「なんとも言えない…」を英語で何と言う?英語の決まり文句

LINEで送る
Pocket

日本語の日常会話の中でも時々「なんとも言えない」というフレーズが出てきます。

感極まって「何も言えない」と言う場合と、人間関係を円滑に保つためのフレーズの「何とも言えない」は同じような単語ですが意味合いが異なってきますよね。

今回は、気分や感情を交えて「なんとも言えない」と表現したい場合の言い回しも合わせて紹介します。

さまざまなニュアンスがありますが、状況を想像しながら英会話フレーズをマスターしまていきましょう!

人間関係を円滑に保ちたい時の「なんとも言えないな…」

例えば、職場の同僚や友人の誰かが、ある人のことを快く思っておらず、愚痴をこぼしてきたとします。

同僚に共感してあげたいのは山々だけれどもその人について悪く言うと立場が悪くなりそうな可能性がある場合や、自分は深く知らないので「何とも言えない」と言葉を濁した経験はないでしょうか?

このような場合の表現は
It’s hard to say.

となります。

直訳をすると、言うことが難しいという意味合いになりますが、この英語表現は「なんとも言えないな」に値します。

「なんとも言えない」のその他表現

It’s hard to say.以外にも「なんとも言えない」に値する英語表現はいくつかあります。

こちらではまず、上述の関連フレーズとして人間関係を上手く保つための「なんとも言えない」のネイティブ英語表現を紹介します。

確かなことは言えず、はっきりわからないとき

I’m not sure about it / this.

I can’t say anything.

※上記は共に「なんとも言えないな」というニュアンスの英語表現

嬉しくて「何とも言えない」

思いがけず嬉しいこと起こった時、あなたならどのようにリアクションするでしょうか?

日本語なら「やった!」や感情を抑えきれず飛び跳ねる人もいるのではないでしょうか。

こちらでは、感情や気分を表す場合の英語フレーズを紹介します。

YES!!!

Oh my goodness!

I can’t believe this!

I’m speechless!

日本語表現で喜びを表す言葉がいくつもある様に英語でもたくさんの言い方があります。

こういった英語表現は、日常の中で何かいいことがあったらこっそり練習してみると自然に口から出てくるようになります。

英会話レッスンに通っている場合なら定期的に英語を話す機会があるかもしれませんが、英会話スクールに通っていない場合などは、テレビの運勢占いでいい日になりそうと知ったらYes!とつぶやく、または、サプライズで何かをもらう機会があったらOh my goodness!!とリアクションしてみると良いでしょう。

こんな時どう言う?と自分に英語フレーズテストしてみるなど、日々の中に英語を意識する時間を増やしていくことがポイント。

今からできる英語学習方法のひとつとして、上記の英語リアクションフレーズを覚えておきましょう!

まとめ

「なんとも言えない」を英語で表現した場合のIt’s hard to say.について、言うのが難しい=なんとも言えないというニュアンスになることを状況や感情を交えて紹介しました。

英語は意識することでグンと伸びていきます。

まずはさまざまなシチュエーションで、自分ならどう英語でリアクションするかを考えてみると楽しいですよ!

ぜひ徐々に日常生活の中に英語を浸透させてみてくださいね!

動画でおさらい

フレーズ事覚えちゃおう!「なんとも言えない…」を英語で言うと?を動画で確認してみましょう。

LINEで送る
Pocket