1. TOP
  2. 日本人が言えそうで言えない英語表現
  3. 友達を励ましたいときはこの英語フレーズ!!

友達を励ましたいときはこの英語フレーズ!!

LINEで送る
Pocket

ネイティブの人と知り合いになり、仲良くなっていくにつれ、相手を励ましたり、元気づけたいと思うときがくると思います。

その時に、気の利いたセリフを言えると、それだけでグッと仲良くなれるのではないでしょうか。

そこで、今回は「相手を励ます英語表現」をお伝えしていきたいと思います。

日本人特有の励まし

shutterstock_370520360

「相手を励ます」際に、日本語だと何と言うでしょうか。

日本人はよく勇気づけるときに「頑張れ!」と言ったりします。

他にも、「ファイト!」や、相手励ます時には「ドンマイ!」という事もあります。

「頑張れ!」はまだしも、「ファイト!」「ドンマイ!」は和製英語であり、これをそのまま言っても、気持ちは一切伝わらないです。

恐らく「ファイト!」は”Fight”、「ドンマイ」は”Don’t mind”から来ていると思うのですが、ネイティブの人はこのような表現はしないです。

Fight”となると、「さあこれからたたかえ!」というような、ボクシングのレフリーが“Fight”と言っているイメージに聞こえてしまう表現なので、相手を励ます時に「ファイト!」と表現してしまうのは、日本人特有の和製英語であり、英語としては間違えです。

また、「ドンマイ!」Don’t mind”もネイティブはあまり使わないです。

「気にするな」というイメージで直訳した言葉を日本人は使っているのだと思うのですが、これは許可をお願いされた場合などで「私は気にしませんよ」「私は構いませんよ」という意味で使われる言葉ですので、相手を励ますという表現では無いです。

 

ネイティブの励まし方

Fight”や”Don’t mind”は「相手を励ます時に使う英語表現」ではないので、ネイティブの使う英語表現を正確に覚えていきましょう。

まずはYou can do it.「君なら出来るよ」という表現です。

直訳すると意味合いが若干違いますが、使われるシチュエーションは同じ、頑張れ!というようなニュアンスで使われる事が多い表現です。

例えば、バスケットボールのゲームを見ている時などで、選手を応援する時にCome on, you can do it.と言うと、「頑張れ、お前たちなら絶対できるから」といったニュアンスに受け止められる表現です。

You can do it.”、「君なら出来る」、これはよく使われる表現です。

 

直訳すると

shutterstock_533331052

2つ目は”Hang in there.”です。

これがどのような表現なのかを説明致します。”Hang”というのは「吊るす」という意味です。

服をかけるハンガーと同じです。

したがって、”Hang in there.”は、そこに吊るされている状態です。

つまり、言われた相手はかなり大変な状況にあります。

例えば、仕事も忙しい、夜帰るのも遅い、という状況の愚痴を相手にこぼされた時に、Hang in there.「そこに吊るされている」=「そこにちゃんとつかまっているんだよ」=「頑張って」というニュアンスで使る表現です。

少し遠回しな表現なので、ピンとこないかもしれませんが、定型文として覚えてしまって下さい。

日本語の「頑張って」という言葉も、「頑」「張」の漢字がどのような意味として使われているのか、などは普段考えずに使っているのと同様、気にしないで、とにかく使っていってみてください。

そして、3つ目はKeep it up.です。

Keep it”、「保った状態でアップしてくれ」という表現ですが、これは「頑張ってね」や、更に粘り強いイメージで、「頑張り続けてね」のように使う表現です

その他の励まし英語は、こちらの記事も参考になります
⇒よく使う2つの励まし英語「その調子で頑張って!」

ニュアンスで使ってみよう!

そして4つ目が”Keep up the goodwork.”です。”Keep up「どんどん上げて」、”the goodwork.「いい仕事を」

つまり、「良い仕事をもっと続けていこう」というニュアンスで、これも「頑張ってね」という意味で使う表現です。

この表現は、例えば学校の先生が、生徒が頑張っていい成績を取った時に、「このままちゃんと、この調子で頑張るんだぞ」と、現状の頑張りを肯定し、それを続けて欲しい旨を伝える時に使う表現です。

最後の表現が”Good luck.”です。

直訳すると「幸運を祈る」となりますが、例えば友達が仕事でプレゼンがあったとした場合に“Oh, Good luck.”と使います。

これを「幸運を祈る」と直訳してしまうと変な感じになってしまいます。

「頑張ってね」というニュアンスでGood luck.っていう表現を使っているので、この表現もそのまま暗記してしまって下さい。

英語で相手を褒めたいときの表現方法はこちらの記事をどうぞ
⇒相手を褒めちぎりたい時の英語表現5つ!

まとめ

「頑張ってね」という表現1つとっても、色々な表現があり、それぞれで微妙にニュアンスが違いました。

その瞬間を頑張って貰うのか、継続してこれからも頑張ってほしいのか、それぞれの「頑張ってね」という表現を覚えて、是非相手を励ます時に使ってみてください。

 

動画でおさらい

友達を励ましたいときはこの英語フレーズ!!を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。