英語で「私もあなたと同じ意見です」The same opinion as 〜

LINEで送る
Pocket

今回は、
日本人が言えそうで言えない
英語の表現として、

「私も~さんと同じ意見です」や、
「私もあなたと同じ意見です」

紹介します。

自分の意見を求められたり、
「あなたはどう思っているの?」

仕事でもプライベートでも
聞かれることの多い
英語圏の社会において、

この言葉は
絶対に押さえておくべきでしょう。

”as”を使った表現

この表現は、
「私も~さんと同じ意見です」や
「私もあなたと同じ意見です」

というものです。

これ英語で表現にするには、
どのようにに言えばいいか。

正解は次の通りです。

私も同じ意見です。

“I have the same opinion”

私も同じ意見を持っています。

“as he does.”

彼がそうであるように

つまり、
二つを組み合わせて

“I have the same opinon as you do.”

とすることで、

私の意見はあなたと同じ意見です。

といった表現になります。

「~さんと」や
「あなたと」というところは、

“as”

使用するとよいでしょう。

asの続きを悩まない為に!

なお、
「私も同じ意見を持っています」

“I have the same opinion”

覚えてしまえば
特段問題ないかと思います。

しかし問題は、
その後です。

「私も同じ意見を持っています」

“I have the same opinion”

といった後に、
前置詞である

“as”
忘れてしまうという点です。

“I have the same opinion as”

ここまで覚えてあげると

“I have the same opinion”

の次が
続かないということは
なくなると思います。

ただ単に

「私は同じ意見です」

といった

意味合いだけの文章場合、

“I have the same opinion.”
のみにし、

「~さんと同じ意見です」と

他の誰かを
例にする場合には、

“as”を使った
“I have the same opinion as he does.”

または

“I have the same opinion as you do.”

とするといいでしょう。

こうすることで

“as”
悩んでしまうケースも

少なくなるので
ないでしょうか。

前述の文章作成でにおいて、

“in”や、“for”といった、
別の前置詞で、

悩んでしまうことも
あると思いますので、

ここまで一括りに
覚えておくと、

この先
悩むことはありません。

前置詞において
はじめは少し理解するのに
時間がかかりますが、

文章を作成する際に、
自分以外の第三者を
登場させるかさせないかで

“as”の必要性を考えて
表現していくことで、
悩むことが少なくなります。

英語で「私もあなたと同じ意見です」“The same opinion as 〜”まとめ

「私も~さんと同じ意見です。」や
「私もあなたと同じ意見です。」

日常生活でも
ビジネスでも
よく使われる表現方法です。

“as”
必要かどうかを含めて考え、

前述したポイントを
押さえた覚え方で
会話に役立ててください。

日常会話で
よく登場する英語表現ですので、
ぜひ使って覚えてみてください。

動画でおさらい

「英語で「私もあなたと同じ意見です」
“The same opinion as 〜”」を、

もう一度、
動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket