英語で「お好みで◯◯をおかけ下さい」サービス業などで使える英会話表現

英語ぷらすメルマガ登録

LINEで送る
Pocket

最近では日本に訪れる外国人が増え、レストランでも英語で接客している姿をよく見かけます。

もしあなたが飲食店の従業員で、海外からのお客様をおもてなしする際、お好みでソースをおかけくださいと伝えたくても、とっさに言葉にできなかった経験はありませんか?

お客様にせっかくのお料理を味わってもらうためにも、ぜひ知っておきたいところですよね。

この、日本語での「お好みで」というニュアンスを英語ではどのように表現するのでしょうか?この記事にあるフレーズをマスターして、接客の際も英語でのコミュニケーションを楽しんでくださいね!

料理をよりおいしく!マヨネーズやケチャップをお好みで

例えば、お好みでマヨネーズをおかけ下さいや、お好みでトッピングをかけてお召し上がりくださいなどは、英語ではどう言うのでしょうか?

すぐに使えるよう、2つのシチュエーションに分けて説明します。

ちょっと高級なレストランなどで使われる礼儀正しい表現と、カジュアルな場面で使われるくだけた表現の2つです。

ビジネスで使える丁寧な英語表現はこちらの記事も参考になります。

高級レストランや料亭でスマートに使いたいフレーズ

〜can also be added as a topping if so desired.

と表現すれば、もし、ご希望ならばと、丁寧な印象で伝わります。

さらにif so desiredを加えることで、ホテルや高級レストランでも相応しい、品のある表現になります。

例えば、失礼がないようにマヨネーズとケチャップの両方がございますがいかがですか?と言いたい場合は、mayonnaiseketchupの2種類になりますので、a toppingtoppingsと複数形に変化します。
例文を見てみましょう。

よろしければマヨネーズとケチャップをお好みでおかけください。
Mayonnaise and ketchup can also be added as toppings if so desired.

薬味をお好みに応じてどうぞおかけください。
Condiments can also be added as toppings if so desired.
※薬味全般を表す単語はcondiment、複数形はcondimentsです。

のように表現することができます。

形式ばらないカジュアルなお店で使いたいフレーズ

便利なイディオムas you likeを知っていますか?直訳の場合、お好きにどうぞ好きにしてくださいという意味を持ちます。

お好みでマヨネーズをどうぞ。
You can add mayonnaise as you like.

コショウをお好みでかけてくださいね。
Please sprinkle pepper as you like.
※動詞sprinkleにはふりかけるという意味があり、粉末や細かいものをかけたり乗せる際に使えます。

上記例文はかけたかったらどうぞ好きならかけてもいいですよというニュアンスの表現になります。

丁寧な言い方ではありませんが、堅苦しくないため気軽な会話には適しています。伝える相手や場所によっては、相手との距離をぐんと縮めてくれるかもしれません。

まとめ

レストランでお客様が料理をより楽しめるように、また、自宅で手料理をもてなしたりレシピを説明する際にも使える、お好みで〜をおかけ下さいという英語を紹介しました。

もしご希望であればマヨネーズをおかけください、と、もしかけたかったらマヨネーズをかけてもいいですよ、とではだいぶ印象が違いますが、意味としてはどちらも同じです。

かしこまった雰囲気で伝えたいのか、普段会話をするような感じで伝えたいのか、TPOやシチュエーションに応じて選択することをおすすめします。

このような使い分けができるようになれば、英語の表現力がかなり身についていると言えます。自然に言葉になって出てくるよう、繰り返し練習して、実際に使ってみましょう!

動画でおさらい

英語で「お好みで◯◯をおかけ下さい」サービス業などで使える英会話表現を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

最初のコメントをしよう

必須