「居酒屋」を英語で|日本独特の文化を説明できるフレーズ集

居酒屋 英語 説明 お通し

小さな町から大きな街まで日本中のどこにでもある居酒屋ですが、実は日本独特の文化のひとつであることを知っていましたか?
私たち日本人にとってはごく当たり前の居酒屋ですが、外国人の視点に立てば独特な点ばかりなのです。
そんな日本ならではの居酒屋を英語で表現できると、外国人の友達を居酒屋に誘いやすいですよね!

そこで今回は、日本独特の文化のひとつである居酒屋を英語で説明できるようにそのまま使える英語フレーズをふんだんに紹介します。
また、外国人の友達やゲストと一緒に居酒屋に行った時に困らないように、居酒屋の定番メニューの英語表現も合わせて紹介します。

居酒屋にまつわるさまざまな英語表現を知って、外国人の友達に日本の文化を伝えましょう!

居酒屋の英語表現ーひとことで表現するならズバリ!?

居酒屋 英語 説明 お通し

まずは、居酒屋をひとことで表現する英単語を知りたいですよね!
居酒屋は英語で…、
Izakaya

または、
Japanese Pub

と表現するのが一般的です。居酒屋のようにアルコールと食事が提供される場所を、英語ではpubと言います。居酒屋は日本独特のpubなので、Japanese Pub(またはJapanese style pub)と表現できます。ビール大国アイルランドのパブをIrish Pubと呼ぶのと同じですね。

また、昨今では寿司をそのままSushiと表現するのと同様、居酒屋もIzakayaという固有名と共に認知されつつあります。居酒屋が日本独特の文化のひとつであることを念頭に置けば、固有名で表現した方が興味を引いていいかもしれませんね。

日本独特の居酒屋を英語で説明しよう!

英語圏では、Restaurant(レストラン)pub(パブ)が明確に区別されています。レストランは、食事の提供がメインのお店を指し、パブはお酒がメインでおつまみ程度のスナックがある飲食店を指します。

一方、日本の居酒屋は、おいしいお酒とおつまみだけでなく、ちゃんとした食事も揃っています。その為、お酒中心に軽くひっかけたい人、ご飯をしっかり食べたい人、どちらのニーズも満たせるので、Restaurantにもpubにも分類できません。

そのため、日本の居酒屋は、英語でもIzakayaまたは、Japanese pubという表現になるのです。日本文化に馴染みのない外国人に対しては、補足の説明が必要になります。

そのまま使える!居酒屋を英語で説明するフレーズ

居酒屋は、お酒を中心として、おつまみや料理が楽しめる日本式のパブです。
Izakaya is a Japanese style pub where you can enjoy alcoholic drinks with snacks and meals.

居酒屋ではビールやワイン、日本酒などのお酒が飲めます。
At Izakaya, you can have alcoholic drinks like beer, wine and sake.

軽いおつまみだけでなく、ラーメンのような食事を提供している居酒屋が多く、お酒が飲めない人でも楽しめます。
Most Izakaya offers not only snacks but also meals like Ramen-noodle, you can enjoy it even if you don’t drink alcohol.

おつまみの英語表現に関して詳しくはこちらの記事で確認できます。

お通し文化を英語で説明しよう!

次に、居酒屋の一番の特徴といえる、お通し(つきだし)について。お通しは外国人の方は絶対といってもいいほどビックリするシステムでしょう。注文していないのに提供され、かつ勝手に料金に含まれているお通しに関しては、必ず説明してあげたいですよね。

お通しの英訳はこのようになります。
mandatory appetizer

compulsory appetizer

mandatorycompulsory必須の強制のという意味なので、有無を言わさず提供されるお通しを表現するにはもってこいの表現。

それでは、お通しについて英語で説明してみましょう。

お通しとは、居酒屋で席についてすぐに出てくる前菜です。
Otoshi is an appetizer that is served right after you are seated in Izakaya.

動詞seatは座らせるという意味を持つ他動詞座ると表現するときには受け身形のbe seatedにします。

このお通しはサービス料の一部と考えられています。
This mandatory appetizer is considered a part of a cover charge.

cover chargeサービス料席料という意味を持ちます。

お通しはシェフが選んだもので、私たちが選ぶことはできません。
The mandatory appetizer is the chef’s choice, and you cannot choose it.

大体のお店はお通しは必須ですが、断れるお店もあります。
You can’t decline Otoshi as it is mandatory, but you can decline it in some Izakaya.

ここまでの説明だと、お通しのシステムは理解できるものの、頼んでもいない食べ物が提供され、さらに料金が取られることに対して抵抗がある外国人の方は多いでしょう。そこで、もう一歩踏み込んで、お通し文化から見える日本人の心を理解してもらいましょう!

お通しはサービス料をいただく代わりにお礼として一品、という日本のおもてなし精神のようなものです。
Otoshi is a kind of Japanese hospitality to show their appreciation to the customer for paying the cover charge.

また、居酒屋で働いている側として外国人のお客様を接客する際には、こんなシンプルなフレーズが役立ちますよ!

このお通しは席料に含まれています。どうぞお召し上がりください!
This appetizer is included in the cover charge. Enjoy!

英語での接客フレーズに関してはこちらの記事が参考になります。

居酒屋の定番メニューの英語表現

居酒屋の説明、お通しの説明が終わると、次にくるのは、飲み物や料理の注文ですよね。ここでも居酒屋メニューの英語表現が必要になります。
居酒屋の定番メニューの英訳も確認しておきましょう!

生ビール
draught beer

日本酒
Sake

枝豆
boiled soybean

冷奴
chilled tofu

漬物
pickles

焼き鳥
chicken skewers

唐揚げ
fried chicken

ホッケ焼き
broiled hokke fish

雑炊
rice porridge

おつまみ盛り合わせ
assorted appetizers

合わせて知りたいtavernとgastropubの意味|違いはなに?

居酒屋について外国人の方と話す機会があると、taverngastropubという英単語が出てくることが多々あります。いずれも飲み屋さんを指す単語なのですが、居酒屋(Izakaya)と何がどう違うのでしょうか?

tavernとは、むさ苦しい感じの低級な酒場のことで、宿屋を兼ねることもあります。アルコールだけでなく、スナックや軽食も提供されますが、レストランの料理というにはほど遠く、あくまで簡単な料理です。
gastropubは、gastroloungeとも言われ、高級なビールや食べ物を提供するバーとレストランを兼ねた飲食店のこと。イギリスのパブ文化の中で生まれ、今や世界各地に同業態の飲食店が普及しています。

gastropubtavernもやはり、日本の居酒屋とは違いますね。居酒屋はIzakayaということがよくわかったのではないでしょうか?!最後にtaverngastropubの発音を確認します。

tavern

gastropub

まとめ

居酒屋 英語 説明 お通し

居酒屋の英語表現、いかがでしたか?
居酒屋は寿司(Sushi)などと同じく固有名のIzakayaと表現し、日本独特の文化であることを説明していくといいですね。

海外での日本食人気は上昇中です。居酒屋だけでなく、外国人に人気のラーメンや、馴染みの薄い栗、日本のさまざまな食文化を説明できると会話の幅が広がります。
英語ぷらすの記事でもラーメン、栗、味覚の表現など幅広く取り扱っています。
ぜひ、これらの英語表現を学び、誇るべき日本の食文化を外国の方々に伝えていきましょう!

最初のコメントをしよう

必須