「ふさわしい」を英語で言うには?rightを使った英語表現

LINEで送る
Pocket

日本人が英語で言えそうで言えない表現の1つ「ふさわしい」について紹介します。

「ふさわしいは」英語で、
「right for ~」

と表現します。

rightには、

「適任の、ピッタリの、ふさわしい」という意味があるので、「right for ~」で、「~にふさわしい」になるのです。

具体的にどんな風に使うのか、例文で確認してマスターしてくださいね!

「~にぴったり」

ボーイフレンドができたことを
友達に話すときなどには、

He’s right for me.

使うことがあります。

right for me で、

「私にふさわしい、ピッタリの」
という意味になるので、

「彼は私にふさわしい人なの!」
という意味になります。

文章も短いので、
簡単に言えますね。

また、
パーティで友人が
素敵なドレスを着ていたら

“Your dress is right for this party!”

と言うと、

「このパーティにピッタリのドレスですね」
という意味になります。

この “right for ~”
「ピッタリの」という場合、

サイズがピッタリ合う、
とかよく似合うね!という意味の
「ピッタリ」ではなく、

日本語での
「ふさわしい」という
意味になります。

“Your dress is right for you!”

「よく似合うね」
とは言わないので注意してください。

「サイズがピッタリだね」
と言いたいときには

“Your dress is the right size for you!”

“size”

入れた方がわかりやすくなり、

「似合ってるね」
と言いたいときは

“The dress looks good on you!”

と言います。

更に仕事の場面などで、

“You are the right person for this position.”と、

“right”と“for”の間に
“person”

を入れると、

「~にピッタリの人」となり、

この例文は
「あなたはこの
ポジションにピッタリの人です」

という意味になります。

ふさわしくない

次に
「ふさわしくない」
否定したい場合の表現です。

「We’re not right for each other. 」と、

“not” がつくと、

「ふさわしくない」
という意味になります。

この例文は、

「私たちは
お互いにとってふさわしくない」

という意味になるんですね。

「適材適所」

先ほどの例文にあった
“right person for~”

踏まえて、

次の例文を
見てみましょう。

「Right person for the right job. 」

これを日本語にすると
どういう意味に
なるのでしょうか?

“right” には、

「適任の、ピッタリの、ふさわしい」
という意味があるので、

“right person”=「ふさわしい人」

“right job” =「ふさわしい仕事」
となり、

この例文は
ふさわしい人がふさわしい仕事をする、

「適材適所」
という意味になります。

この
“right for~”を使って、
仕事の面接の時に

“Why do you think
that you are the right person
for this job?”

と聞かれることがあります。

これは、あなたが

“right person for this job”

この仕事にふさわしい人、
ということで

「なぜあなたがこの仕事に
ふさわしいと思うのですか?」となり、

なぜこの仕事に応募したのか、
他の人に比べて
ふさわしいのかと
聞かれることがあります。

こんな質問が来ても
はっきり答えられるように
準備しておきたいですね!

「ふさわしい」を英語で言うには? “right” を使った英語表現まとめ

「ふさわしい」
英語表現である

「right for ~」について
紹介しました。

日常会話だけでなく、
面接の時にも使われる表現です。

ぜひしっかり覚えて
ここぞという時に使ってみてください!

動画でおさらい

「ふさわしい」を英語で言うには?rightを使った英語表現もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket