「特別扱い」や「特例」は英語で?使い分けはしますか?

LINEで送る
Pocket

今回は、日本語でも似たような言葉、「特別扱い」と「特例」の英語表現についてです。

日本語では少しニュアンスの違う二つの言葉ですが、英語でも違う表現をするのでしょうか?

早速、どのような英語表現をするのか見ていきたいと思います。

特別扱いの英語表現


特別扱いは、英語では、
special treatment

と表現します。

treatmentという単語は、人に対する待遇や扱いという意味なので、そこに特別なという意味の、specialをつけることで、特別扱いという表現になります。

また、特別扱いをするときと、受けるとき(されるとき)では表現が異なります。

特別扱いをするときは、
give special treatment

と表現します。

例文を1つ紹介すると、

あなたにだけ特別扱いをすることはできません。
I can’t give you special treatment.

というような使い方をします。

一方、特別扱いを受けるときは、
get special treatment

という表現になります。

父のおかげで特別扱いを受ける
get special treatment because of one’s dad

というように使います。

特例の英語表現

特例を英語にすると、いくつか表現があります。

まずは、
(例外)exception

という意味の単語の前にspecialをつけて、special exceptionという表現があります。

英和辞書にもこれらの表現が最初に出てくることが多いです。

他にも、
(特別なケース=特例)special case

という表現も、似たような意味になります。

他にも
special provision

という表現もあります。

provisionの意味が、規定や条項という意味なので、special provisionというと、法律的な場面で使用することが多いです。

このように場面ごとに、特例という単語は使い分ける必要があります。

まとめ

日本語でもニュアンスの違う、「特別扱い」と「特例」を英語にすると、それぞれ違う表現をするということが分かりました。

特別扱いをするときは、give special treatment
特別扱いを受けるときは、get special treatment

特例という表現は、 special exceptionspecial case
法的な場面での特例は、special provision

という表現を覚えておきましょう。

動画でおさらい

「特別扱い」や「特例」は英語で?使い分けはしますか?を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket