1. TOP
  2. 英会話フレーズ
  3. どういう感覚で使う?「Try not to make waves.」の意味と使い方

どういう感覚で使う?「Try not to make waves.」の意味と使い方

 2018/04/07 英会話フレーズ
 
LINEで送る
Pocket

ネイティブスピーカーと仕事をしているとき、Try not to make waves.という表現を聞いたことがありませんか?

海外ドラマや映画で聞いたことがある人もいるかもしれませんね。このフレーズ、いったいどのような意味なのでしょうか?

またどのようなシーンで使われるのでしょうか?それでは詳しく見ていきましょう。

直訳すると「波を作らないようにしなさい」!?

このフレーズの意味を知るためにまず、Try not to make waves.を分解して直訳してみましょう。

tryは「試す」という意味ですから、命令形で「~するようにしなさい」という意味になります。

これにnot toがつくと「~しないようにしなさい」となります。

さらにmake wavesは「波を作る」という意味ですから、Try not to make waves.を直訳すると「波を作らないようにしなさい」となります。

食品売り場で言ってみよう「試食できますか?」を英語で

意訳することでよく使うフレーズに!

直訳するとなんだか不自然な日本語になるこのフレーズですが、Try not to make waves.を日本語で意訳するとどんな意味になるのでしょうか?

「波風を立てないようにしてください」や「円満に解決してください」といったニュアンスが近いです。

waves=波ですが、このフレーズでは「波風」と訳します。

また、似たような表現で

don’t rock the boat.

直訳は船を揺らすですが、意訳すると波風を立てないとなります。いずれも、荒波を想像させるフレーズですね。

英語のフレーズには、このように直訳すると少し不自然な感じがするものでも、よく使わる表現が多くあります。

例えば、若者がよく使うChill out=頭を冷やしてですが、chill=「冷たくする」という単語が、頭を「冷やす」という表現と重なり、よく使われる英語のフレーズになっています。

ほかにも、こんなフレーズがあります。

Let’s catch up.
直訳すると「追いつきます」のようになりますが、実は、「話そう」という意味です。

スムーズに表現してみて!

Try not to make waves.を「波を作らないようにしてください」という直訳で覚えていても、いざ使いたい時にはなかなか出てこないかと思います。

ですので、実際に使いそうな日本語「波風を立てないようにしてください」や「円満に解決してください」とTry not to make waves.をリンクさせて覚えるようにしましょう。

自然な日本語と一緒に覚えれば実際の会話でもスムーズに表現できるようになります。

「健康の秘訣は何?」を英語で言うと?

そのほか「円満」を表す英語表現

amicable settlement
(円満解決、和解)

settle amicably
(丸く収める、平和的に解決する)

settle~satisfactorily
(~を円満に解決する)

The labor trouble reached a peaceful settlement.
(労働争議は円満に解決した)

He is building a happy home.
(彼は円満な家庭を築いている)

そのほか「make waves」を含んだ英語表現

I want to do things peacefully without making waves.
(波風を立てずに円満にやっていきたいんです)

Teachers don’t like students to make waves.
(教師達は、生徒達に問題を起こして欲しくない)

Don’t make waves at work.
(職場で波風を立てるな)

She was never one to make waves.
(彼女は事をあら立てるような人間ではなかった)

I made waves with my bold remark.
(私は大胆な発言で波風を立てた)

「Try not to make waves.」ってどういう意味?まとめ

今回は、「円満に解決してください」「波風を立てないようにしてください」といった意味を持つフレーズ、Try not to make waves.について紹介しました。

いかがでしたか?日本人が使えそうで使えないフレーズの一つですよね。

ビジネスシーンでも、プライベートな場面でも両方使えるネイティブスピーカーらしい表現です。

できればあまり立ちたくはない状況かもしれませんが、もし、こんな場面に直面してしまった時に、さらっと使いこなせたらカッコいいですよ!

動画でおさらい

「どういう感覚で使う?「Try not to make waves.」の意味と使い方」を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。