英語で地震について説明してみよう!お役立ちフレーズ14選!

LINEで送る
Pocket

日本は地震大国。
世界から見ても地震発生率は
上位をキープしています。

そしてここ数年の間に
大きな地震が世界で起きています。

そして、
日本でも近年でも
地震が増えていますね。

しかし、

世界では地震のほぼない国もあり、
地震について
知識のない国もあります。

今回は地震について
外国人に説明する場合を想定し、
お役立ちフレーズを紹介します。

seismic intensity(震度)で地震の大きさを表現しよう

震度は地震の規模を表しており、
避難する基準にもなるため、
非常に重要な数字です。

この震度がわからなければ、
地震の規模がわからず、

人々の間にパニックが
生じるかもしれません。

震度の規模によって
津波の発生や建物の倒壊する
リスクがあります。

そのため情報を
しっかりと伝える必要があります。

(今朝の地震は震度5でした)
The earthquake’s scale of seismic intensity was level 5 in this morning.

(震度はどのぐらいの規模の地震があったかを知るために、非常に重要なものになります)
Seismic intensity is very important to determine how big earthquake was.

・huge(巨大な)

bigよりも大きなものを指す
hugeを使用することで、

地震の大きさをより正確に
言い表すことができます。

以下の巨大地震とは
大震災レベルの地震のことを
指します。

(日本ではごくまれに巨大地震が発生します。)
There are huge earthquakes occasionally in Japan.

・aftershock(余震)

地震といっても、
突然くるものもあれば、

小さな揺れから大きくなるもの、
その後も余震が続く場合があります。

余震がある場合は、
警戒しておいた方がよいでしょう。

(大きな地震の後にはしばらく余震が続く場合があります)
There are usually aftershocks for a while after big earthquake.

地震対策を説明しよう

日本は地震と隣り合わせ。

いつ地震がきてもいいように、
いろいろな対策を
個々におこないましょう。

・earthquake emergency message(緊急地震速報)

地震が発生する前に、
緊急で携帯電話などに通知がきます。

この設定は、
個人でおこなうもの。

ご自身の携帯電話から
設定を行っていただくことになります。

(地震の数秒前に携帯電話に緊急地震速報が届きます)
Earthquake emergency messages come to my mobile phone a few seconds before earthquake comes.

・resistant earthquake(耐震性)

日本の建物は
耐震性となっており、

少しの揺れでは
倒壊しないようになっています。

その他の国では
耐震性となっているものが少なく、

地震が起きたら
容易に倒壊してしまう
構造のものも存在します。

(ほとんどの日本の建物は耐震性です)
Most Japanese buildings are resistant earthquake.

・keep ○○ on safe(○○を安全に保つ)

地震が起きることを想定して、
家具やタンスなど、

大きいものや倒れてきたら
危険なものは、

固定しておくことを
おすすめします。

(私たちはテレビや家具が落ちたりしないように対処します。)
We keep TV and furniture in safe places in the house so that they will not fall or move.

・emergency supplies(非常グッズ)

もし避難しなければ
ならなくなった場合、

非常食や水などが必要になります。

避難先に食べ物などが
あるとは限らないからです。

また懐中電灯や温まるものなど
あると便利です。

(リュックに非常用の食べ物とお水を準備しておくべきです)
You should prepare some emergency foods and water and so on in the back pack.

こんな英語表現もご紹介。
あなたは知っている?意外と知らない「消費税」の英語表現

地震発生時の注意点を説明しよう

・secure○○(○○を確保する)

地震が発生したら
逃げるルートも
確保しなければなりません。

地震の場合は、
ドアや窓が開かなくなる
可能性があります。

まずは
避難経路を確保しましょう。

(地震が発生したら、ドアと窓を開け避難経路を確保します)
When an earthquake occurs, open windows and door and to secure evacuation routes.

・protect oneself(身を守る)

地震が発生したら
まずは身も守りましょう。

(厚手の服か何かで頭を覆うか、テーブルの下に隠れて身を守ります)
Cover your head with something such as thick clothes or hide under the table to protect yourself.

・danger of destroying houses or buildings(家や建物の倒壊の恐れ)

(地震が止んでも家や建物が倒壊する恐れがある場合は、避難所に避難してください)
Please stay at the evacuation center. Even after the earthquakes end there is still a danger of houses or buildings collapsing.

・side of the road(道路わき)

(地震発生時に車を運転している場合は路肩に停車してください)
If you are driving a car when earthquake happens, you should stop the car on the side of the road.

・turn off the gas(ガスを止める)

火事など2次災害を防ぐために
ガスはしっかり消しましょう。

(地震が発生した場合は火事にならないよう、ガスを消してください)
Please turn of the gas when earthquake happens in order to prevent a possible fire.

・higher land(高台)

(津波が発生したら、高台に避難してください)
If a Tsunami occurs, please go to higher ground for evacuation.

英語で地震について説明してみよう!まとめ

災害はいつ発生するか
わかりません。

日本は地震が多い国。

いざというときのために
英語で説明できるように
しておきましょう。

日本の地震について
外国人と話題にしていただけたら、

きっと災害への意識
高まるのではないでしょうか。

LINEで送る
Pocket