1. TOP
  2. TOEIC
  3. 同じ英語レベルなのに全然違う!初めてのTOEICテストへの備え

同じ英語レベルなのに全然違う!初めてのTOEICテストへの備え

 2017/11/02 TOEIC
 
LINEで送る
Pocket

「TOEIC」
はじめて受けようと思ったとき、
あなたはまずは何をすればいいか
ご存知ですか?

参考書や過去問を買う、
ひたすら単語を覚える、
英会話を聞く人など

それぞれの答えが
浮かんでくると思います。

はじめて「TOEIC」を受ける時、
参考書や過去問を買ったら

まず、「TOEIC」とは
何かを知らなければなりません。

「TOEIC」では、
何を求められてるのか、
テストはどういう流れで行われるのか、

実際の事例を交えて紹介します。

これから「TOEIC」を受ける予定のある方は、

初めての方も、受験経験がある方も
ぜひチェックしてみてください。

「TOEIC」とは何か?

社会全体で
グローバル化が進んでいる今、
英語力というのは

以前よりもさらに
必要とされているスキルです。

就職活動などでも、
英語が話せる方が有利という時代から、
英語が話せるのが当たり前という
時代になってきています。

年に1回、
TOEICを受けることを義務付けている
企業もあるくらいです。

まず「TOEIC」とは、

国際コミュニケーション英語能力テスト
(Test of English
for International Communication)」

の通称です。

英語が母語ではない人向けの、
英語によるコミュニケーション能力を
検定する試験で、

合否ではなく10~990点のスコア
英語力を評価します。

日本では最も
認知されている試験ですが、
受験者のほとんどがアジア圏内で、
ヨーロッパなどでは
知らない人もいます。

日本の企業では英語力を
「TOEIC」のスコアで判断することが多いので、
英語に関わる仕事がしたいと
思っているのならば受験しておくべきです。

海外赴任の目安としては、
700~800点以上が望ましいでしょう。

では、
はじめてTOEICを受けようと思ったとき、
どのような準備が必要なのでしょうか?

英語の勉強は当然必要ですが、
まず「TOEIC」という試験が
どのような仕組みになっているか
知ることが重要です。

ただしこれはTOEICに
限ったことではありません。

何かの試験を受ける、
何かに挑むという場合、

自分の技術を磨くことや
勉強はもちろん大切です。

しかし、
まずその受ける試験や
挑む内容がどのようなものなのか
知らなければ、

最適な技術の訓練方法や
勉強方法に気づかないまま

無駄な時間を
過ごしてしまいかねません。

スポーツ選手が
自分の技術向上ばかりでなく、
相手選手のことを調べて
対策を練るように、

「TOEIC」においても、
どういった試験内容なのかを
まず知ることが肝要です。

そうならないためにも、
試験を知るという準備
怠らないで下さい。

「TOEIC」の構成を知ることは大事なテクニック

「試験を知る」とは、
ずばり試験が
どういう問題構成に
なっているのかを
把握することを指します。

こんな感じの問題がこれぐらい出て、
あとはこういう種類の問題もあって…。

そういった情報は、
過去の問題集などを見れば
すぐにわかりますので、

問題構成を理解した上で、
試験に向けて勉強してみて下さい。

そうすると、
「TOEIC」において
どういう知識が求められていて、
どういう流れで進んでいって、

実際には、
1問にどれくらいの時間を
かけることが出来るのか。

そういった知識やテクニックが
自然と備わります。

「TOEIC」を初めて受けた人の感想として、
「時間が足りなかった」という
意見が多いことからもわかるように、
1問にかけられる時間は少ないです。

1問をどれくらいの
時間配分で
解かなければならないのかも
知らないで受験するのは、
あまりにも無謀です。

この対戦相手の対策を
分かっているかいないかで、
勝敗に大きな影響が出ます。

仮に同じ英語レベルの2人が
試験を受けた場合、

1人が構成を知っていて、
もう1人は構成を
まったく知らずにいたとします。

その場合、
構成を知っている人の方が、
圧倒的にスコアが良くなるでしょう。

それくらい、
試験内容を知るということは
試験を受ける上での重要なスキルなのです。

大事なのは「構成を知る」ことと「時間配分」!

では、実際にTOEICの構成
どのようになっているのでしょうか?

リスニングセクション(45分100問)

Part1:写真描写問題(6問)
Part2:応答問題(25問)
Part3:会話問題(39問)
Part4:説明分問題(30問)

リーディングセクション(75分100問)

Part5:短文穴埋め問題(30問)
Part6:長文穴埋め問題(16問)
Part7:1つの文書(29問)、複数の文書(25問)

上記の通り、
7つのパートからなっています。

リスニングは4つの短い説明文が読まれ、
その説明に合う写真を選ぶものから、
ナレーションのような短いトークが放送され、

内容についての設問があるものまで、
幅広いリスニングスキルが要求されます。

リーディングも、
短い文章から長文まであり、
文法はもちろんですが、
速読のスキルも要求されます。

過去問や練習問題を解くことで、
自分が得意なパート、
苦手なパートがはっきりします。

得意なパートは真っ先に解答し、
苦手なパートに
少しでも時間を割けるようにするなど、

「時間配分」
忘れずに行ってください。

「構成を知る」
「時間配分を考える」ことができてから、

「問題を解く」スキルを
磨くようにしましょう。

構成を知らなければ、
どのような英語の勉強をすればよいかも
知ることができません。

また、問題が解けるからといって
「時間配分」を気にしなければ、

問題を解くスピードが遅く、
最終的に時間が
足りなくなる可能性があります。

初めてTOEICを受ける方は特に、
英語の勉強を始める前に

「構成」と「時間配分」について
考えてみてください。

同じ英語レベルなのに全然違う!初めてのTOEICテストへの備えのまとめ

TOEICを受けるには、
英語の勉強だけではなく

「構成」「時間配分」など
押さえるべきポイントやテクニックが
あることをおわかり頂けましたか?

TOEICは2時間、
神経を集中して問題を
解かなければならないので、
集中力も必要です。

英語の勉強と一緒に、
長時間集中することができる
集中力も身につけてくださいね。

資格取得の一環として、
TOEICのハイスコアを狙っている方も
少なくないかもしれません。

ハイスコアを狙う場合は、
より「時間配分」が大事になってきます。

自分の得意、不得意を見極めて、
自分に合う時間配分を行ってください。

動画でおさらい

「同じ英語レベルなのに全然違う!
初めてのTOEICテストへの備え」を、

もう一度、
動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。