コロッケは英語じゃない!コロッケを意味する英語表現3つ

英語 コロッケ croquette 読み方 発音

定番の洋食メニューといえば……ハンバーグ?カレーライス?オムライス?
いやいや、コロッケでしょ?!

コンビニからスーパー、定食屋から高級料理店まで、私たちの生活に溶け込んでいるコロッケ。
サクサクとした衣の食感と、ほっくりと甘いじゃがいもの味が、子供から大人まで魅了しますよね。

そんなみんなが大好きコロッケは英語でKorokke?ドアの英語がdoorのように、発音が日本語と少し違うだけなのでしょうか?それとも全く違った英語表現なのでしょうか?

今回はコロッケの英語表現を発音付きで紹介します。また、クリームコロッケコロッケパンなどコロッケ関連の英語表現と、コロッケの英語版レシピも紹介します。

コロッケの英語表現をマスターして、英語でクッキングしてみましょう!

コロッケは英語にない?

英語 コロッケ croquette 読み方 発音

とっても身近な洋食コロッケですが、実はコロッケの語源は日本語ではありません。さらに英語でもありません。
では、一体どこの国の料理なのでしょう?

これに関して諸説ありますが、フランスのcroquette(クロケット)または、オランダのkroket(クロケット)が起源ではないかと言われています。
このクロケットが、日本ではコロッケと呼ばれるようになったようです。

フランス発祥のcroissant(クロワッサン)を英語でもフランス語のままcroissant(クロワッサン)と言うのと同じで、croquetteは英語でもcroquetteと言います。

ただし、注意が必要なのは、croquetteはあくまでフランスのcroquetteだということです。
どういうことかというと、日本のコロッケはコロッケという呼称が変化しただけでなく、コロッケ自体も独自に発達してしまったのです。
つまり、フランスのcroquetteとコロッケは指し示す料理自体が違ってしまっているということです。

英英辞書Meriam-Websterでのcroquetteの定義は、このように記載されています。

a small often rounded mass consisting usually of minced meat, fish, or vegetable coated with egg and bread crumbs and deep-fried
ひき肉、魚、または野菜を卵とパン粉でコーティングし揚げたもので構成される丸みを帯びた小さな塊

英英辞書Meriam-Webster


日本のコロッケといえば、ほっくほくのジャガイモがメインですよね。パン粉で揚げている点は共通していますが、具に大きな違いがあります。
つまり、croquetteとコロッケは別物。日本のコロッケに該当する英単語ではないのです。
 
 
あわせて読みたい。

croquetteの発音

コロッケの英語表現に行く前に、何度も登場しているcroquetteの発音を確認しておきましょう。

croquette

発音記号は、kroukétとなります。
カタカナで表記すると、クロウケットが近いでしょう。
日本語のように最初のコにアクセントは置かず、ケにアクセントを置きます。

なお、複数形はsをつけたcroquettesとなります。

コロッケを英語で

コロッケにあたる英単語がない、となれば作るしかありません。日本のコロッケを想像しやすい英語表現3つを紹介します。

①potato croquette

croquetteの具材は、ひき肉がメインだったり魚がメインだったりと決まっていません。そのため、英語メニューでもfish croquetteのようにメインの具材を具材+croquetteの形で示します。つまり日本のコロッケは、ジャガイモ(potato)+croquetteと表現できます。

②fried mashed potato

mashed potato(マッシュポテト)を揚げたものという表現です。欧米のマッシュポテトはバターたっぷりなので実際には日本のコロッケとは違いますが、想像しやすいネーミングですよね。

③Japanese croquetteまたはJapanese Korokke

日本のコロケットという意味です。Japanese style croquette(日本式のクロケット)という表現でもいいでしょう。ただ、これらの表現だけだと、どんな料理か想像しにくいので、以下の補足説明を付けるとわかりやすくなります。

日本のクロケットはコロッケと呼ばれています。炒めた牛ひき肉と玉ねぎを混ぜ込んだマッシュポテトを揚げたものです。
Japanese croquette is called Korokke. It’s a deep fried mashed potato mixed with sauteed ground beef and onion.

 
 
あわせて読みたい。

クリームコロッケは英語で?コロッケの関連表現5つ

コロッケといえばジャガイモが定番ですが、クリームコロッケなどアレンジバージョンも美味しいですよね。
〇〇コロッケなど関連表現の英語もあわせて覚えましょう。
これらの英語表現の基本は、〇〇+croquetteですよ!

かぼちゃコロッケ
pumpkin croquette

クリームコロッケ
cream croquette

※クリームコロッケの補足説明として以下のフレーズが役立ちます。

日本ではホワイトソースを使ったコロッケはクリームコロッケと呼ばれます。
A croquette that uses white sauce is called ‘cream croquette’ in Japan.

カニクリームコロッケ
crab cream croquette

ライスコロッケ
rice croquette

コロッケパン
croquette sandwich

 
 
あわせて読みたい。

コロッケの英語レシピ

日本のコロッケは海外の料理好きの間でも人気です。英語でコロッケの作り方を紹介してみましょう!
材料は英語でingredients

作り方はdirectionといいます。

【Ingredients(材料)】
Potatoes(ジャガイモ)

Ground Beef(牛ひき肉)

Onion(玉ねぎ)

Flour(小麦粉)

Egg(卵)

Breadcrumbs(パン粉)

【Directions(作り方)】
1.Boil potatoes.

ジャガイモを茹でる

2.Mash and season the potatoes with salt and pepper.

ジャガイモを潰して塩コショウで味付けする

3.Saute chopped onion until golden brown.

玉ねぎを飴色になるまで炒める

4.Saute ground beef until brown.

牛ひき肉を色づくまで炒める

5.Combine the cooked meat, onions and the mashed potatoes.

炒めた肉と玉ねぎ、潰したジャガイモを混ぜる

6.Shape the mixture into an oval patty shape.

楕円形に形作る

7.Coat them in flour. And dip them into beaten eggs. Then dip them in the breadcrumbs to coat all sides.

小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつける

8.Fry until golden brown on all sides.

全面が黄金色になるまで揚げる

コロッケの作り方は家庭によってこだわりが出てくることも多いですよね。ここで紹介した英文レシピを参考に、自分のこだわりコロッケレシピを、作成してみてくださいね!

まとめ

英語 コロッケ croquette 読み方 発音

コロッケの英語表現を紹介しました。

コロッケの語源となったcroquetteという表現はありますが、日本のコロッケとは指す料理が異なります。
日本のコロッケは英語で、Potato croquetteまたはJapanese Korokkeというのがいいでしょう。

コロッケの他にも日本独特の料理や文化は英語表現が存在しないことが多いです。そのため、Sushiのように日本語がそのまま英語になるパターンもあれば、今回のコロッケのように英語を使って作成するパターンもあります。
英語ぷらすの記事では、居酒屋やプリンの英語表現など、日本人には身近だけど英語は……?という言葉をいくつも取り上げています。

これを機に、是非あわせて読んでみてくださいね。こういった言葉は楽しく学習できるので、あっという間に身に付きますよ!

最初のコメントをしよう

必須