英語で「long time no see」は使わない!?ネイティブが使う「久しぶり」の英語表現23選

しばらく連絡をとっていなかった友人とばったり会った時などには、誰でも「久しぶり」と言いますよね。
ネイティブがよく使うフレーズや、ビジネスで使えるフレーズ、メールや手紙の書き始めの「久しぶり」を紹介します。

また、「~するのが久しぶり」と行動することが「久しぶり」と言いたい場合も合わせて紹介します。

ネイティブが使う「久しぶり」の表現とそれに続くフレーズ

友人や知り合いに久しぶりに会った時にネイティブが使う表現です。

日本人は「long time no see」とよく言いますが、実はネイティブはあまり使わないそうです。この機会にネイティブが使うフレーズを覚えましょう。

ネイティブが使う「久しぶり」のフレーズ


It’s been a long time.

It’s been a while.

It’s been ages.

この3つのフレーズはネイティブが自然に使う表現です。
これらに使われている「It’s」ですが、「It has」と現在進行形の略になります。

これらの「久しぶり」のフレーズに「元気だった?」などの言葉を一緒に使うと、より自然な感じになります。

(久しぶり。元気にしてる?)
Hey, how have you been? It’s been awhile.

(久しぶりだね。最近どうしているの?)
It’s been a long time. What have you been up to?

(わぁ〜マイク、本当に久しぶりだね!会えて嬉しいよ。)
Wow! Good to see you Mike. It’s been ages!

また、「long time no see」は非常にカジュアルな表現なので、ビジネスの場面では使えません。
しかし、上記の「久しぶり」のフレーズはビジネスの場面でも使えるので、ぜひ覚えてください。

再会の喜びを表すフレーズ

久しぶりに会えた時は、「久しぶり」と表現するだけではなく、会えて嬉しいことを伝えますよね。
再会の喜びを伝えるフレーズも一緒に覚えましょう。

(また会えて嬉しいよ)
It’s good to see you again.

(君に会えたなんて最高だよ)
It’s great seeing you.

(また会えて本当に幸せ)
I’m so happy that I got to see you again.

(こんなに早くもう一度会えたなんて信じられないよ)
I can’t believe that I got to see you again so soon.

メールや手紙の書き始めで使えるフレーズ

英語 久しぶり long time no see

また、「久しぶり」はメールや手紙の書き始めでも使います。
メールや手紙の書き始めをビジネスの場面もふまえて、紹介します。

友達への手紙やメールの書き方

久しぶりに友達へメールや手紙を書く場合、久しぶりにコンタクトが取れて嬉しいという気持ちや、相手や家族を気遣うフレーズで書き始めましょう。

(お久しぶり!)(フランクな表現になります)
I have not seen you for a long time.

(お久しぶりです)
It’s been such a long time since we have spoken.

(最近、全然連絡とってなかったね)
We haven’t had much contact recently.

(何年ぶりかな)
It has been years.

(最後に会ってから随分たちますが、元気でやっていますか?)
It has been a long time since we met last time. I hope you are doing well.

(メアリー(奥様)はお元気?)
How about Mary?

(早いもので、ニューヨークで昼食を共にしてからもう3年が経ちますね)
How quick the time goes. We have not seen each other for three years since we had lunch at NY.

(前回お会いしたのはいつでしたかね?また連絡をとることができて光栄です)
I cannot remember when we met last time. It is nice to communicate with you again.

ビジネス関係のメールの書き方

ビジネスの場面では、過去に名刺を交換しただけの相手に、メールを送ることもありますよね。
そのような場合は、会った場面を思い出せるような書き方が効果的です。

普通に「お久しぶりです」と書き始めたのでは、いつ会ったか思い出してもらえない時もあります。

(環境保全会議で名刺交換させて頂いた、佐藤と申します。このアドレスでコンタクトさせて頂いてよろしいでしょうか)
My name is Ms. Sato. We met at the environment protection conference, and exchanged business cards. I hope this e-mail finds you well.

(以前コーさんの紹介で、御社のテキサス工場に伺ったことがあります。その際は御社を案内してくださり、ありがとうございました)
I went to your Texas plant after Mr. Koh introduced me. Thank you for taking the time to show me your plant.

また、頻繁にではないが何度かやり取りをしているクライアントなどには、「久しぶり」の挨拶の他に近況を伝えると、ビジネスメールでは本題に入りやすくなります。

(あなたが開発したアプリケーションは順調に稼働していますよ)
The application that you developed worked.

(なかなかご連絡できずに恐縮です)
It is shame that I have not corresponded with you more frequently.

友達にメールを送る場合とは、だいぶ異なりますね。
しかし、覚えておくとビジネス上で役立つでしょう。

久しぶりに行動をすることを表現しよう

「久しぶり」は挨拶以外でも、「~するのは久しぶりだ」など会話の中でも使います。

あなたは、「~するのは久しぶりだ」とスムーズに言えますか?

カジュアルの場面で使う表現

挨拶で使うフレーズに「since」をつけると、「~するのは久しぶり」という表現になります。

(実家に帰るのは久しぶりです)
It’s been awhile since I came back home.

(バスケをするのは久しぶりです)
It’s been a long time since I played basketball.

(これを食べるのは本当に久しぶりだな)
It’s been ages since I ate this.

この他に、「~年ぶりに~します」などという表現もできます。

(3年ぶりにテニスをしています)
I am playing tennis for the first time in 3 years.

ビジネスの場面で使う表現

ビジネスの場面では、仕事を一緒にするのが久しぶりな場面などでは、ただ「久しぶり」というだけでなく、より具体的に表現するとネイティブに近づきますよ。

(私たちは最後に一緒に仕事をした時から、5年も経ってしまいました)
It is five years since we last worked together on a project.

(いつ最後に私たちは一緒に仕事をしましたか?少し時間が経ちましたよね)
When was the last time we worked together? It’s been a while, hasn’t it?

まとめ

英語 久しぶり long time no see

「久しぶり」と日本語では一言で済みますが、英語ではシチュエーションによって表現が異なります。
「long time no see」だけを使うのではなく、ネイティブが使う「久しぶり」を真似することで、より英語が上達するでしょう。

ぜひ相手や状況によってng>「久しぶり」を 使い分けられるようになってくださいね。