「筋肉」に関する英語表現。トレーニングで使えるフレーズも紹介

英語ぷらすメルマガ登録

LINEで送る
Pocket

健康意識が高まってきた日本。

パーソナルトレーニングジムや
スポーツジムが流行っていますね。

数年前と比べ、
目的に応じて個別で指導を受ける人も
増えてきたのではないでしょうか?

ムキムキな体を
目指す方もいれば、

健康のための体力づくりや

目標に向けて
ダイエットをしている方など

さまざまな目的を持って
体を動かす方が多くなってきています。

どの目的でも共通していることは
筋肉を使って
体を動かしていること。

そしてスポーツジムに
通っていることです。

ジムに通っていると
よく聞こえてくる会話が

「筋肉すごいね!」や
「腹筋の筋肉かっこいいね!」など

「筋肉」についての会話。

そこで今回は
「筋肉」を使った英語のフレーズと、
ジムで使えるフレーズを紹介します。

最近では、スポーツジムに海外の方も増えていますね。

ぜひ、スポーツジムにいることをイメージしながら、今回のフレーズを練習しましょう。

英語で「筋肉」ってなんて言うの?


「筋肉」って
英語でなんて言う?
と言われれば、

思い浮かぶ言葉は
「マッチョ」や「マッスル」
ですよね。

この二つの英語表現について紹介します。

「マッチョ」の英語表現

まず「Macho(マッチョ)」

基本的には
「Manly(男らしい)」

と言う意味。

起源は1920年代の
ラテン語が由来だと言われています。

ただし、

「マッチョ」は英語圏では
伝わらないので要注意です。

日本語の「マッチョ」は、

英語では
「Muscular(マスキュラー)」

と言います。

発音のポイントとしては
最初の「Mus(マス)」を
強く言い、

そのまま下がるように
「cular(キュラー)」
と流します。

「マッスル」の英語表現

「マッスル」ですが、

こちらはそのまま
「Muscle(マソー)」

と表現します。

ただ、
「マッスル」という発音ではなく、

正しい英語の発音は
「マソー」。

「Muscle」の
「l(エル)」の部分は

発音しないように言うのが
ポイントです。

それでは、この

「Muscular(マスキュラー)」と
「Muscle(マソー)」

使ったフレーズ
紹介します。

(あなたはとてもマッチョだね!)
・You are so muscular!

(とても筋肉が大きいね。)
・You have big muscles.

(彼は筋肉質だね!)
・He is a muscular man!

このように
表現してみましょう。

マッチョな男性には
「Muscular men」

と言う
表現をするのも良いでしょう。

とてもシンプルで
覚えやすいですよね。

特に鍛えている男性や
女性に言うと喜ぶフレーズです。

コミュニケーションで使えるその他のフレーズ

「筋肉質だね!」や
「マッチョだね!」と
たくさん会話する場所を言えば、

先ほども説明した通り、
スポーツジム。

お互いの「筋肉」を褒め合うことで
モチベーションにもつながります。

ただそれだけではなく、
よりコミュニケーションを
とるために使えるフレーズを
紹介していきましょう。

(どのくらいの頻度でジムに通ってるの?)
・How often do you go to the gym?

(今日は何に取り組んでいるの?)
・What are you working on today?

(これからジム?)
・Are you going to the gym?

(どのくらい鍛えているの?)
・How long have you lifted weights?

(良いトレーニングを!)
・Have a nice workout!

このようなフレーズを
コミュニケーションの手段として
使ってみてください。

また、日本語でいう
「筋トレ」が英語で

「Workout」

や「Training」


と言いますので

こちらも活用して
会話に組み込んでみましょう。

こんな英語表現もご紹介。
アメリカ英語とイギリス英語で「ゴミ」を使い分けよう!

身体を鍛える人必見!「筋肉」の正しいフレーズまとめ

いかがでしたでしょうか?

鍛えていると
必ず出てくるこの「筋肉」
と言う言葉。

鍛えている人同士の会話の中では
必ずといっていいほど登場します。

そして、
日本語で言う単語や発音は

実際に英語でいうと
発音やフレーズが少し違うことも

今回分かったのでは
ないでしょうか?

決して「マッチョ」とは言わず、
正しいフレーズ、
正しい発音をマスターして

会話に生かしてみてくださいね。

そして、
ぜひジムでのコミュニケーションに
紹介したフレーズを活用して、

よりよいコミュニケーションに
つなげていきましょう。

LINEで送る
Pocket