英語で「また始まったよ」を何と言う?There you go again定番フレーズ

LINEで送る
Pocket

友人から同じような話を何度も聞かされた時や、家族がいつも同じことをしてうんざりしてしまう時…。
「また始まったよ」「ほらまた〜してるよ」と言いたくなりますよね。

今回はそんな、繰り返される相手の行動にうんざりしてしまった時に使える英会話フレーズを紹介します。

「また始まったよ」を英語で

「また始まったよ」「ほらまた〜しているよ」という日本語のニュアンスを表現する時は、定番のフレーズがあります。

There you go again.

というフレーズです。

それぞれの単語には、

There=そこに
you=あなたは
go=行動する、振舞う
again=また

という意味があります。

There you go again.は、あなたはまた行動しているという意味となり、そこから、「また始まったよ」「ほらまた〜しているよ」というような、相手の行動にうんざりした時に使える表現になります。

短いフレーズなので、一つのフレーズとして覚えてしまいましょう。

youの部分を、heshetheyに変えて表現することもできます。

彼がまた言ってるよ(やってるよ)。
There he goes again.

彼女がまた言ってるよ(やってるよ)。
There she goes again.

彼らがまた言ってるよ(やってるよ)。
There they go again.

There you go againの例文

There you go again.を使った例文をいくつか紹介します。

ほらまたそんなこと言う。
There you go, saying such things again.

また始まったよ。なんでいつも人のせいにするの?
There you go again. Why do you always blame others?

ほらまた始まった。彼は自分の話をするのが好きだからね。
There he goes again. He likes talking about himself.

また彼女の旦那の文句が始まった。
There she goes again, complaining about her husband.

日常会話でも使えるシーンが多そうな例文なので参考にしてみてください。

その他にもある、定番の英語フレーズの例はこちら。

まとめ

There you go again.は、繰り返される相手の行動に少しイラっとした時、うんざりした時に使える表現です。

定番のフレーズなので、映画でも、ネイティブの日常英会話でもよく使われています。
何度か口に出してフレーズごと覚えてみてください。

動画でおさらい

英語で「また始まったよ」を何と言う?There you go again定番フレーズを、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

最初のコメントをしよう

必須