英語で「またの機会にするね」断らなければいけない時の英会話表現

英語ぷらすメルマガ登録

LINEで送る
Pocket

日本人は断るのが苦手と言われているのを聞いたことがあるかもしれません。

しかし、実際に断らなければならない場面が訪れたときには英語ではどのように表現するのでしょうか。

今回は、断るときに相手に誤解を与えない丁寧な表現についても紹介します。
それでは見ていきましょう。

断らなければいけない時

相手に誘われたときにどうしても予定が合わなくて、断わらなければならない状況では、またの機会にするねと言いますよね。

このまたの機会にするねは、日本語と同様に英語にも似た表現があります。

別の機会にね。
Maybe some other time.

このMaybe some other time.は、友達や家族間の会話だけでなく、ビジネスシーンなど全ての場面で、使うことができます。

予定が合わずに断るケースだけなく、気が乗らない誘いを断るときにも使うことができ、覚えてしまえば様々なシチュエーションで使えるでしょう。

断るためのやんわり表現

相手からの誘いをただ断るだけでは、印象が悪くなってしまうこともあります。
そんなときは一言添えて、今回で終わりにはしないという気持ちを伝えるといいでしょう。

また連絡します。
I will keep in touch.

残念ながら今回はいけないです。
I’m afraid, but I can’t go this time.

親切にありがとうございます、でも予定がありまして。
That’s very kind of you, but I already have a plan.

それについて前向きに検討します。
I’ll think about it.

次の機会も教えてください。
Please let me know next time.

楽しんできてくださいね。
I hope you’ll enjoy your time.

日本語で断るときと同じように、英語で断る際も基本表現に一言添えるだけで印象がだいぶ変わってきます。
断る状況は様々でしょうから、一つでも多く英語表現を覚えているとシーン別に使い分けができますね。

英語で誕生日メッセージを送りたいならこちらの記事もおすすめ。

英語独特のrain check

日本語特有の慣用句表現があるように、英語にも独特の言い回しがあります。

英語には誘いを断るときに使われる
rain check

という定番のフレーズがあります。映画やドラマでも頻繁に耳にする表現で、ネイティブが日常的に使っている言葉です。

rain checkには、雨次第や(雨の場合は)別の機会にというニュアンスが含まれていて、今回はパスする、延期するという意味から派生してできたフレーズです。

rain checkの例文一覧

今度また誘ってよ。
How about a rain check?

お招きを後日都合のよい時まで延ばしてもよいでしょうか?
May I have a rain check on your invitation?

知らないとどういう意味かわからない表現ですので、頭の片隅においておくとよいでしょう。

気軽なお誘いの英語表現ならこちらの記事がおすすめ。

まとめ

相手の誘いを断らなければならないときに英語では次のように表現します。

またの機会にするね。
Maybe some other time.

このときに、
Please~


I hope you’ll~

など今回紹介した例文をつけ加えればあなたが今回参加できなくて残念だという気持ちを一緒に伝えることができます。

日常会話でよく登場する英語表現ですので、ぜひ使って覚えてみてください。

動画でおさらい

断らなければいけない時のまたの機会にするねの英会話表現を動画で確認してみましょう。

LINEで送る
Pocket

最初のコメントをしよう

必須