アメリカ英語とイギリス英語で「ゴミ」を使い分けよう!

LINEで送る
Pocket

日々生活をしていると
必ず出る「ゴミ」。

日本でも、
「ゴミ」といっても、
生ごみやプラスチックごみ、
廃棄物など、

さまざまなゴミの種類があり、
言い方も変わってきますね。

これはアメリカなどの
英語圏でも同じです。

さらに、
アメリカ英語とイギリス英語でも
使われる単語が異なってきます。

そこでここでは、
アメリカ英語とイギリス英語での
それぞれの
「ゴミ」の表現についてご紹介します。

ゴミは英語で?「Trash」「Garbage」「Rubbish」の違い

辞書を引くと、
「Trash」「Garbage」「Rubbish」など
「ゴミ」の単語が
いくつも出てきて混乱しませんか?

ゴミを意味するこれらの単語。

アメリカとイギリスで
一般的な言い方はこのようになります。

アメリカ英語:「Trash」「Garbage」

イギリス英語:「Rubbish」

それでは、
それぞれの単語の意味を
みてみましょう。

「Trash」(アメリカ英語)・・・紙くずなど、一般的なゴミ

「Garbage」(アメリカ英語)・・・台所などから出る生ゴミ

「Rubbish」(イギリス英語)・・・紙くずや生ゴミなど、ゴミ全般

イギリスで使われる「Rubbish」は
アメリカで使われる「Trash」「Garbage」の
両方を含めた意味があることがわかりますね。

ただし、最近ではアメリカでも
「Trash」と「Garbage」を
区別せず使うこともあるようです。

“ 生ゴミと紙くず ” など
分別が必要なときに役立ちますので
基本的な意味は覚えておきましょう。

ゴミ箱の種類は?

ゴミの言い方が使い分けられるように
ゴミ箱もそれぞれ呼び方が異なります。

アメリカ英語編

「Wastebasket」

通常屋内で使う
紙くずなどの乾いたものをいれる、
蓋のないゴミ箱。

※ 無駄にするという意味を持つ “ Waste ” ですが
ゴミの場合、“ 廃棄物 ” となります。

「Trash can」

家庭やオフィスの、蓋のあるゴミ箱。
または、公共のゴミ箱。

「Garbage can」

家の外に置く大きなゴミ箱。
業者が定期的にゴミを収集しにきます。

「Dumpster」

工事現場などにある、金属製の巨大なゴミ箱。

イギリス英語編

「Wastepaper basket」

通常屋内で使う
紙くずなどの乾いたものをいれる、蓋のないゴミ箱。

生ごみも含む、蓋のあるゴミ箱全般。
「Rubbish bin」

駅や公園など、公共の場にあるごみ箱
「Litter bin」

工事現場などにある、金属製の巨大なゴミ箱。
「Skip」

イギリスで意味する‟ Rubbish ”って?

ゴミを意味する‟ Rubbish ”
イギリスでは
スラングとしても使われています。

Rubbish = たわごと、くだらないこと

この音楽、つまらない!
・This music is rubbish!

くだらない話をしないで!
・Don’t talk rubbish!

ダメダメだった!
・That was rubbish!

「ゴミを捨てる」の例文

一般的に「ゴミを捨てる」として
使われる英語は
‟ Throw away ”

ですね。

このゴミをどこに捨てたらいいですか?
・Where can I throw this trash/rubbish away?

この本を捨ててください。
・Please throw this book away .

アメリカ英語とイギリス英語で「ゴミ」を使い分けよう!まとめ

アメリカ英語とイギリス英語の違い
お分かりいただけたでしょうか。

イギリスでは
基本的にゴミは全て「Rubbish」。

アメリカでは
生ゴミが「Garbage」
生ごみ以外が「Trash」。

そして、
アメリカではゴミ箱のことを
「Trash can」「Garbage can」など、

canをつけて
呼ぶことが多いですが

イギリスでは
「Rubbish can」
言うことはありません。

注意しましょう!

LINEで送る
Pocket