support, don’t hesitate to contact us.

また、hesitateの名詞形であるhesitationを使った表現もよく使われます。

もし何か質問がありましたら、遠慮せずお問い合わせください。
If you have any questions, ask us without hesitation.

without:~なしで
without hesitation:遠慮せず、遠慮なく

このフレーズは日常以外にもビジネスの場でもメールなどでよくつかわれます。
しっかり覚えて活用できるようになりましょう!

hesitateに似た意味の英語は?

英語の表現力を広げる際には、類義語辞典や英和辞典を使って類義語を調べるととてもいい勉強になります。

たとえばhesitateの類義語のページにはwaverfalterという単語が存在しますが、それぞれどんなニュアンスがあるのでしょうか?
詳しく英語フレーズ検索していくとそれだけで長くなってしまうので、ざっくりとしたニュアンスの違いを紹介します

決心がつかずにためらっている状態
Hesitate:

いったん決心はしたように見えるが,その後に改めてためらいを感じている状態
Waver:

勇気不足・恐怖心でしりごみをしている状態
Falter:

もっと具体的な意味やニュアンスが知りたければ、英英辞典やシーソラスと呼ばれる類語辞書でそれぞれの単語を調べてみると、細かいニュアンスや使い方の違いについてとても詳しく説明があります。

最近は紙の英語辞典もオンラインで辞書サイトや辞典アプリになっています。

こういったサイトやアプリは英単語だけでなく英語フレーズ検索をするにも便利なので、どんどん使って語彙力を伸ばしていきましょう!

まとめ

躊躇するを英語で言うとhesitateです。

このhesitateの後に「短い時間」を表すa sec/a seconda whileを付けると「一瞬躊躇した」や「しばらく躊躇した」という表現になります。

日本語ではいくつもの異なる表現を使う場合でも、英語だと1つの単語やフレーズに集約されるケースは比較的多く、このhesitateにも

  1. (確信が持てないため)行動に移さない、行動をためらう
  2. (何かをすることに)抵抗を感じる、気が進まない
  3. 口ごもる、言葉に詰まる

のように、代表的なものだけで3つのニュアンスを表現することができるのです。

また、日常会話やビジネスの場でとても便利な「遠慮せずに」を表すフレーズ、Don’t hesitate to ~without hesitationもしっかり覚えて躊躇せず活用できるようになりたいものですね。

動画でおさらい

「躊躇」を英語で?”hesitated”を使った例文を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

最初のコメントをしよう

必須